« MMVARIでDX QSO | トップページ | コモンモードフィルターの製作 »

2004年2月 2日 (月曜日)

SG-239への電源供給方法

週末にSG-239の設置方法やアンテナワイヤーの張り方を考えていたら、電源供給方法で思いつきました。僕は3軸同軸を使っています。
早い話、シールド層が二つあるわけです。しかも2層のシールド層は電気的には絶縁されています。そこで、一番外側のシールド層に12Vを流して、内側のシールド層は通常通りアースへ・・・。
シールド層2層で電源を供給しよう・・・って考えです。もちろん、同軸にDCを重複させる方法もありますが、工作に自信がないし、万が一無線機のアンテナ端子にDCを流し込むようなことになったら大変。

実は屋上から室内へ同軸やケーブルを引き込むのは結構大変なんです。ですからDCラインをシャックから屋上まで引かないでなんとかならないか?と考えていて思いついたのがこの方法。
今度実験してみます。電気的には全く問題無いハズなんですがね。電源ラインのコモンモード対策もしっかりやる必要がありますね。

|

« MMVARIでDX QSO | トップページ | コモンモードフィルターの製作 »

コメント

初めまして。
SG-239を購入しようと思っておりますが、
販売サイトへ行って、簡単に購入できるものなのでしょうか?
語学力がないので不安なのですが。
ご教授願えませんでしょうか?

投稿: ATU初心者 | 2004年3月21日 (日曜日) 19時42分

ATU初心者さま
このページの右側のAESという米国のお店から購入することができます。クレジットカード決済になります。送料は40ドル程度だと思いますが、購入はやはり自己責任です。AESは私はノートラブルですのでお勧めしたまで。
語学力についてはページをプリントアウトして辞書を使って訳すのが確実です。訳せないのであれば国内の代理店から購入した方が良いと思いますが、購入手続き自体は、それ程難しくありません。
購入は国内代理店ならばリスクは低く、価格も高く、海外からの個人輸入だとリスクは高く、価格は安くという具合です。

投稿: ji1ani | 2004年3月21日 (日曜日) 20時04分

JI1ANIさま
RESありがとうございました。
がんばってみます。

投稿: ATU初心者 | 2004年3月27日 (土曜日) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/160062

この記事へのトラックバック一覧です: SG-239への電源供給方法:

« MMVARIでDX QSO | トップページ | コモンモードフィルターの製作 »