« G3OJV 3バンドアンテナ | トップページ | コンディション急降下 »

2003年12月30日 (火曜日)

アンテナの修理

アンテナの話ばかりしていたら、ハンバンド用のアンテナが壊れました。症状はSWRがフラフラする・・・という接触不良です。
場所の見当はだいたい付いているので、道具を用意して修理しました。でも、アンテナの上げ下ろしを一人でやるのは大変なんですよ。HF5B.jpegこのアンテナはバターナットのHF-5Bといいますが、コンパクトな割りには良く飛ぶ良いアンテナです。ロケーションもあってか、このアンテナでも結構遊べます。
もっとも、最近のコンディションではちょっと力不足ですね。皆さんが呼んでいる局が聞こえないことも増えて来ました。

修理後、各バンドのSWRをチェックすると14メガがバンド下端でもSWR2、SSBバンドではSWR3以上です。HF-5Bは良いアンテナなんですが、調整がクリチカルなのが難点ですね。
しかし、これでは14メガに出れないなぁ・・・・。また、上げ下ろしして調整しないと・・・トホホ

|

« G3OJV 3バンドアンテナ | トップページ | コンディション急降下 »

コメント

おめでとうございます。HF-5Bは、たしかに、調整が大変ですね。私の場合は、回転させて、ベランダから脚立で、励振エレメントをいじれるようにしまして、調整が楽になりました。28メガは、けっこう、ゲインが有るような気がします。また、情報交換お願いします。

投稿: JA3DO | 2004年1月 1日 (木曜日) 17時20分

HF-5Bは確かに28メガでは3エレ並の感じですね。この辺りは少し高台になっているため、こんなアンテナでも結構飛びます。さすがに4エレモノバンダー局には負けてしまいますが、3エレトライバンダー局より飛ぶこともしばしばあります。
今回は調整後に給電点に錆止めとしてアクリル系のスプレー塗料を塗ったのが失敗でした。見事に共振点が下がってしまいました。
ただ、塗った直後はSWR3でしたが、乾いたら2になりました。普通の塗料でも塗ると共振点が下がるのは知っていましたが、こんなに下がるとは思いませんでした。14メガで200khz程度下がりました。
現在14メガはCW専用アンテナになっています(笑)。

投稿: ji1ani | 2004年1月 3日 (土曜日) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/60074

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナの修理:

« G3OJV 3バンドアンテナ | トップページ | コンディション急降下 »