« 短波無線は太陽活動次第 | トップページ | サンタと交信しました »

2003年12月20日 (土曜日)

南米とEUが聞こえた

少し前の記事で深夜の7メガをレポートしましたが、あの時間はオープンし始めの時間帯でした。今日はオープンしている時間帯にワッチしてみました。
昨日から風邪で寝ていたため、朝6時に目が覚めてしまった。気分はまぁまぁ、風邪も少し良くなったみたい。

さて、7035付近をワッチしていると・・・強力な信号が聞こえます。UN7TK Nickolaiです。彼とは10メガでもQSOしていますが、7メガで信号を聞くのは初めて。EUとQSOしていましたが、相手局はカスカスで文字になりません。QSOが終わったところでコール。599-579でQSOできました。
QSOしている周波数の500hz下と300hz上でもPSK31の信号が見えます。
下はUA0LIP Vladでした。彼とも14メガでQSOしていますが、7メガは初めて。サハリンなのでまぁ、北海道と同じですが、国は別ですからね。UN7TKとのQSO後、VladともQSO。こちらは599-599でした。
同じ時に519程度でLU5ENM Luisも聞こえていました。彼とは7メガで今年の6月にQSOしています。何回か信号を見ましたので7メガにアクティブなようです。

7035付近が国際的なPSK31周波数なのですが、北米は7070付近になっています。7070もワッチしたけど入感ナシ。まぁ、時間的に無理なのですが・・・。
実はPSK31でのDX QSOは国内QRMとの戦いなのです。全国移動で有名な7036グループ(?)がLSBで運用すると、7035 USBとモロにぶつかります。ですからDXが聞こえた時は呼びますが、無用なCQは出さないようにしています。最近では国内がスキップしている時間帯ではなく、聞こえ始める時間帯とEU方面が開ける時間帯のピークが重なって来たためにDX QSOは結構大変です。
まぁ、今日は2局QSOできたので、ヨシとしましょう。

|

« 短波無線は太陽活動次第 | トップページ | サンタと交信しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/36957

この記事へのトラックバック一覧です: 南米とEUが聞こえた:

« 短波無線は太陽活動次第 | トップページ | サンタと交信しました »