« ZF2NTとのQSO | トップページ | MM-WaveLinkでリモート受信 »

2004年2月29日 (日曜日)

デジタル通信と無線機

昨日に続き、本日もJE3HHT 森omと10メガで交信しました。というか、昨日の僕の説明が下手くそだったので、森omは色々と疑問を感じて待ち受けられた(?)ような感じでした。
昨日はGMSKでしたが、今日はPSK31でした。ソフトはもちろんMMVARIでした。

アマチュア無線用のデジタルモードのソフトは、殆どがオーディオ信号を取り込んでデジタル信号に変換しています。
ここでは便宜上PSK31としますが、PSK31はオーディオ信号として無線機で送信・受信されます。
送信を考えてみると PC(デジタル)->サウンドカード(D/A変換)->無線機となります。受信の場合は無線機->サウンドカード(A/D変換)->PC(デジタル)となります。
でも、IC-756PRO2のようにDSP処理を行う無線機の場合は IC-756PRO2(A/D変換->D/A変換)-サウンドカード(A/D変換)->PC(デジタル)となり、無線機の内部でA/D D/Aと変換を二度行います。D/A変換はまだしも、A/D変換は変換するたびに信号が劣化していると考えるのが自然です。

IC-756PRO2のように、無線機内部でデジタル処理をしているのにD/A変換を行うのは、単純に「アナログ信号(オーディオ周波数)でないと人間が理解できないから」です。
デジタルモードの場合、基本的には音を聞いても符号はわかりません。でも、良く訓練されたオペレーター、例えば僕の場合はPSK31であっても自分のコールサインを「音」で理解することができます(笑)。

内部がデジタル処理されているのであれば、その信号をデジタルのままPCへ入力すれば無線機でのD/A変換とサウンドカードでのA/D変換が不要になり、精度があがる筈です。
その点でIC-7800のS/P DIF端子がマニアには注目されています。
ここには無線機内部で処理された信号がデジタルのまま、出てきます。これをサウンドカードに入れると、サウンドカードはA/D変換をスルーして他の部分のみ処理してPC側へ送ります。

同軸でいえば、25mの長さの同軸でも真ん中に中継コネクターが入っている2本を繋いだケースと一本の同軸が25mのケースと同じ考え方ですね。
中継コネクターは普段は意識しませんが、やはり多少はロスします。したがって、微弱な信号では差がでる・・・というわけです。

音をデジタル化する場合にはサンプリング周波数によって音質がかわりますが、CDの場合は44.1KHZ、DATは48KHZが実質的な上限と決まっています。
PCでCD焼いたりしている方はご存じですが、このサンプリング周波数を変換するのは結構大変です。同時に微妙に音質も変化します。(あ、プロ用の高い機材だと別ですが・・・)

すると、IC-7800から出力された48KHZでサンプリングされたデジタル信号を忠実に受け取るためにはサウンドカードはもちろん、デジタル通信ソフト側も48KHZで受け取ることです。
今回MMVARIでサンプリング周波数に48KHZが追加されたのは、そのような背景があってのことです。もちろん、ほんの僅かな差でしかあり得ません。
本当はこのサンプリング周波数に加えてビットレート(普通は16bit、高級品は24bitの分解能です)が加わるので、話はもっとヤヤコシイのですが、それはまた別の機会に・・・・。

しかし、一晩で追加するとは・・・森om恐るべし・・・。どなたか、ぜひIC-7800でご確認いただけませんか?
森omに申し訳ないのは、僕がIC-7800で実験できないことです。hi

P.S. 単純に光接続という点でもPC側と無線機が電気的に絶縁されるのは有利です。ノイズが減りますから。

|

« ZF2NTとのQSO | トップページ | MM-WaveLinkでリモート受信 »

コメント

福井さん こんにちは~~!
IC-7800はSPDIFといいLANといいデジタル化に美味しい機能を満載し、非常に興味ありますね。AVの世界も、SPIDFは当たり前になってますからね。今後の無線機にも標準装備されることになるんでしょうね~~。 でもやっぱり職人技はすごいですね! pskの音がデコードできる。紙パンチの穴みれば文字がわかる、21 12 14と見れば LD HL,1234H だって判る?!?!  今に磁気カードやICカード指で触れば内容がわかるか????(笑)

投稿: Hajime | 2004年2月29日 (日曜日) 17時40分

昨日psk31のコンテストで、CQして応答がないのでqsyしたところ、自分のコールが聞こえる。そこで元の周波数の信号にあわせたら、やっばり自分を呼んでいる局がいました。
自分のコールは無理でもcqなら判る方も多いはず。

投稿: ji1ani | 2004年2月29日 (日曜日) 17時53分

やっぱり慣れですよね。。 ×「LD HL,1234H」 〇「LD HL,1412H」です。 謹んで訂正しますぅ・・・

投稿: Hajime | 2004年2月29日 (日曜日) 17時59分

そうですね。目とか耳では限界がありますので、やっばりMATRIXみたいに脳味噌に直接データぶち込むのがいいのでは?頭に電極繋いでCQ CQ...サイバーだなぁ。
アレ、マジで最高のMMIだと思います。もちろん、非接触インターフェースの方がいいけど(笑)。

投稿: ji1ani | 2004年2月29日 (日曜日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/246349

この記事へのトラックバック一覧です: デジタル通信と無線機:

« ZF2NTとのQSO | トップページ | MM-WaveLinkでリモート受信 »