« ZK3SBとVK9LB | トップページ | ZK3SBのRTTY »

2004年2月21日 (土曜日)

IC-7800のマニュアルを読む

IC-7800のマニュアルが見れます。英語版ですが、各機能の詳細がわかります。ドキュメントには回路図もあります。僕のお目当てはもちろんPSK31やSPDIF、そしてLAN関係の部分。

全体的なIC-756PROなど、従来のリグと共通の操作や機能ですが、IC-756PRO2では詳細に設定できない部分を自由に設定できるようになっていますね。

また、マニュアルがカラー化されたようです。画面イメージは分かりやすくなりました。7800は2台の受信機が入っているので、受信に関する殆どの機能は2台、それぞれに異なった設定ができるようになっています。
当初、なんでCFに設定情報なんか記録させるの??なんて思っていましたが、これで納得。自分好みに設定した7800は他の人では使えません。
設定を変更して自分好みにするだけで一時間以上かかってしまいます。だから、CFに保存して読み出すわけね。フムフム。

で、肝心の部分ですが・・・・良く考えられていて、素晴らしいと思います。SPDIFのレベル設定、2台の受信機からのF出力のMIX具合も調整可能。つまり、PCの一つのソフトを使っている状態で、リグコマンドで2波同時受信も、片方だけに絞ることも可能。
これって、PSK31だと7/14を両方同時にワッチしつつ、コマンドでバンドを選択してMAINとSUBを入れ換えて、AF出力も一方のバンドに絞って即QSOなんて芸当が簡単にできるようになります。

LANのIPアドレスの初期値は192.168.0.1、そしてサブネットマスクは255.255.255.0になっています。アドレス持っているってことは、やっばり・・・・ですね。
恐らくファームやソフトの書き換えも、ここから・・・でしょう。早く仕様を公開して欲しいなぁ・・・。CF周りは完全にメモリー用途限定に見えます。
RS-232CにはCI-Vがそのまま出るみたい。従来オプションのCT-17付き・・・って感じですね。
7800のCI-Vコマンドリストは6ページもあって、2ページの756PRO2とは次元が違います。たぶん、全ての機能をコントロールできるのではないかと思います。

イカン!! 僕には高値の花(100万円)と諦めていたのに、猛烈に欲しくなってきた・・・。う~ん、TS-2000みたいに、フロントパネル無し版を安く発売して欲しいなぁ~~。

因みに、756PRO2の液晶はパチンコ用量産品でした。7800はカーナビ用じゃないかな?と推測しています。ICOMファンの方はこちらのページもチェックです。

|

« ZK3SBとVK9LB | トップページ | ZK3SBのRTTY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC-7800のマニュアルを読む:

« ZK3SBとVK9LB | トップページ | ZK3SBのRTTY »