« サウンドカード複数利用の勧め | トップページ | 電波形式の表示方法が変更 »

2004年2月23日 (月曜日)

サウンドカードとアマチュア無線

昨日のサウンドカード2枚差しの話題はJPCさんVAXさんからすぐにコメントが付いたようです。ちょっとマニアックな話題かなぁ?と思っていましたが、恐らくたくさんのアマチュア無線家が困っているんでしょうね。
実は、僕もこのことに気づいたのは昨年になってからで、それまでは無線用に使っているメインPCは音無設定でした。

サウンドカードもWDMドライバーが出てきてからは、複数のソフトで1枚のサウンドカードを共有できるようになったので、昔のように複数のソフトのために複数のサウンドカードを入れる必要はありません。
ところが、無線のように「聞くだけ」ではなくて、常にサウンドカードから出力するようなケースでは、上手くいきません。

僕のPC(HP製)にはオリジナルのサウンドシステム(PC用)、増設1YAMAHA(CWget用)、増設2DAL(デジタルモード用)とサウンドカードが3枚入っていて、それぞれが独立して動くようになっています。
無線用のソフトも、以前はサウンドカードの指定は出来ませんでしたが、ここ一年で殆どの無線用ソフトが複数のサウンドカードの中から一つを指定できるオプションが付きました。

オプションで選択できないLogger32やCWgetもiniファイルに一行書き加える形でサウンドカードを指定できます。書き加える場所などはHelpファイルに書いてあります。

なお、Windowsでのサウンドカードの指定は以下の通り

-1 既定のサウンドカードを使う
0 1枚目(最初に入れた)のサウンドカード
1 2枚目(2番目に入れたサウンドカード)
2 3枚目(3番目に入れたサウンドカード)
以下同様

サウンドカードは安いものは1k位で入手できますが、できれば5k程度のものを使うとS/Nとダイナミックレンジの点でお勧めです。なお、無線の場合はS/Nよりもダイナミックレンジで選んだ方がいいです。どうせ、ノイズまみれの信号を入力するので・・・・。
また、サンプリング周波数は 6000/11025/12000/48000hzがサポートされていると使いやすいです。マシンパワーが低い時はサンプリング周波数を下げると負荷が減ります。

お勧めのサンプリング周波数は12000です。デフォルトの11025はサウンドカードによってかなり周波数にバラツキがあります。サンプリング周波数がズレているとデコード率が悪くなり、文字化けになります。
良質なサウンドカードはSSTVの信号を受信しても傾きません。もちろん、SSTVを送信している局がキチンと調整していることが前提ですが・・・・。

|

« サウンドカード複数利用の勧め | トップページ | 電波形式の表示方法が変更 »

コメント

福井さん 質問です!(RTTY講習会みたい)

あれから、SBのホームページを見たりして情報収集してますが、サウンドカードでも最近は外付けUSBのタイプもありますよね。これでも使えます? 別にPCIは沢山空きがあるので、PCIでも全然問題はないのですが..。サウンドカードをどれにしようかと検討中です。

投稿: JF2VAX | 2004年2月23日 (月曜日) 23時35分

USBタイプでも内蔵(PCIバス差し込み)タイプでも全く同じです。USBタイプの方がPCからのノイズを避ける意味では有利ですが、お値段がちょっと高めです。
USBタイプの場合は、アナログ入出力の有無と、サンプリング周波数に注意してください。
オーディオテクニカのATC-USBA3(お値段マァマァ)とM-AUDIOのAudiophile(高いけどS/Nとダイナミックレンジはgood)は動作確認済(笑)です。

投稿: kit | 2004年2月23日 (月曜日) 23時47分

やはりUSBタイプは値段が一番問題ですね。結局、どこまでRTTYに投資するのか...ということを考えてしまいますね。まずは、福井さんの言われる5Kくらいで選んでみます。ありがとうございました。

投稿: JF2VAX | 2004年2月23日 (月曜日) 23時56分

今日はパソコンショップに行ってきま~す。

投稿: JF2VAX | 2004年2月28日 (土曜日) 10時38分

行ってらっしゃい。手頃なヤツがあるといいのですが・・・・。

投稿: kit | 2004年2月28日 (土曜日) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウンドカードとアマチュア無線:

« サウンドカード複数利用の勧め | トップページ | 電波形式の表示方法が変更 »