« サウンドカードとアマチュア無線 | トップページ | 季節とノイズ »

2004年2月25日 (水曜日)

電波形式の表示方法が変更

電波形式の表示方法が変更になり一括表示になりました。確かに便利なんだけど、なにか腑に落ちない部分があります。
もちろん、この方法は便法としては賛成なんですが・・・。
自分の分を検索して、旧表示と比較すると・・・・・あれ?みたいな部分がありますね。まぁ、付加装置を拡大解釈しているというか、AF信号をSSBに入れればなんでも同じじゃん・・・・っていえばそれまでなんですが・・・。
だったらSSBでいいじゃん・・・って思う。

個人的にはどうせここまでやるのであれば、変な方法ではなく、包括免許にして欲しかったなぁ・・・と思います。確かに近づいているとは思うのですが、そのやり方がどうも日本的手法なんですよねぇ・・・。
まぁ、ここは日本だから仕方ないのか・・・。

デジタルモードをやっていると、電波形式っていちいち考えるとやってられない(笑)的な部分がありまして、MFSKやGMSKなんて、どう解釈して良いやら僕には分かりません。
なんというか、電波形式そのものを実験しているような部分がありますからね。

ちょっと前にPSK31をF1と解釈され免許された時に「お上の粋な計らい」と評した方もいらっしゃいましたが、僕には「お上の手抜き」としか映りませんでした。
今回はしっかりと「位相変調」として区分けされていますが、その前まで「周波数変調」って免許したのは誰??

|

« サウンドカードとアマチュア無線 | トップページ | 季節とノイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/231210

この記事へのトラックバック一覧です: 電波形式の表示方法が変更:

« サウンドカードとアマチュア無線 | トップページ | 季節とノイズ »