« ノイズキャンセラーヘッドホンの考察 | トップページ | KH9/W0CN »

2005年9月21日 (水曜日)

CQ ham radio 10月号発売中

CQ ham radio 10月号が発売中です。10月号では僕の使っているマイクHeil PR-40がWB6Z 古谷さんのレポートでカラーページで紹介されています。
実際に使った感じで周波数特性はとてもフラットだろうな・・・とは思っていましたが、測定データをみて納得。
でも測定データでは60hz辺りがかなり落ちていますが、使った感じではそれほどおちているようには感じません。低域がとても伸びている印象ですし、そのようなレポートを頂いています。
このマイク、少し高いですけど、僕のオススメのマイクです。色々な処理をしなくても無線機につなぐだけで結構いい音が出ると思います。特に高音にかけての艶が特徴です。
低音はコンデンサーマイクでも出せますが、この艶がPR-40の特徴だと思います。

オーバンドエキサイターも圧巻です。表紙を飾るだけのことはありますね。VFOの制作は大変だけど、シングルバンドのVXOだったらなんとかなるかも・・・なんて思ってしまいました。
でも、その前にノイズキャンセラーヘッドホン改造をモノにしないと・・・。

|

« ノイズキャンセラーヘッドホンの考察 | トップページ | KH9/W0CN »

コメント

>色々な処理をしなくても無線機につなぐだけで結構いい音が出ると思います。

そうなんですよ。どうやらそのようです。
実は、先日、音にうるさいOMさんに聞いて貰ったところ、『BBPさん、イコライザとか使わないで、ダイレクトでやった方がいいんじゃないの?』とのコメント。 

がーん!! ワ、ワシの2年間の努力は何だったのじゃ~、と、ショックを受けてしまいました。 まあ、PR40の素性がそれほど良いと言うことなんだと思います(スッピン美人という意味です)。 

『スッピン』か、『薄化粧』か、或いは、フォルマント自体をも変える『厚化粧』か、本件近いうちに、当方のBlogでも取り上げたいと思います。 

投稿: JA1BBP 早坂 | 2005年9月22日 (木曜日) 12時33分

>がーん!! ワ、ワシの2年間の努力は何だったのじゃ~

確かにそのような面はあります。でも、スッピンが心地よい時も、薄化粧が似合う場所も、厚化粧が嬉しいこともあるじゃないですか?
無駄ではありませんよ。(意味不明・・・)

投稿: JI1ANI 福井 | 2005年9月22日 (木曜日) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/6052689

この記事へのトラックバック一覧です: CQ ham radio 10月号発売中:

« ノイズキャンセラーヘッドホンの考察 | トップページ | KH9/W0CN »