« 久し振りの新幹線 | トップページ | 明日は1万を超えるか? »

2004年2月18日 (水曜日)

シリアルポート増設

RTTYやPSK31をやりつつ、ロギングソフトを併用してリグもコントロール、そしてローテーターも・・・なんてやっているとアッと言う間にシリアルポートが足りなくなります。
JF2VAXさんのプログにも悩みが・・・・

メインPCの2つのシリアルポートは、2台のリグコントロール用に使っていて、USB/RS-232Cの変換アダプターでもう一つ増設しないとFSKでQRVできない。

この辺が頭の痛いところです。僕はC104Hという4ポートシリアルボードを増設して6ポートにしています。
シリアルポートの増設の注意点は、シリアルポートがデータビットで5bitを使えるのか?という点です。これが×だとRTTYには使えません。PCに付いているシリアルポートで5bitが使えないポートは見たことがありませんが、増設ボードだと5bitが使えないボードもあります。

このボード、XPだと自動的に認識してくれるし、RS-232CのコネクターがDsub25pinなので、日本では使いやすいです。
僕は無線機コントロール、PTT、FSKキーイング、ローテーター、ターミナルソフトと全部で5ボートを使っています。ターミナルソフトはRTTYのサブ受信用で、別のノートPCでMMTTYをTNCモードで走らせて、メインPCで受信するわけです。RTTYはIC-756Pro2内蔵デコーダー、メインPCのMMTTY、ノートPCのMMTTYでデコードします。MMTTYは設定を変えて文字化けの少ない画面でコピーするようにしています。

また、リグからのAF出力を3パラにしてそれぞれのPCのサウンドカードに入力していますが、この程度のインピーダンスの乱れは受信品質には影響ありません。
因みにメインPCにはサウンドカードが3枚入っていますが、サウンドカードによる差が受信品質に最も影響があります。

|

« 久し振りの新幹線 | トップページ | 明日は1万を超えるか? »

コメント

4ポート増設にサウンドカード3枚差しですか..貴重なノウハウを聞かせていただきました。デジタルに賭ける意気込みが違いますね。そういう方法もあったのかと...参考にさせていただきます(^^ゞ

投稿: JF2VAX | 2004年2月18日 (水曜日) 23時27分

シリアルは別として、サウンドカードはCWマンの方が知らず知らずにキーが増えてしまうのと同じことではないかと・・・。
実は無印のサウンドブラスター16(DOS用ですね)が結構いいのです。RTTYソフトはSB16を基準にして開発されていますから。
実は最近のXPが入っているPCに使われているサウンドチップは殆どがクロックがズレていて、データ通信向きではありません。一度MMSSTVなどでサウンドカードのクロックズレを調査することをオススメします。
ズレを補正すると文字化けがずいぶんと減ります。

投稿: kit | 2004年2月18日 (水曜日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/210260

この記事へのトラックバック一覧です: シリアルポート増設:

« 久し振りの新幹線 | トップページ | 明日は1万を超えるか? »