« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月31日 (土曜日)

HV0Aが強力に入感

HV0Aは0927UTCにQRTしました。いやぁ、強い。こんなにHV0が強かったのは初めてです。14メガのCWでメーターが最大で6振りました。
タワーにアンテナの局は599+でしょうね。最初はJAも取っていたのですが、途中からEUばかりになりました。コッチにはEUはあまり聞こえませんが、そりゃぁ凄いパイルでしょう。
諦め半分でUP7位をウロウロしていましたが、やっばり駄目でした。DXCCは292からピタッと止まっており、HV0や4U1UNなどに期待しているんですけどねぇ・・・。
コンディションはバッチリなんです。
あとは・・・・運かな? 粘りかな?

がんばりま~~~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売ります:50Mhzトランスバーター 4K程度

AUT_0603.JPG

JUMBO EXPANDER HPV-50 50Mhzトランスバーター
本体(多少キズ有り)のみ、電源コード付き。
価格 4K

仕様 in28Mhz out50Mhz 出力3W弱。

一応、動作確認済みですが、感度や出力についての保証を致しません。
室内アンテナでローカル局とQSOできました。
ジャンク扱いでお願いします。

入金確認後、こちらから宅配便にてお送りします。なお、送料はこちらで負担します。受取り後はノークレームでお願いします。
まずはメールにてご連絡ください。
送料着払いの場合は 値引きします。

売れました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売ります:クラニシ VC-519 9K

AUT_0601.JPG
アパマンハムになった当初、インターフェアで悩まされて買いました。ベランダアンテナと組み合わせてテレビへのインターフェアを止めることができました。
その後、各ラインへ対策を実施し、現在は使っていませんので売ります。

クラニシ VC-519 人工RFグランド FUZZY COUNTERPOISE
本体(多少キズ有り)、無記名保証書(期限切れ)兼説明書、箱
価格 9K

入金確認後、こちらから宅配便にてお送りします。なお、送料はこちらで負担します。受取り後はノークレームでお願いします。
まずはメールにてご連絡ください。

売れました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無線情報がblogで充実

最近、仕事の方が忙しいこともあって、blog 周りには中々時間を裂けません。なんとか、更新しているもののリンクの充実が出来ないでいます。
今週はねちっこくググッて見るのは無理としても、チョロッとココログルしてみたら・・・。なんとなんと、幾つか無線関係のココログが増えているではありませんか?
早速右側にあるblog関連リンク集の「QRZ」に追加しましたが、詳細でDXニュースが早いJF2VAXさんに加えて、JA1YCQ さん、そして驚異的な更新頻度のJH3YKVさん、そしてJN4OUPさんが増えていました。
以前は結構インターネットの中のHPを色々と巡回していましたが、だんだん、その必要がなくなりそうです。

きっとRSSリーダーで纏めて読めば、ラクチンモードで内外の情報を掴むことができるのではないかと思います。地域の無線クラブが昔に比べてパワーが無くなってしまい、匠の技やノウハウの伝承を危惧していましたが、案外こんな形で活動が復活するのかも知れません。

僕が無線を始めたのは近所のomの影響です。omのアンテナ工事をはなたれ小僧だった僕が毎日見学していたのを、シャックまで招いてくれて、色々と教えていただいたのがキッカケでした。
今でもomのシャックにあったTX88につながったコメツキバッタで初めて電波を出した(と言ってもツー程度)時の感動は忘れていません。
なお、私の近所では同じような年齢のハムがいますが、同じomに感化されてハムになり、現在もハムを続けています。数年前にたまたまローカルのハムとアイボールした時に、全員が大omの手ほどきを受けていることか判明。
当時のワンパク小僧にとってomのシャックは基地そのもの。憧れでした。

そういえば、omのシャックには電電公社放出品のテレタイプ(カナのRTTYのマシン)が置いてあり、そのメカと動作時の振動と騒音は、僕のハートを強烈にタイプしました。
今になって思えば、僕が文字通信にこんなに熱心なのも、三つ子の魂・・・ってヤツかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004年1月30日 (金曜日)

MMVARIのアクティビティ

先週末にMMVARIに感動して、今週は毎日MMVARIでお空に出てみよう・・・と思った。月・火とつづいたけど、水・木と飲みが入って深夜帰宅のためQRVできませんでした。
でも、月曜日も火曜日も数回のCQで応答がありました。大体22時~24時ごろに7027/3522辺りのことです。
MMVARIに興味を持っている人多いのだなぁ~って感心しました。平日の深夜はデジタルモードの信号は殆ど聞こえないのが普通。
ですから、僕も応答があるなんて思ってCQしませんでしたが、二日とも応答があってMMVARIの盛り上がりを感じました。
もうしばらく、MMVARIでのCQを続けてみようと思いますが、最近、夜は飲みが入ることが増えていますので、どうなることやら。
深夜はやっぱり3.5メガが安定していますね。7メガだと22時頃には国内がスキップしちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月29日 (木曜日)

個人の情報を資産化する

昨日、IT業界で米国のシリコンバレー在住の方とアイボールする機会がありました。話のネタはweblogなのですが、自分自身この二カ月で色々と変わったことなどをお話していました。その方もご自分でweblogを使っていらっしゃっているため、話は大いに盛り上がりました。
その方がお話の中で「weblogは個人の情報を資産化するツールである」と言っていました。ふむ。これは名言だと思いました。
僕自身、毎日多数の情報に接していますが、正直にいえば右から左に抜けてしまう情報が殆どだったり、思いついたりしても数日たって忘れてしまうことが殆どです。
そのような意味で、weblogは僕の中を通りすぎてしまっていた情報を、ひとつの形にすることになるのかも知れません。
フトこの二カ月の自分のココログを見てみると、確かに僕の中の情報が一つの資産として「見える形に精製された」と言えなくもありません。
もっと、文才があったり、写真が上手に取れたりすれば、もっと資産価値はあがるのかもしれませんが、まぁ、僕自身が納得できればそれでいいのかなぁ・・・と。
こんなのが資産と呼べるものかは別として、確かに僕の中の特定分野の情報が一つの形となったことは事実です。
資産と呼べるかどうかは、評価次第ですが、まぁ、自分としては「結構やればできるじゃん」的に気楽に考えています。
なんて、今日は無線は無縁な、でも、僕にとっては結構深いところでのお話でした。

| | コメント (0)

2004年1月27日 (火曜日)

給与袋を使ったSASE

SASEの封筒も人それぞれ。僕は給与袋(茶色で無地)を愛用している。なんと言っても安いので、大量(といっても数十程度)に発送する場合には封筒価格って大切だと思う。
その給与袋にレーザープリンターで差出人から宛て先、AIR MAILとかも全部印刷しちゃいます。一回フォーマットを作れば、宛て先部分のみの差し込み印刷でできあがり。
宛て先はCD-ROMやWebからコピペしています。これラクチンです。
AUT_0590.jpg
上の封筒は返信用で実際に返信されて戻ってきたもの。下の封筒は差し出したものの、宛て先不明で戻ってきたものです。
統計を取ったわけではありませんが、普通の国際郵便用の封筒よりもIRCやGSの抜き取りが少ないように感じています。一応、茶色で安っぽく(でも給与袋なので中身はスケません)、いかにも「印刷物」らしく、また、切手も証紙にすることで「ダイレクトメール」っぽい雰囲気を狙っています。
僕もただ今年末年始の分を発行中。年末はクリスマスカードに重なって、誤配や行方不明の郵便事故が増える季節なので12月から1月まではあまりSASEしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月26日 (月曜日)

SG-239ケース完成

AUT_0588.JPG
ケースとなるタッパーウェア探しに予想以上に時間がかかってしまって、先週末の160mコンテストには間に合いませんでした。
室内アンテナでワッチすると、結構な強さでJAが聞こえました。もっとも、JAがコールしているDX局は全く聞こえませんでしたが、屋外にアンテナを張れば聞こえるのではないか?と思いました。
この状態でほぼ完成です。あとはアンテナワイヤー、同軸、DC電源を配線すれば使えます。ハイバンドはミニビームのHF-5Bがありますので、1.9-10MhzあたりがこのSG-239の守備範囲になるように、ちょっと長めのアンテナワイヤーを張れればいいのですが、なにせアパートですから現在思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月25日 (日曜日)

MMVARIは凄い

MMTTY&MMSSTVで世界を席巻した森さんが、またまたやってくれました。今度はMMVARIです。PSK31で日本語QSOを行う場合、どうしても文字の伝送時間が英文の二倍以上かかってしまい、大変スローペースになってしまいます。
PSK31は、もともとシングルバイトの文字文化を持っている欧州で開発されたため、2バイト文字圏(東アジア)のことはあまり考慮していません。そのため日本語では英語よりも文字化け率が高くなっていました。森さんはその点を着目し、PSK31で使われているVariCodeとリニアリティに無関係なGMSKを組み合わせてMMVARIを作りました。

この新しい文字通信ソフトはVariCodeを2バイト文字圏用に見直したため、31.25ポーのスピードでもPSK31の倍程度のスピードで文字伝送が可能です。実際に使うと、日本語かな漢字文章で丁度良いスピードです。
また、GMSKを使っているため、フルパワー送信(つまり多少信号が歪んでも)しても文字化けしません。

現在Ver0.6ですが、近い将来、日本語文字QSOのかなりの割合を占めることになりそうな感じがします。つい、一カ月前まではPSK31での日本語QSOが99%だったのですが、今日は半分がMMVARIでした。

興味のある方は是非森さんのページでMMVARIをダウンロードしてみてください。
MMVARIでの日本語QSOは「快適」の一言です。また、韓国や中国でも「文字通信ソフト」として大歓迎されているようです。近いうちにハングル文字や中国文字を含めた東アジアの文字がお空を飛び交いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月24日 (土曜日)

封筒サイズの巨大切手

Aut_0571.jpg
昨年交信したH7AとYN4SUからQSLカードが届きました。マネジャー宛にダイレクトで出したのですが、二カ月程度で戻ったことになります。

びっくりしたのは切手。こんな大きなサイズの切手は初めてです。コスタリカの外貨獲得の一環なのかもしれませんが、外国郵便封筒とほぼ同じ大きさで、封筒の表(宛て先が書いてある方)に貼ると宛て先も差出人も書けません。

切手の説明文(?)は残念ながらスペイン後なので意味がわかりませんが、なんとなく民話かなにかの一場面のように思います。
たぶん、他の方にもこの特大サイズの切手でSASEが戻っていると思いますが、手間もかかるし、TI4SUの粋な計らいに感謝!!です。この封筒もQSLと一緒に保存します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月23日 (金曜日)

松屋のチキンカレブウ

会社からの帰りにお腹が減ったので、松屋で夕食することにしました。
松屋と言えば吉野屋と「牛丼」で有名だけど「牛丼一筋」というわけではなく、最近は色々な定食類を食べることができます。
一カ月ぶりに店内に入り、券売機を前に何を食べようか?と思案すると、豚丼が始まっていた。恐らく狂牛病の影響だろう・・・。
ふと「チキンカレブウ」が目についた。「チキンカレー+豚」だと思い、そのネーミングのベタさにホレて注文した。松屋にはカレギュウ「カレー+牛」が前からあって、そのカレーに添えられた牛を豚に変更したバージョン。
で、お味はgood。個人的にはカレギュウよりも美味しいと思った。

そういえば、ちょっと前に松屋でこんなことがあった。

土曜日の午後3時。僕は遅いお昼を松屋で食べていた(確かイタリアンハンバーグ定食)。すると、ちょっとその筋系らしき風格のお兄さんが、肩で風を切って入ってきた。

お兄さん「おい、お兄さん。この松屋の割引券、使えるんだろ?」
バイト店員「え、は? 割引券ですか???」
バイト店員は先輩バイト店員にヒソヒソ相談。
先輩パイト「え~~~っと、ちょっとわからないのですが・・・」
お兄さん「おいおい、冗談だねぇゾ。松屋は教育がなってねぇな。自分のところの割引券もわからねぇのか?」
とドスの効いた声で凄む。

コ・・・コワイ・・・。店内の空気が凍る。客全員手が止まってシーーーン。 バイト二人は顔が引きつっている・・・。

すると、奥の事務所からシフトリーダー登場。先輩バイトはダイナマイトを渡すようにお兄さんの持ち込んだ割引券をリーダーに渡す。
シフトリーダーはじ~~~~~っと割引券を見て。

シフトリーダー「お客さま、こちらの割引券はMATSUYAさんの割引券で、松屋の割引券ではございません。」
とキッバリ。
なんと、凄んだお兄さんの割引券は松屋ではなく、MATSUYAの割引券だったのだ!!
お兄さん「えっ!???」っと自分の割引券を受け取って穴の空くほど見つめる・・・・・。目が泳ぐのがコッチからでもわかる。

お兄さん苦しそうに「漢字の松屋と英文字のMATSUYAは違うのか?」
リーダー「はい。当店は漢字の松屋です。その割引券はデパートのMATSUYAさんではないかと思いますが・・・」
リーダーは既に勝ちを確信して、自信タップリ。ちょっと胸張っています。

他の客は・・・笑いたい・大声で笑いたい、でもお兄さんコワイ、がま~~~~んって感じ。

お兄さん「いゃ、わりい。しかし、間違えやすいよな、これ」と声だかに他の客に同意を求める。

お客全員「んなの、間違えるのはアンタだけだよ」と心の中でつぶやく・・・。

いや~~~、松屋でてからしばらく思い出し笑いしました。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年1月21日 (水曜日)

南極昭和基地と再交信

南極昭和基地8J1RLと14メガPSK31で再度交信できました。前回よりも信号は強く559程度で入感しました。
二度目なので交信は控えて、他の方にチャンスを・・・と思いましたが、誰も呼びません。何回もCQを繰り返しているので、クラスターにスポットしつつコールすると応答あり。

前回と同じシバタさんでした。ローマ字でQSOになりましたが、最近JAとなかなかQSOできないとのこと。また、こちらの信号が弱いためか(笑)QRP運用かと質問されました。
出力60Wと伝えましたが、自分の電波が飛んでいるのか、それともコンディションが悪いのか?心配だったのでしょうね。
南極は今が夏、越冬に向けて資材の搬入など毎日忙しいハズです。南極からのPSK31は8J1RLを除くと数える程しか運用されていません。

PSK31で南極と交信するのは今がチャンスです。他のモードでも聞こえたら是非励ましの言葉を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月20日 (火曜日)

SG-239のケース

sg-239.JPG
暮れに米国HROからSG-239を入手しました$180弱ですから、とてもお買い得。12Vと同軸、それに数メートルのビニール線をループアンテナにして室内実験しましたが、7~28までストンとSWRが下がりチューニングできました。
もちろん、ループ径が小さいので送信は5W程度で実験しました。AH-4しか使ったことが無かったのですが、SG-239はどんなリグ(自作も)も接続できます。
チューニングは単純にキャリアを送信するだけ、SSBで「ア~~(数秒)」でチューニングできます。もちろん、電源の他にもう一本コントロール線を追加すればICOMのリグであればAH-4と同じようにTUNERボタン一発チューンも可能です。

さて、実際に屋外で使用するためにはケースが必要です。適当なケースを物色したのですが、なかなか適当なケースがありません。
CQ誌でJJ1VKLさんが紹介したように、電工用屋外配電ケースを使うことも考えましたが、ちょっと高い(数K円)ので、台所用品のタッパーに狙いを定めて探しました。

色々とスーパーやホームセンターを回ったのですが、SG-239が納まる大きさのものが見つかりません。SG-239は縦23cm横17cm厚さ5cmあります。
会社の昼休みに西友に行き、若奥様と並んでタッパーを物色したり、休日の夕方にライフで、台所用品売り場を彷徨ったり、ホームセンターをハシゴしたり・・・・。入りそうと思って買って入らなかったり・・・。
車を使って数週間に渡る捜索の結果、ついに発見しました。発見したのは歩いて3分の近所のスーバーマーケット。
これぞ「灯台元暗し」。名言であります(笑)

製品はLustro Ware社のKEEPER B-882(NL) 3.0リットル です。写真のように上下に少し余裕をもってスポッと納まります。上部には陸軍端子を二つ付けてアンテナとアース端子にします。
下部にはMコネのメスと電源コード用の穴を開けて完成させるつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004年1月18日 (日曜日)

聞こえる(見える?)

今日は太陽風も強く、M級のフレアが発生しているのですが、コンディションは上々です。14メガではPSKでTKやSVが聞こえるし、21メガでもEUが見えました。
確かに日曜日なのでアクティビティーは高いハズですが、データ的にはコディションはそれ程でもないハズ。まぁ、太陽風が地球まで届くタイムラグなんでしょう。
明日あたりからはコンディションが急降下じゃないか?と思います。

昨日の教訓(?)を活かし、今日はヨーロッパを我慢して、アフリカのLP狙いでアンテナを逆に向けてワッチ中・・・だったのですが、これから外出。
でも、昨日と違って「予感」はありませんから、きっと、PSK31にはアフリカは出てこない・・・で欲しい。(笑)

ゲ、D2PFNが21のRTTYで出てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月17日 (土曜日)

3000

ホームページではカウンターが3000超えるのに2年以上かかった。ココログでは一カ月半。
インターネット人口が増えたのかもしれないけど・・・。凄いぞココログ。
僕もすっかりココラー(Cocoler ココログの人)になりました。

| | コメント (0)

ちょっと遅かった6W/LX1DA

今ロングパスで6W/LX1DAが14メガのPSK31で聞こえています。気づいた時には凄く弱くて文字になりません。
他の局が呼んでいますが、QSOは難しいようです。
今日はなんとなく「予感」がして、14メガをワッチしていたのですが、アンテナをずっとEUに向けたままでした。
あ~~~もう、バカバカバカ。

アフリカのロングパスは全く逆方向。今までZone35は9Gだけ。こないだもドシ踏んで逃したし・・・。
僕は西アフリカにはご縁が無いのでしょうか・・・??? トホホ。

無理そうですからクラスターにスポット。
QSBがあって谷は駄目だけど、山では一部デコードできる。

おっ、JA1SGU局が交信に成功。

しかし、相手の信号はカスカスでミエマセ~~~~ン。
SGU局は7エレのヤギみたい。こっちは2エレ。5本の差はデカイ。
JJ3HGJ局もなんとか交信に入ったようです。でも、とても苦しそう。

う~む、田舎にデカイアンテナを建てねば・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼の14メガ

今14メガのPSK31をワッチしていますが、コンディションは良くありませんが結構聞こえます。HL/FK8/KH6そしてJAが3組くらいQSOしています。
いつもだとこの時間は7メガではJA局の和文QSOが聞こえるのですが、本日は聞こえません。やはり土曜日だから?
日曜日の方が無線のアクティビティーは高いようです。

もっとも、聞こえる局はPSK31のアクティブ局なので、殆どがQSO済だったりする。最初の交信は、ラバースタンプで済ますことができるけど、2回目以降は英語力が必要になります。

このあたりがちょっと辛いところですが、相手の母国語が英語でない場合は、相手も英語があまり得意じゃなかったりすることもあります。
そういう相手とめぐり合うと、なんというか・・・・その、相通じるところがあって、楽しく交信することができます。

僕はなるべく色々な話題でお話するようにしています。大抵の場合、相手が僕の語学力に合わせてやさしい英語を使ってくれます。
中には日本語を勉強されていて、いきなりローマ字で日本語を打ってくる場合もあります。日本語は確実に海外へ広がっていますね。少なくとも10年前とは大違いです。

っ・・・て見ていたら、今日はPSKFESTでした。
イカ~~~ン。すっかり忘れていたワイ。
PSKFESTは070クラブって国際的なPSK31愛好グルーブが主催する無線のコンテストなんですよ。いつも参加しているんですが、久しぶりにQSOする局があったりして、やっばりFESTA、楽しいです。
今日はコンディションが悪いけどどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違えちゃった

さっき

ぼくのおしごとさんにもカメラ付き携帯を勧められましたが、
まだ、迷っています。

って書いたけど、カメラ付き携帯を勧めてくれたのはTigerさんでした。
Tigerさん、ごめんなさい。

あの頃は結構盛り上がっていたのですが、昨年は「ちょっと買いすぎ」状態だったので、買うのを我慢して年明けに決めることにしました。
すると、案の定「熱」が下がって・・・と思ったのですが・・・・コイツはしぶとい。

| | コメント (0)

2004年1月16日 (金曜日)

カメラ付き携帯いいなぁ~

前に「ココログ、携帯売上へ貢献」でカメラ付き携帯か、普通のデジカメかで迷っていることを書きました。ぼくのおしごとさんにもカメラ付き携帯を勧められましたが、まだ、迷っています。優柔不断です。
もちろん、切迫した状況ではないこともありますけど、こうやってラクチン加減を見せ付けられる(ホレホレ攻撃?)と、やはり欲しくなります。

やはりデジカメだとココログに写真の載せるのに「気合」がいるんですよね。
つまり、面倒なんです。
最近一週間周期で「欲しい」と思うようになりました。もうちょっとすると一日おき・・・になって、一ケ月もすると「毎日欲しいと思う」状態になるのではないかと自己分析しております。

進行スピードを早めるパラメーターは、やはり色々な方が「ラクチン」に携帯で画像をアップしている記事の閲覧回数です。最近、このパラメーターがどんどん大きくなっているように思います(笑)

| | コメント (0)

2004年1月15日 (木曜日)

検索で上位になってる

最近、検索で驚いたのが、僕のこのココログが高いランキングで紹介されていること。RTTYやPSK31など、わりとマイナーなキーワードでは1ページ目。「アマチュア無線」のように3万以上ヒットするキーワードでも30位以内に紹介されている。
ブログはもともとSEO対策がされているとは聞いていましたが、まさかこんなに凄いとは思いませんでした。
以前のホームページでは考えられない現象に、少し戸惑っていますが、ココログを開設している方の間では常識化しているようです。と、いうより、ブログを開設している人ならば・・・と言った方があたっているかな?
別にココログでなくてもMTでもブロッガーでも一緒だと思いますが、MTの場合はサーバータイプなので、グーグルに最初に見つけてもらうキッカケが重要なようです。

ココログやMTにはトラックバックという機能があるので、そのような意味ではコメントたくさんもらうより、トラックバックをお互いにかけた方がいいみたい。
ということで、二度目のトラックバックをJF2VAX局へ送るのであった。さて、このトラックバックはリニアに例えると への2番、いやいやへの4番だったりして・・・(笑)

| | コメント (0)

2004年1月13日 (火曜日)

大雪とアンテナ

今晩から明日にかけて天気は大荒れで、ずいぶんと雪が降るようです。天気予報では一晩で80cmとのこと。80cmですよ!!
これは凄い。これだけ降るようだと、雪が小降りになった時に何回も雪ハネをすることになるのではないかな?皆さんどうか、お気をつけて。

僕はスキーバカだった時期もあって、社会人で且つ東京に居ながら、会社を数日しか休まずに年間50日以上雪の上に立ったこともある。
ちなみに年間50日スキーをするのは、10月の終わりから5月の連休まで全ての週末と休みにスキーに行く状態になる。(笑)
北は北海道から西は八方尾根まで、新潟・群馬・長野は毎週のように行く感じ。

さて、無線である。この雪というヤツは無線にも多大に影響がある。雪は氷なので水と同じように導体です。雪が降ると雪の結晶同士が空中でぶつかってバチッ・・・って雑音になります。つまり、雪が降ると「ザ~~~~」って雑音が発生することがあります。これをスノーノイズといって、雪国のアマチュア無線家を悩ませます。

また、雪がアンテナに積もると、当然ですがアンテナの周波数が狂ってしまいます。やっかいなのが、雪がアンテナ線にくっついて徐々に大きくなり、アンテナ線が重みで切れたり、アルミバイプが折れたりすることがあります。特に新潟の沿岸部のように湿った雪だと、このような現象が発生しやすいようです。

ちょうど一年ほどまえ、東京に雪が降った時のこと。途中で雨に変わってすぐに雨も止み、晴れて急激に冷えた夜がありました。雪は雨で溶けているので大丈夫だろうと思って無線機のスイッチを入れても全然聞こえません。
変だなぁ~と思ってベランダにでてみてびっくり。雨で溶けた雪がカチカチに凍って全てを覆っているのです。さしずめ、ベランダはアイススケートリンク。アンテナ線は3倍位の太さになって、月光にキラキラ輝いていました。
ちょうど氷でパックしたような感じ。
重さでアンテナ線が切れないか心配でしたが、どうすることもできませんでした。もちろん、SWRは無限大。
雪国の無線家のご苦労が少しわかった経験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月12日 (月曜日)

10メガのpsk31

今日の夕方、10メガでEUがオープンしているので頑張ってPSK31でCQ DXを出した。
ずいぶんとCQしましたが、応答があったのはUA0LH Alexのみ。彼とは10メガでは2回目のQSOです。14メガだともっと聞こえるのですが、やはり14メガ以下はPSK31人口が極端に減るように思います。
10メガよりも18メガの方が人口が多い感じ。そういえば、10メガで複数のDX信号を同時に聞いたのは数回程度しかありません。

バンドがオープンするとPSK31の場合は複数の信号が聞こえるので、独特の「ワ~~~~ン」って感じで聞こえるのですが、そんなことはありません。
今日は特別にコンディションが悪いとは思えないのですが、UA0LH局とは429-599ということで、こっちの電波は結構な強さで届いているようなんですが、彼の信号は解読率50%程度でした。
1'stQSOだったらハンドルとかQTHのコピーに難儀しそうな感じ。

アンテナはフルサイズのインバーテッドVなんてすが、給電点が屋根上5mですからDX向きではありませんが、これが限界。
コンディションが良い時を狙わないと駄目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DX BLOG

左側に「QRZ」がありますが、これはアマチュア無線のBLOGを集めたリンク集にしたいと思って、自分で見つけたブログを集めて作っているのですが、なんとDX BLOGのJF2VAXさんに見つかってしまって、トラックバックがありました。
全部バレバレです(笑)。

僕の拙文を記憶して頂いていたようで、恐縮です。いや、記憶されていたのはIC-756Pro2の方かな?CQ誌に掲載されたDIGITAL WAZですが、昨年JA1ADN 井原さんがNo.2を取得され、なんとJA局がDIGITAL WAZで1-2フィニッシュを決めています。電子立国日本(古い?)の面目躍如でしょうか?

JF2VAX DX BLOGはMovable Type(サーバー立てていらっしゃいます)を使っていてデザインも綺麗で、僕のとは大違い。もちろん、MTを使いこなして写真一つ一つを吟味して処理しているVAXさんの手間のかけ方も凄い。ココログはType PadですからMTの弟分ってところですかね。
DX BLOGの中にこのような言葉があります。

DXに対する情報感度を高め、あらゆる可能性を探り、自分でできる限りの工夫をしてみる。そして、狙ったDXと交信できることを心から願い、諦めずに続けることでチャンスは必ず訪れる

う~ん599+60dbです。今後とも宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004年1月11日 (日曜日)

久々のモービルQSO

今日出先からの帰りに、モービルから何回もCQ出してみた。21メガで数回CQするも空振り。何組かのQSOは聞こえるものの、誰も応答してくれない。
そこで18メガにQSYここでも二回空振り。そこで29メガFMでCQだすと、一回で応答あり。

3年ぶりにJM1KIZ 谷口さんとQSOできた。前回は新宿-池袋で5分位だったろうか。今回は谷口さんは固定からなきで、前回と違ってずいぶんと強い。
メーター振り切れ状態で入感。双方59でスタート。結局僕が環七を北上して大原を過ぎるあたりまでQSOできた。結構飛ぶじゃん。

また、昨晩は21メガのSSBで入間市とQSOできた。もちろん、コッチはモービル走行中。もっとも、11階建てマンションの屋上のVダイポールとのことだったので、これは例外か?
でも、53-59で練馬近辺のモービル局に届くのだから、QSOには支障がない。
新しいアンテナ。結構飛ぶような感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿中央公園隣のデニーズ

僕はよく外食(といってもファミレス)しますが、今日は新宿中央公園隣のデニーズにいきました。実は仕事を自宅でやっていて、終わったァ~と思ったら20時過ぎ。休日の初日はトホホ状態。おまけに明日は出勤です。グス。

デニーズに着いたのは22時ごろでしょうか?いゃぁ、久しぶりに都会のファミレスに行ったら、ファミレスでしたねぇ。多種多様な年齢、人種、性別。
熱く語っている人や、おしゃべりに夢中な女性グループ、だりぃ~~~とダレてる高校生(たぶん)とか、黙々と読書する青年。久々にファミレスの原点を見た感じがしました。

いつもの何が違うのか?と考えてみると、家族連れがいません。子供もいません。う~ん、僕のファミレスの原点は、やはり学生時代の深夜のファミレスなんですね。
だから家族連れや子供のイメージが無いのだと思います。

で、注文したのはトリュフ・キャビア・フォアグラ・ヒレ肉のソテー。メニューを見て「なんじゃこりゃぁ!!」って注文しました。確かにキャビアとフォアグラがありましたが・・・・。お肉はおいしかったけど、キャビアとフォアグラはもうちょっと量が欲しいなぁ。思わずキャビアの粒を数えそうになりました。

最近トンブリにしかご縁がなかったため、キャビアの食感を忘れてしまって「もっとプチプチ感が欲しい」と思ってしまう自分が悲しい・・・。
でも、結構おいしかったですよ。期間限定、デニデニへ急げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月10日 (土曜日)

パキスタンにpsk31で呼ばれた

先程ブラーツク(極東ロシア)のRA0JA VictorがCQ出していたので、数日ぶりにPSK31を使って交信した。最初はアンテナが北米を向いていたので弱かった529くらいかな?
すぐにアンテナを北東に向けたら589まで信号があがった。調整後のHF-5BはF/BもF/Sも中々良好。F/S比はざっと18dbってところかな?

ラバースタンプQSOが終わったら、どっかが呼んできた。なんとパキスタンのAP2DKH Khalidだ。初めての交信だし、彼のコールサインじたい見かけたことがない。日本製のリグにForce12のC3とのこと。信号は569もっらったのは599。でもPSK31では面倒だからってなんでも599を送る人が多い。RTTYもそうだけど。
Khalidと交信中に周波数やコールサインをすかさずクラスターにスポット。僕の後数局が交信したようだ。

パキスタンが「凄く」珍しいわけではないけど、呼ばれて嬉しかった。やはりこまめに電波を出さないと交信できませんね。聞こえない・・・・って聞いているのは僕だけではないようで、どっちかが電波ださなきゃ、そりゃ聞こえません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

写真じゃつまらない

AUT_0552.JPG
昨日約束したヒシチューブをホイップアンテナに被せて縮める作業をしました。ドライヤーの熱風で縮んでいる様子がわかりますか?
常温の状態の1/3まで縮みます。この縮み率も1/2くらいが普通で、今回使ったものは高級品。
全体をくまなく縮めてできあがりです。表面がデコボコしているのはミスではなく、ワザと。テグスをホイップに螺旋状に巻いてからチューブを被せるのです。
このテグスでできるデコボコが高速走行時に空気に乱流を作り、ヒューヒュー鳴るのを防ぎます。簡単だけど効果絶大。
また、機会があったら高速道路でテストしてみます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 9日 (金曜日)

やっぱり予報通り聞こえない

いゃぁ、宇宙天気予報は太陽の活動記録からたてるだけあって、実に正確。つまり、遠くは聞こえません。トホホ。
実はアマチュア無線家がインターネットと接するのは、宇宙天気予報より「どの周波数で」「どこの地域」が聞こえた・・・という情報なんです。これをクラスターと言います。
有名なのにはDXSCAPEがあります。ここを見ていると、日本からはどこの地域が聞こえているのか?米国からはどこが聞こえるとか、そういう情報が集まっています。
ちなみに、今日の20時(日本時間=JST)から現時点ではこんな感じ。
[JA] [All] 1456Z = 2356JST (Last refreshed)
FO/OH6KN 1431Z 3508.0 FO/A JI3ACL-8
T20RE 1430Z 7004.3 QRZ... via HA8IB JH0TXU-8
T96Q 1427Z 70046.0 JA2IDZ-8
VR2UW 1305Z 10117.2 CQing JH3GCN-8
BX4AF 1230Z 7005.0 cq HL4XM
VR2MY 1221Z 3793.0 Company VR2KW VR JA3MHA-7
HS0ZBS 1216Z 7007.9 cq HL4XM
YN4SU 1209Z 10106.3 JR5XPG
VR2MY 1203Z 3793.2 big sig JA2XZZ-8
FO/OH6KN 1159Z 14008.0 on freq. via OH9MDV JA1WLO
S21YY 1155Z 10103.8 VY FB SIG JA2BUR-8
VR2KW 1118Z 3795.0 JF7DZA-8
FO/OH6KN/A 1113Z 14008.0 2 up JH3GCN
DU1EV 1103Z 7008.0 cq JA2FTL
BV4CT 1034Z 7008.0 cq JA2FTL-8
A43SI 1033Z 14260.0 CQ CQ FB signal JR2KDN
EA3AQSAT 1010Z 21071.4 PSK31 665HZ JF2EPL
最初はコールサイン(呼び出し符号)で、大体の地域や国がわかります。ものの見事にアジア近辺ばかり。
まぁ、中米エルバルサドルとか、スペインとかもチラホラ聞こえたみたいですけどね。

そうそう、前の記事で、太陽からX線が降り注ぐと・・・と言いましたが、正確には「太陽風が地球に届くと」という意味です。一応「風」ですから、太陽から地球まで時間がかかるんですよ。
で、その太陽風が地球に届くと地磁気擾乱が発生する・・・という仕組みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙天気予報変更

スペースウェザーですが、英語ではなく日本語のの宇宙天気予報にリンクを付けました。また、やはり少し過去のデータもわからないと今後の傾向もわかりません。
そこで、過去三日間のデータを太陽のX線とK インデックスで見れるようにしました。なにせ小さいので分かりにくいですが、大まかな傾向は掴めます。
また、グラフの縮尺は同じですから、太陽からのX線が増加すると、Kインデックスが上昇して、地球の地磁気に擾乱が発生する・・・という関連性が良く分かるようにしました。

X線グラフのヤマとKインデックスが高くなる(赤色)のに少しズレがあるのに気がつきましたか?太陽からのX線が地球に降り注いで、地磁気に影響がでるまで若干のタイムラグがあるんです。

う~ん、アマチュア無線ではなくて、太陽観測ブログになってきた。イカン。
でも、磁気嵐じゃ無線やっても「雑音」しか聞こえんのですよ。もちろん、東南アジアとかは聞こえますが、ヨーロッパとか北米とかの遠くは聞こえないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 8日 (木曜日)

磁気嵐

昨日からずっと磁気嵐ですが、今日は大分良くなって来たようです。でも、ここのところ風邪がぶり返してしまい、無線はお休みしています。
それどころか、ココログもお休みしちゃいました。

昨日宅急便で今年始めてのお買い物が届きました。連休に買った部品を使ってモービルホイップを完成させるつもりです。
今度は写真付きで紹介しようと思っています。ヒシチューブってドライヤー当てると「シュルシュル」って縮むから変化があって面白いのです。
もっとも、動画で紹介するのは難しいので、面白さは伝わらないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 6日 (火曜日)

プロジェクトX

今日放送されたプロジェクトXは南極越冬だったが、途中でアマチュア無線がでてきた。世界各国からの質問が若い隊員達を励ましたとは知らなかった。
おそらく、それはそれは凄いパイルアップだったのではないでしょうか?当時、南極からのアマチュア無線運用はほんの数える程だったはずだし、それまでは殆どアマチュア無線が運用されていないわけですからね。

当時のオーロラ観測記録が非常に価値のある研究だったことが紹介されていたが、実は電離層についても良く知られていない部分が多く、ここ10年でコンピューターのシュミレーション技術によって飛躍的に研究が進んでいる状態なのを思い出した。
電離層の研究が進まない理由の一つは、商用通信が短波無線から衛星回線へ切り替わってしまい、利用価値が下がったことが大きい。
もっとも、軍事的には短波は重要で、米陸軍なんかはアラスカの研究施設で密かにオーロラの研究をすすめ、オーロラを地上からの信号で任意にダンスさせることに成功しているらしい。J-WAVEも六本木ヒルズではなく、オーロラをダンスさせたら凄いのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPACE WEATHER

最近、自分のココログを一番良く閲覧するようになったので、いつでも無線のコンディションが分かるようにSPACE WEATHERリンク集をつけました。元ネタは米国NOAAです。
スピードメーターのようなヤツは太陽風の状態で、地球の磁場に大きな影響を及ぼします。オーロラの状態もこれで分かりますよ。
その下の棒グラフはKインデックスです。米国ボルダー(コロラド州)での地磁気の状況を3時間毎(UTC=JST-9時間)に示します。緑・黄・赤ですね。緑は静穏、黄色は不安定、数値が高い赤の時は地磁気擾乱で無線はダメ・・とうい事です。
その下の標識は太陽にフレアが発生した場合にその規模をお知らせしてくれるものと、観測情報を基にした伝播状況を示しています。これは米国のアマチュア無線家が提供しています。

やってみるととっても便利。いままで全部見に行っていましたが、手間が本当に減りました。どしていままでやらなかったのかな?
やり方はマイリストのタイトルや説明文章にHTMLを入れるだけです。もちろん、タイトルにだけ入れてもokです。但しリンクするのはタイトルの方だけです。

| | コメント (0)

2004年1月 5日 (月曜日)

M級の爆発がありました

今日太陽でM級の爆発があったため、電離層の状態が悪く外国は殆ど聞こえません。普通に生活していると太陽はいつも同じに見えますが、太陽の観測データを見ると中々活発に活動していることがわかります。
このムービーは2003年11月中旬~2004年1月初旬までの約2カ月間の太陽の活動の様子を見る事ができます。
太陽が自転しつつ、活発に爆発したりする様子が分かります。
本当は10月末の観測史上最大の爆発をお見せしたいところですが、あまりに強力な爆発だったのでカメラがシャットダウン(破壊防止)して「その瞬間」が残っていません。

太陽の爆発規模はX級>M級>C級となっています。X級の爆発は一般的にもニュースになる程凄いものです。無線にとってはC級でも爆発があると影響があるんです。
このムービーは米国のNOAAに属するSpace Environment Centerが公表しているもので、僕は殆ど毎日お世話になっています。
あ、太陽観測は僕の趣味ではありません。アマチュア無線を楽しむための天気予報・・・って感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 4日 (日曜日)

コンテスト参加(Round Up)

今日は午前3時からARRL Round Upコンテストです。デジタルモードコンテストなのですが、RTTYが99%です。今年はダメかと思いましたが、早朝から北米が開けて中西部まで交信することができました。
また、オープニングは7メガでEU方面を狙いましたが、A45WDや4Z5AVと交信することができました。28メガは殆どダメ。21がメインとなっています。
朝は7時ごろから頑張って現在70局です。中米はオープンしませんので、DX狙いにはコンディションがいま一つですが、W相手に局数を増やすということは可能です。

今回参加して思ったのは、パワーを入れている局が多く、耳が追いついていないようです。メーターが5や6も振れて強く来ているのに、何回呼んでもダメ・・・。思わずパワー計で出力がでているのを確かめちゃいました。
コンディションが悪くなってきて、確かにパワーが必要ですが、耳が悪いと意味がありませんね。その点、A45WDは大変耳が良くて、いつも感心しちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 3日 (土曜日)

アンテナ調整(HF-5B)

先日修理したアンテナは14メガがCW専用になってしまったのは報告した通り。今日は温かくて風も無く、絶好のアンテナ調整日和、本当は気が進まないのだけど頑張って調整しました。

僕はアパート住まいですが、理解のある大家さんの許可を得て、二階建てのアパートの屋上にアンテナを建てています。また、アパートは二棟あって、もう一方の二階からコッチの屋上がよく見えるのです。
問題は僕が屋上に上がると二階の部屋の中が良く見えてしまうこと。
別に覗きをするために屋上へあがるわけではありませんが、結果的に覗けてしまうのも事実。
今日はお正月で皆さん実家に戻っているためか、別棟の二階は全室雨戸が閉まっていますので、そういう意味でも絶好のチャンス。今日「やるっきゃない」んです。

調整は14メガの共振点を200khz程度上げれば完了です。アンテナを下ろした状態でアナライザーを接続してみると共振点は13.2メガ。これを13.4メガにすれば調整完了・・・ってワケです。
調整バーを8mm程度短くすると13.43メガに共振しました。8mmですよ。クリチカルでしょう?? もう慣れましたが最初は大変でした。
ついでに他の部分も見て、ビスを全部増し締め。4年目ですから結構緩んでいました。

結局SWRは14.05で1.4になり、14.25辺りまで1.8程度でカバーできる状態になりました。気になるビーム特性は良く使う14.07メガでF/B比はS2-2.5程度、約7dbってところです。超コンパクトな2エレですからこんなものです。
10dbなんか目指して調整すると、とっても大変なのでいつもこの辺りで妥協しています。
ちなみに28メガだとF/B比はS3-4程度取れます。凄いことだと思います。2エレなんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスタードーナツの福袋

さっき駅前を通った時にミスタードーナツの店頭で福袋を買った。温かい日とは言え、日陰で結構寒いのに高校生くらいの女の子が鼻を赤くして売っていたので、つい、買ってしまった。
僕も高校生の時に明治神宮の警備バイトをしたが、あれは寒かった。もちろん、大晦日深夜~元旦早朝の深夜警備。翌日から熱がでて、お正月休みは風邪で寝込んで終わってしまった苦い思い出だ。

福袋は久しぶり。1000円だったげど、結構重たい。
中身は1000円分程度のドーナツとカレンダー、可愛い植木鉢、お弁当箱、クーラーバッグ、3割引きチケット5枚だった。ドーナツが嫌いな人は買わないだろうが、僕はドーナツが好きである。ドーナツとチケットで、ちょっとトクした気分になった。

実は大好きだった「ホームカット」がなくなってしまって、最近足が遠のいていたのだけど、3割引チケットが手に入ったので、また行くことになるだろう。
もちろん、福袋は色々な種類があるだろうから、これから買っても中身は同じではないと思う。でも、きっと3割引のチケットは入っているハズ。ドーナツ好きな方はぜひ買ってあげてください。
あ、もしかしてお店でドーナツ買ってもチケット貰えるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初めてのお買い物

昨晩、今年初めての無線関係のお買い物をした。といっても秋葉原に行ったのではなく、通販だけど。無線関係の通販は製品の場合は米国のお店(AESとかHRO)を良く使います。両方とも注文後遅くても一週間で日本まで届きます。その他にも英国のW&Sとか、雑貨類はBUXで買うことが多いです。

で、電気部品なのですが、やはり秋葉原まで行くのが面倒なので、秋月とかRSで注文します。特にRSはカタログが凄い。電話帳みたいなカタログがあるのでゆっくり部品を吟味できます。秋葉原に比べると高いのですが、中々手に入らない部品や、プロ向けの部品があったりして便利です。

今回はRSで先日自作したホイップアンテナに被せる保護チューブ(ヒシチューブ:熱で縮むチューブ)を注文。秋葉原では1mの切り売りなんですが、必要なのは1.5m。早速RSで探すとあるわあるわ、色々な種類が揃っています。その他にも幾つか部品を注文しました。今はお正月休みなので、来週くらいには手元に届くでしょう。便利になったものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

匂いの記憶

mugi-s.jpgこのムギはその昔、ブリーダーの方が喫煙者だったらしい。うちの家族の中で喫煙者は僕だけ、どうもムギはブリーダーのことを匂いで覚えているらしい。初めてムギに会った時、僕の匂いをクンクンかいでその後とても慕ってくれるようになった。
ムギが実家でお留守番をしている時、僕が帰ると後ろ足二本で立って、前足を挙げた状態、まさに諸手を挙げて歓迎してくれる。

僕は本来猫好きなのですが、これだけ熱烈に歓迎されると、やはり可愛い。コイツは愛嬌もある。それにしつけがしっかりしていてお行儀も良い。
豆柴だから小さいのだけど、知らない人がくるとちゃんと吠える。一応番犬なのだ。偉い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年1月 2日 (金曜日)

XPでフォントが変わる?

Win XPで海外の英語版ソフト(もちろん、無線用)を使うと、フォントが勝手にシステムフォントに変更されてしまう状態が続いています。
これ、僕だけの問題だと思っていました。英語版のソフトを色々とインストールしているので、そのためかな?と。
ところが、本日年賀メールをいただいて、他の方も全く同じ現象が起きているとのこと。現象は無線用のターミナルソフトで使用フォントをArial(とか、なんでも良い)にして信号を受信していると、符号が不完全で文字化けするタイミングで次の文字からMS明朝表示になってしまう・・・というものです。
下の画像はその現象が起きたところ。
mojibake.jpg
98ではこのようなことは発生しませんでした。どなたか解決策をご存じでしょうか?

また、解決策を探してサーフィンしていたら、こんな記事を発見。どうも表示されるフォントがギザギザで汚いナァ~~って思っていたんですが、設定したらとても滑らかで綺麗なフォントで表示されるようになりました。
こんなの知らんかった。どうしてデフォルト設定じゃないのでしょうか?それともデフォルト設定だったのを気がつかずに変更しちゃったのかな?

もしかすると、マシンパワーを食うので、そのためにオプション設定なのでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7メガCWでナミビアGet!

先程V5(ナミビア)とQSOできました。30分弱粘ったでしょうか?信号は強くメーターの重いIC-756Pro2で正味7振っていました。V5/JD1BLKの詳細はココで見れます。
実は7メガのアフリカ大陸はこれが初QSOです。いゃぁ、長かった。今回は早朝から安定して聞こえたために、日本の主立った方は殆どQSO済みだったようで、常に同時に数局呼ぶような状態だったので、なんとかなりました。

ナミビアへ行ったのは海さんJM1LJSでした。このように海外へ出かけて行って、無線をすることをペディションと言います。私もいつかやって見たいものです。
ナミビアは南アフリカとアンゴラの間、ボツワナの東で、アフリカ南部の東海岸沿いに位置します。伝搬的にはそれほど困難ではありませんが、無線人口が少なく、殆どが外国人による今回のようなペディションが頼りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンテナ耐久テスト

自作したモービルホイップと基台ですが、31日に東名高速で耐久テストを行いました。結果は◎。100+αkm/hでもビクともしませんでした。
また、グラスファイバーは固いため、以前のステンレスホイップに比較してしなりが少なく、走行中も安定して交信できそうな感じでした。
で、問題点も一つ。やはり「鳴り」ました。高速で「ちょっと」飛ばすスピードで「ヒューヒュー」鳴ります。やはり「鳴り止め」をしないと駄目そうです。
「鳴り止め」は新幹線のパンタグラフでも採用された技術のように、空気の乱流を作ることで止められます。でも、あの技術、JRの開発秘話に入っていますが、僕はもっと前から知っていたゾ。隼の羽の研究などせずに、僕に聞いてくれたら教えてあげたのに。

また、年末ギリギリになって、MFJに注文しておいた3.6mのロッドアンテナも届きました。もちろん、走行中は付けられませんが、半固定状態でもう少し飛ばしたい・・・という時に使えそうです。
最初はヤワで使い物にならないのではないか?と心配したのですが、結構硬くてしっかりと自立します。このロッドアンテナ、こんなのや、こんなのに使うといいのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »