« アベスの聞こえそうな時間 | トップページ | 丘の上のアンテナファーム »

2004年8月 4日 (水曜日)

MMVARI 0.27リリース

アベスの鬱憤を晴らすように(?)MMVARIの0.27がリリースされました。
今回は0.26で追加されたMFSKの復調処理の改善とバクFIXです。実は先日0.26がリリースされてから、MFSKの信号を探してデコードしていたのですが、どうもデコードに入る前とか、受信中に文字化けが発生する確率が高いように感じていました。
僕がMFSKを割と熱心にQRVしたのは1年以上前ですから、記憶違いかなぁ?なんか変な気がするなぁ~って思っていたのですが、やはり問題があったのでしょう。

MFSKの場合、変調中はキャリアの発生がなく、常にピポプポ聞こえるのでAFCのアルゴリズムはPSKやRTTYと変えないとダメじゃないか?って思うのです。

MFSKは良い変調方式なのは0.26リリース時に説明しましたが、実はMFSKは200hzちょっとの帯域幅を取ります。したがって7メガとかではバンドが空いている場合でも「幅取っているぞ」と思いつつ運用するような配慮が欲しいと思います。

またまた、力武さんからお知らせ戴きました。力武さんにMMVARIリリースウォッチャーの称号(?)をさしあげます。僕は完敗です。(今日も昼に確認したのに・・・・)

|

« アベスの聞こえそうな時間 | トップページ | 丘の上のアンテナファーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/1122005

この記事へのトラックバック一覧です: MMVARI 0.27リリース:

« アベスの聞こえそうな時間 | トップページ | 丘の上のアンテナファーム »