« 10kwの巨大バラン | トップページ | 無線機用外部スピーカー その2 »

2005年3月21日 (月曜日)

FT5XO 18/CW

FT-Wは苦戦中で、昨晩初めて声を聞くことができました・・・が、何とか内容がわかるレベルで呼べる強さではありませんでした。これは時間切れかな?
もう一方のFT5XOですが「強い」。昨日は夜から聞いたのですが、10メガも7メガも良いときでS6-8振っています。僕のインバーテッドVはEu向けですから、FT-X方面は完全にサイドなんですが、インバーテッドVなのでサイドはそんなに切れません。でも、やっばりサイドからの信号は弱いです。それでこの強さですから、凄いパイルです。
結局夜半過ぎまでの数時間7と10メガで頑張りましたがダメでした。
どうも慣れない無線機としばらくパイルに参加しなかったために腕が鈍ってしまったようです。トホホ。

今日も休日、夕方からは虎視眈々と狙っている方々が参戦しそうですが、3B9Cの時は14/18でお昼前から聞こえていましたので、多分・・・と考えて、睡眠不足の目をこすりながら11時からスタンバイ。
14メガをワッチしていると18メガでスポット。すぐにQSYすると弱く聞こえます。すでにパイルアップになっていますが、昨日に比べれば「チラホラ」程度。
昨晩は焦ってコールしてオンフレでお漏らししたりと、大変恥ずかしい思いをしたので、今日はもう少し信号が強くなるまで呼ぶのは我慢。
しばらくすると、QSBの谷でも何とか取れるような状態になったので、UP1でQSOした局の周波数で数回コールするとコールバック! All Newです。

やはり200Wの威力かな?100Wの時よりもコールバックが早くなりました。CWやPSK31/RTTYではQROの結果が顕著に出るみたい。
アンテナはバタフライ。18メガは全長3.8mの短縮RDP動作とは思えないほど良く聞こえて飛びます。今回のFT-Xは信号も強いし、パスも安定して開けそうですからアンテナがプアでも結構楽しめそうです。嬉しいな。

|

« 10kwの巨大バラン | トップページ | 無線機用外部スピーカー その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/3378890

この記事へのトラックバック一覧です: FT5XO 18/CW:

« 10kwの巨大バラン | トップページ | 無線機用外部スピーカー その2 »