« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月26日 (日曜日)

機材構成 26June2005

現時点での音づくり関係の機材構成です。色々と試して機材の順番を入れ換えたりしていますが、かなり落ち着いてきました。
audiosetup20050626

続きを読む "機材構成 26June2005"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IC-7000のDSPは?

ICOMのホームページにIC-7000の詳細紹介ページが開設されました。ICOMのDSPマシンには大きく二つの流れがあって、一つはIC-7400やIC-7800のTI、もう一つはIC-756ProシリーズのAnalogDevicesです。
IC-7000は7000番の製品ラインアップなのですが、ICOMの説明ページの写真を見るとDSPはどうやら756Proシリーズと同様にANALOG DEVICESを採用しているようです。
DSPの写真を拡大したりしましたが、残念ながらメーカーのロゴは判別できるものの、肝心の品番まではわかりませんでした。

続きを読む "IC-7000のDSPは?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2way i5 QSO

先程14メガで今使っているのと同じマイク AUDIX i5を使っている方と2Way i5 QSOしました。このココログをご覧いただいていらっしゃるようで、僕のi5の記事もご覧になっていました。
以前からi5をお使いとのことでしたが、i5についての感想も大体同じような感想をお持ちとのことです。やはりi5はコストパフォーマンスの高いマイクではないかと思います。
AUDIXと言うと、やはりOMシリーズのマイクが有名なんですけど、だんだんi5も有名になっていくのではないでしょうか? OMシリーズよりも低価格ですし・・・・。

しかし、今日は国内のコンディションがいいですね。全国的に開けていて、近いところも大変良く聞こえます。どこも+20~30dbで安定して入感していますので、ゆっくりとQSOをすることができます。

続きを読む "2way i5 QSO"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土曜日)

VR2XMT 29/FM

今日は強力なEスポがでていて、ハイバンドが結構賑やかでした。29メガのFMでもHLやBYが聞こえていました。
29FMではBYとは未交信なのでワッチしていると、VR2XMTのCQが聞こえました。アンテナをBYに振っていましたので、VR2方向へ調整すると57位で聞こえます。
コールすると一発で応答がありましたが、どうやら先方ではQRMが酷いらしく、中々こちらのレポートが取れませんでした。
なんとかレポート交換ができましたが、VR2との29FM交信は初めてでした。まぁ、聞こえて当然なのかもしれませんが、最近29FMはご無沙汰していて、久しぶりのQSOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EX1200 UltrabassPro

僕の声は少しキーが高くて、カラオケなんかでもキーを下げてもらわないと高い声が出なくなってしまいますので、声域も狭いのかもしれません。
無線でも同じで、もともとの声に低い部分が乏しいため、イコライザーなどで低域をプーストしても、明瞭度に欠けてしまいます。他の部分については大体の感じが掴めて来ましたので、後はパンチのある低域があればなぁ・・・と強く思うようになりました。
そこで、原音を入れると、原音をサンプリングして1-2オクターブ下の音を自動的に生成してパンチのある低音を増強してくれるエンハンサーを試すことにしました。
ex1200

続きを読む "EX1200 UltrabassPro"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月24日 (金曜日)

3B9FR 28/PSK31

3B9と言えば、昨年の3B9Cで色々なバンド・モードでQSO済みな方も多いと思うけど、僕みたいに「やり残し」が残っている方も多いハズ。
常駐局(島は別ですが)3B9FRはQSLもcfmできるし、Robertも結構面白い(失礼)方です。

21メガをワッチしていると3B9FRが579で見える。インド洋方面が開けているので3B9FRの邪魔にならないように1k位上でアフリカ狙いでCQCQしていると、どうも僕のスタンバイに合わせてRobertが送信している。2回目も同じ・・・???
Logger32の2'nd windowで受信してみると、なんとRobertが1khz程下の方で僕に応答しています。Robertさん、結構オチャメ。

続きを読む "3B9FR 28/PSK31"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土曜日)

売ります:ビクター RM-703 2K

rm-a703
ビクター テレビ/ビデオ/BS・CSデジタル/CATV用リモコン RM-A703
本体+説明書+外箱
価格 1.5K(送料込み)

やってしまいました。間違って違う機種向けのリモコン買ってしまったようです。目的の半分であるJ-comのデジタルCATVチューナー(パナソニック)はコントロールできましたが、肝心のテレビがこのリモコンには対応していないのです・・・・。使用時間は30分程度設定を試行錯誤しただけです。

入金確認後、こちらから製品をお送りします。なお、送料はこちらで負担します。受取り後はノークレームでお願いします。まずはメールにてご連絡ください。

売れました。どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不思議なできごと

僕の場合マイクから無線機の間にたくさんの機材がゴチャゴチャ入っていますけど、新しいマイク用に設定を決めている段階で不思議な出来事がありました。
オーディオ用のマイクを利用する場合、良く不要な低域をローカットフィルターでカットしたりします。
固定の場合は80hzとか50hzかな? 可変の場合もあります。僕はグラフィックイコライザーで50hz以下をカットするように設定していました。
この状態で50hz以上をいじくって、あ~でもない、こ~~でもない・・・とやっていましたが、低域を活かした設定にすると、どうも音がこもりがちでヌケが良くありません。

続きを読む "不思議なできごと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zone2 14/PSK31

最近は夜の北米方面はいま一つですが、ず~~~~っと14メガのZone2を狙っています。もちろんWAZのためなんですけど、これがなかなか・・・・。
他のモードだとなんとかなるようなんですが、PSK31となるとサスガに苦しいですね。たぶん現在の常駐局でPSK31にでてくる局はいないのではないかと思います。
僕の記録だとVO2NSだけでしたけど、確か昨年か一昨年に温かい地方へお引っ越しされたとか・・・。
後はF5TBAのZone2 Pedi.ですが、これはもう終わってしまいました。やはりあの時根性入れてQSOすべきでしたね。VO2NSはEuと交信しているのが見えたことがありますけど、カスカスでした。
というわけで、夜に北米に向けてCQCQするのですが、東海岸とは時々QSOできるので、やはりアクティビティがないのが一番の理由かな・・・。
どなたかZone2 PSK31QRV情報をお持ちでしたら、ぜひお知らせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/CWでのアフリカ

溜め込んだSASEを送ってパラパラと戻ってきましたが、最近は一段落・・・と思っていたら、昨日アフリカのQSLが2枚戻ってきました。
両方ともアフリカ、しかも10メガです。アフリカは憧れなんです。いつか行って見たいです。ですから、アフリカが聞こえると、なんか、興奮するんです(笑)。
30mafrica

続きを読む "10/CWでのアフリカ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月12日 (日曜日)

無線用マイク考 AUDIX i5

無線用のマイクにポーカル用を流用している方が殆どだと思います。僕もその一人で、特に音の良さを求めていくと、微妙なニュアンスを良く表現できるコンデンサーマイクということになるようです。
ところが飛ばず音づくりとなると、コンデンサーマイクの繊細さよりも、やはりパンチの効いたダイナミックマイクに軍配があがるようです。
ダイナミックマイクには色々な種類があって、ドラムやバーカッション用として低音(数十hz~200hz)と1.5-3khz辺りに特徴を持たせたマイクがあります。以前から周波数特性をみて興味を持っていましたが、ある方から「AKGD112(打楽器用マイク)で良い音を出している方と7メガで交信した」と聞いて「やっばり・・・」と思いました。
audix_i5

続きを読む "無線用マイク考 AUDIX i5"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005年6月11日 (土曜日)

IC-7800で低音を送信する

S/P DIF入力だと、サイン波でのテストではかなり低い周波数から送信できることが分かっていましたが、実際の音声では僕の地声が高めなこともあって、テストできませんでした。だって、高い声はなんとかなるけど、低い声って出そうと思っても出ない・・・のです。
そこで、ある方法を使って低い声を作って実験した結果が下のグラフです。
20050611pro2rx

続きを読む "IC-7800で低音を送信する"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Z21FO 21/PSK31

もう、出血大サービス中です。パスが開いている時は、必ずと言って良いくらい聞こえてきます。PSK31にハマッた好例ですね。
時々SSBにも出ているようですが、先週は9割がPSK31に出てきたように思います。デジタルモードのZ2はかなりレアだったのですが、大暴落(笑)しました。

過去、他のエンティティーでも同じようなことがありましたが、一過性のバーストに終わることも多く、その後、そのエンティティーからはデジタルモードが聞こえないことも多くありました。
まだの方はお早めに。

また、例のCWの扱いの変更で、南アフリカの無線免許制度が変更になって、従来V/UのみにQRVできたクラスにもHFが開放されました。
そのため、多数の局がZSからデジタルモードにでてきました。コールサインがZRですから、直ぐにわかります。
日本からアフリカが遠いように、アフリカから日本も遠いので、1'st JA!!って喜んでくれる場合も多いようです。雑魚のJAである自分が「1'st JA」って喜ばれると、慣れていないので嬉しいやら、恥ずかしいやら・・・。
やっばり、アマチュア無線は面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金曜日)

DuneStar Systemsのバンドパスフィルター

DuneStar SystemsのバンドパスフィルターはK5Kのペディションでも利用されたものです。シングルバンドの他に1.8/3.5/7/14/21/28の6バンドリモート切り換えタイプがあります。僕は6バンドタイプを購入して暫く使っていました。
IC-706のようにRFのBPFが甘い無線機に使うと、強力な放送局がBPFで除外できるためローバンドで効果があります。中身はこんな感じで、直径30mm程度のコイルとコンデンサーで、しっかりとした作りです。
bpf3

続きを読む "DuneStar Systemsのバンドパスフィルター"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月 5日 (日曜日)

"Sienna"その2

先週ご紹介したDZKitの"Sienna"ですけど、追加の情報がいくつかあります。一つは価格で、先日webを確認した時点では$6000ということでしたが、
the entry level price to be about $3000
という一文が加わりました。
それとも先週見逃したのかなぁ・・・。基本セットが$3000で、フルオプションで$6000ということのようです。デイトンから戻ってwebサイトの情報を代えたりしているようです。HeilのBob社長がDZkitのプースを訪問している写真などが新たにアップされています。
それと"Sienna"なんですけど、色の名前なんですね。茶色です。

続きを読む ""Sienna"その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土曜日)

床上浸水しました

練馬は東京湾と九十九里浜方面から吹き込んだ風がぶつかり合って、良く夕立や雷雨があります。
長くても小一時間程度なんですが、半端でない雨が降りますので、下水があふれることも年に何回かあります。最近は下水道が整備されて回数は減りましたけどね。今日も16時ごろから怪しい天気になって、今は凄い勢いで雨が降っています。
tepco
これは東京電力が提供している雨量・雷観測情報なんですが、練馬はちょうど赤いところです。無線家にとって雷情報はとても便利です。

続きを読む "床上浸水しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DRAWMER DS-201 その2

DRAWMER DS-201 ノイズゲートの効果が視覚的に分かりやすい方法としてスペクトラムの3D表示がいいみたいです。先日の設定だとこんな感じです。
noiseredu
一番上がエキスパンダー・ノイズゲート共に入れてない状態で、次にエキスパンダー、最後にノイズゲートでバックノイズが消えているのがわかると思います。

続きを読む "DRAWMER DS-201 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »