« PHSを使ったネット接続 | トップページ | GM4BAE 18/PSK31 »

2004年8月19日 (木曜日)

CQ誌9月号発売

CQ誌9月号が発売されました。
IC-756Pro3の広告が出ています。今までは7800と756Pro2は2機種として宣伝されていましたが、今回の756Pro3は7800の技術をフィードバックした実戦機という位置づけになり、ICOMのHFトランシーバーのラインアップが完成しました。
また、7800の宣伝コピーの中にアイコムが見つめているのは「誰かの背中」ではありません。アイコムのターゲットは、明日のアイコム自身です。というコピーが加わりました。

とは言うものの、ローバンダーにYAESUファンが多いのも事実。FTDX9000との一騎討ちに備えて、早速7800のファームウェアアップグレードでローバンドにおけるさらなる了解度の向上を行っています。

今年のハムフェァアではFTDX9000が触れるのか?が注目されるポイントになっています。ICOMとしてはデジタル通信と756Pro3で迎え撃つ体制ですね。
今年のハムフェアは色々とあって、ちょっと行けそうにありません。日曜日の午後だと殆どのブースは後片付け中ですし・・・。行ってみたいのですけどね・・・。

CQ]誌9月号はKX-1の解説記事の後編が掲載されています。読めば読むほど、やっばり欲しくなります。でもデジタルモードを考えると、やはり817しかありませんねぇ~。

そうそう、FTDX9000の出力400Wって、日本だとなんとなく中途半端に見えますが、世界的な視野で考えるとリニア不要で単体で最高出力まで・・・ということでリーズナブルな出力なんですね。
そういえば米国でも400W程度のリニアを使っている方がとても多いように思います。このあたりが一つの目安なんでしょうね。

|

« PHSを使ったネット接続 | トップページ | GM4BAE 18/PSK31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/1230546

この記事へのトラックバック一覧です: CQ誌9月号発売:

« PHSを使ったネット接続 | トップページ | GM4BAE 18/PSK31 »