« IC-7800の送信周波数特性は凄い | トップページ | ALCを振らさない鍵 »

2005年5月 7日 (土曜日)

CardDeluxeの周波数特性

IC-7800の一連の周波数特性を計測しているサウンドカード DAL(Digital Audio Lab.)のCardDeluxeの特性をループバックさせて調べました。以前にも計測していますが、今回はS/P DIFでループバックさせています。
carddeluxe_spdif_loopback
ん~、やっばりフラットですよね。
すると、やはりIC-7800はデジタル入力だと送信周波数が広がり、40hz付近から3000hzギリギリまで(それ以上は法律上マズイ)送信できるのは間違いないようです。これって、アイコム開発担当者の方からの秘密のプレゼントじゃないかなぁ?

デジタル入出力のS/P DIFを搭載したIC-7800に乾杯!!

|

« IC-7800の送信周波数特性は凄い | トップページ | ALCを振らさない鍵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/4020862

この記事へのトラックバック一覧です: CardDeluxeの周波数特性:

« IC-7800の送信周波数特性は凄い | トップページ | ALCを振らさない鍵 »