« CQ ham radio 6月号 | トップページ | 音づくりのための用語集 »

2005年5月21日 (土曜日)

IC-7800は飛ばない無線機?

最高級(?)アマチュア無線機IC-7800を購入して8カ月、だいぶ体に馴染んできたけど、使いこなしている・・・とは言えない。使えば使うほど「なるほど」や「ふ~~ん」や「へぇ~~~」が増える。
ICOMのアマチュア無線機をわりと長く使っている僕だけど、IC-7800は中々その全貌を掴みきれません。

QSOで無線機を紹介すると、(無線機が)凄い! と言われて「性能はどうですか?」と聞かれます。その度に説明するのが「良く聞こえる」ということです。
「良く聞こえる」というのは、感度が良い とか 音が良い とか ノイズが少ない とかではなくて、全て総合的に満足された上で「良く聞こえる」状態になるんだ・・・ということが、初めて理解できました。

実は購入してから一ヶ月程度の期間は悩みました。だってIC-7800は200Wなのに飛ばないのです。IC-756Pro2なら応答があるような信号なのに、IC-7800を使って呼ぶと応答率が悪いのです。

いゃぁ、悩みました。アンテナが接触不良(SWR変化ナシ)、同軸に水が入った(外してテストするも問題ナシ)、パワーメーター振れているけど実際にはパワーがでていない(パワー計で測ると問題ない)・・・・あ~~~、もう、頭ぐしゃぐしゃ。
僕は100万円も出して「スカ」を掴んだのか?! そんなバカな・・・・。誰にも言えず(笑)、人知れず悩みました。

使いだしてから一ヶ月たったころ「どうして7800は飛ばないんだろう・・・」と思いながら21メガでRS55位の信号を聞いていました。IC-756Pro2だったら、コールするとまず間違いなく応答があるような強さです。もちろん、他に呼ぶ局がいなければ・・・という前提ですよ。

う~ん、この局も応答ないかもしれないなぁ~・・・と悲しく思いつつ、ふと、Sメーターを見ると「S1」ではありませんか!!S1???これで??

IC-756Pro2でもS1位の弱く聞こえる局は、呼んでも応答率は悪いです。でも7800だと「S1」程度の弱い信号でも「耳S」だと756Pro2で受信した時の「S5」程度に聞こえるのです。
それからは、Sメーターを良く見て信号を受信するようにしました。すると、7800でS5程度ふれている場合は、756Pro2と同じように殆ど応答があります。でも、聞いた感じはS8-9程度の信号に聞こえるんです。

つまり、僕の耳はIC-756Pro2のSメーター表示と聞いた感じに慣れてしまっているんですね。だから、信号を耳で聞いた感じでS(信号強度)を判断して、感覚的に応答率を推測していたわけです。
聞いた感じで同じように聞こえても、実際の信号強度は7800で聞いた時の方が弱いわけですから、当然ですが応答率も下がる。つまりIC-7800は飛ばない・・・って感じてしまうわけです。

この勘違い(というか、慣れかな?)に気付いてから、信号を受信したらSメーターを良く見るようになりました。するとIC-7800が弱い信号でも実に良く聞こえることに気がつきました。
また、飛ばないのではなく、もともと弱い信号なので応答率が低いのにIC-7800では良く聞こえるので応答があると勘違いしてしまう・・・ってことなんです。

まさに「苦しみ」が「喜び」に変わった瞬間でした。
本当に良く聞こえますよ。IC-7800に触る機会があったら、耳で聞くだけではなく「Sメーター」を良く見て、自分の無線機で同じようにSメーターが振れる信号を思い出して「聞きやすさ」を比較しないとIC-7800の良さに気付かない・・・ってことになります。

使い始めて8か月。僕の体はIC-7800に馴染みつつあります。それに連れて困ったこともイロイロ・・・。ICOMさんは本当に罪なアマチュア無線機を作ったものだ・・・と感じる今日ころのごろです。
嗚呼、こんな体に誰がした♪

|

« CQ ham radio 6月号 | トップページ | 音づくりのための用語集 »

コメント

興味深く読まさせて頂きました。
受信に関し総合的に「良く聞こえる」無線機なんですね。その性能の差は言葉で表現するには難しく、「百聞は一見にしかず」なんでしょうが。
ハムショップでは展示していないので、「百聞は一見にしかず」が体験できないのがとても残念です。

投稿: JA6REX 角縁 | 2005年5月23日 (月曜日) 13時04分

コメントありがとうございます。毎回ちゃんとSメーターを見ている方は気付くと思うのですが、いつも耳Sだったので全然気がつきませんでした。
ここは住宅街の真ん中なので、ノイズも多く6Khzのルーフィングフィルターは強力な武器でノイズレベルがS1-2程度下がります。ですから、とても聞きやすくなるので、記事のようなことが起きたのだと思います。

投稿: JI1ANI | 2005年5月23日 (月曜日) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/4216334

この記事へのトラックバック一覧です: IC-7800は飛ばない無線機?:

» IC-7800 [CQ TEST DE 7K1GQA]
 アマチュア無線 by JI1ANI のBlogにIC-7800は飛ばない無線機?という記事が掲載されています。  IC-7800の耳の良さを表現するのには皆さん苦労されているようです。勿論、聞こえるか聞こえないかという部分では以前にも書いた通り、FT-1000MP MarkVと比べて差があるとは思えないのですが、耳で聞いたときの信号の浮かび上がり方が違うような感じがします。  そろそろFT-DX9000って出回り始めているのでしょうか?比べてみたい気はします。μ同調回路はどうなんだろう?コンテスト... [続きを読む]

受信: 2005年6月11日 (土曜日) 05時28分

« CQ ham radio 6月号 | トップページ | 音づくりのための用語集 »