« ノイズリダクション効果 | トップページ | 床上浸水しました »

2005年6月 4日 (土曜日)

DRAWMER DS-201 その2

DRAWMER DS-201 ノイズゲートの効果が視覚的に分かりやすい方法としてスペクトラムの3D表示がいいみたいです。先日の設定だとこんな感じです。
noiseredu
一番上がエキスパンダー・ノイズゲート共に入れてない状態で、次にエキスパンダー、最後にノイズゲートでバックノイズが消えているのがわかると思います。

このように2段の設定は大変具合がよろしいのですが、使っているとゲートのスイッチングが気になりますね。
モニターしていると結構バタつくことがあるようなんですが、実際の電波ではそんなに影響ないみたいです。
交信していて、相手の方にお尋ねしても気付かないようです。モニターしていると結構気になるのですが、無線の場合は「無音」は存在せずに、信号が無い状態でもノイズがありますから、それで消えてしまうようです。
モニターしていると本当に無音状態になりますので気になるのですけどね。

|

« ノイズリダクション効果 | トップページ | 床上浸水しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DRAWMER DS-201 その2:

« ノイズリダクション効果 | トップページ | 床上浸水しました »