« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月27日 (火曜日)

アンテナの方向

地上高13m全長14mの短縮型インバーテッドVでK7Cに挑戦中ですが、昨晩方向を張り替えた甲斐があって、80mのCWができた感じです。
「できた感じ・・・」ってのはログが混雑していてアクセスできないため、確認できないからです。ちょうどこの時間は北米が午前中、ヨーロッパが夕方~夜です。
アクセスが集中しているんじゃないですかね?

それと、80mは一回QSOしたつもりなんですが、ログに載りませんでした。空耳かなぁ・・・先日の10メガといい、耳が鈍ったのかもしれません。
なんとなく・・・ですが、どうもコールを繰り返す方が多いのは、原因が僕だけ・・・ではないような気もする・・・。
でも14メガは5分も呼ばずにQSOできました。7メガは信号も強いのですがパイルがキツイですね。さすが7メガです。

続きを読む "アンテナの方向"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月曜日)

K7C 強いです

今晩の80mはとっても強い。僕のところの全長14mの短縮インバーテッドVで、本当に599です。ビックリ!!
7メガも強いのですが、やはり7メガは競争が激しくて10メガみたいには行きません。2時間呼んで「これは無理そう・・・」なので、屋根にあがってインバーテッドVの方向を調整。
一応S1-2程度は強くなったかな??って感じ。
実は東西に近い形で張ってあるので、K7Cの方向は苦手なんです。エレメントの片方だけ、少しかえてもSがあがる。
10メガはバッチリだったので、3.5/7のエレメントを10メガに位置に直した方が良さそうです。予想はしていたんですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日曜日)

K7C初日 DXAに感動

Kure Is.のペディションの運用が夕方に始まりました。14と10メガの運用で、14は凄い状態なので10メガへ・・・。14よりは少ないかなぁ・・・。
信号は結構強くてS7程度。15khz程度に広がっていて、上へ下へと大忙し。やっとQSOできた・・・って安心して、少しテレビに浮気。

暫くしてらログを確認すると・・・・「無い」。初日から勘違いです。14メガのSSBは少し弱くて苦しい・・・。
10メガは安定して聞こえるので、少し呼んでは休み(EU指定)、テレビを見てはワッチして、先程やっとQSOできました。今度はDXAにも載ったので安心。

続きを読む "K7C初日 DXAに感動"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

WW RTTY コンテスト

先日までのコンディションを考えれば、良いコンディションに恵まれていると言っても良いのではないでしょうか? 中米あたりも聞こえますが、イーストコーストは聞こえませんでした。それと、北米方面に比較するとEU方面がいま一つのように感じます。

昨晩もA61AJが7メガで強力な信号を送り込んできましたが、中々取っていただけません。まぁ、毎回のことですからあんまり真面目に呼ばなかったのですが、昨晩は私のところでS9+になりました。QSOできたのはその時でした。
でも、相手側では結構苦しそうな感じ・・・・。A61AJがS8位で聞こえてもQSOできるのはビームやアンプを使っている局だけのようです。
その後、80mでもA61AJの信号を見ることができましたが、信号は弱く、QSOできた局も少ないようです。7メガの状況から、僕は見るだけ・・でしたが、見えたことはとても嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土曜日)

C21SX 28/CW

G3SXW と G3TXF ゴールデンペアによるペディです。役割分担もいつもと一緒でWARCバンドはC21XFです。
あの軽快なCWがまた聞けて嬉しいです。どういうわけか、この二人のCWを聞いていると「楽しいよぉ~」って聞こえるのです。不思議だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HC2NGF 21/RTTY

コンテスト待ちのQRVです。RTTYに慣れていないのか、CQ TEST CQ TESTとか、レポートが599 10 なのはご愛嬌。
HCのRTTYは大変貴重です。もちろんモードニュー。エクアドルはHC8Nの活躍でWAZ的には雑魚に近くなっています。
なんか、応答も遅くて、まるで今話題のLEDのようです。数分してから応答があったり・・・。
ノンビリペースで何回かコールしてQSOできました。コンディションは上々、コンテストは久し振りに楽しめそうな雰囲気です。
K7Cも秒読み段階ですが、準備に手間取っているようです。ちょっと遅れてQRVすることになるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金曜日)

興味深いK7C Pedi.

明日の朝にはK7Cペディションが開始されます。メンバーは既にKure島に上陸しており、1m以上の波が立っている中を機材の陸揚げとステーション建設を行っているとのことです。
QRVは明日の9:00JSTとアナウンスされていますが、準備の進み具合でもっと早くQRVするとのことです。

今回のペディの注目はインターネット接続を衛星経由で行い、ベディ局の運用周波数やログチェックがオンラインでできることです。
DXAというソフトで実現しているのですが、クライアント側である呼ぶ側はプラウザーのみでアクセスでき、ペディのページからアクセスできます。
dxa

続きを読む "興味深いK7C Pedi."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノイズキャンセラーヘッドホン その2

今日、もう一回いじってみましたところ、先日の分析が間違っていたことに気がつきました。
下の写真で緑色の基盤の上方の左右に半固定ボリュームがあるのですが、先日はステレオの左右のノイズキャンセルレベル調整(マイクゲイン調整)だと思いましたが、これ、実はもっと高度なもののようです。
左側は低域のレベル、右側は高域のレベル調整でした。でもって、低域は左側、高域は右側のヘッドホンに動作するように聞こえます。
両耳で聞くから、頭の中で合成するのかなぁ・・・・・?? ナゾです。もう少し使ってみないと、バラしても何をやっているのかわからなくなってしまうので、実験は暫く先になりそうです。

半固定ボリュームを調整したところ、ノイズキャンセル効果がかなり高くなったように思いますが、聞いた感じでしかレポートできないのが残念です。
noisecancel

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KH9/W0CN

21.295に出てきました。ビーム方向も周波数もK7Cと一緒ですから !!! って思ってしまいます。
こんなコールサインだったかな?なんてちょっと間違えそうになりましたが、やっばり違うじゃん・・・・。
でも方向も一緒だし・・・ということで、ついつい自分の電波が飛んでいるのかの確認でコールしてしまいました。
「ANI?」おっ、一発でコールバック。「じゃば~ん いたり~・・・・(ヘッヘッヘ)」ってコールすると「Guys only ANI」とのこと。
うわ~~潰されて届いていない・・。
ということで、無事QSOはできましたが、K7Cでは苦労しそうです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水曜日)

CQ ham radio 10月号発売中

CQ ham radio 10月号が発売中です。10月号では僕の使っているマイクHeil PR-40がWB6Z 古谷さんのレポートでカラーページで紹介されています。
実際に使った感じで周波数特性はとてもフラットだろうな・・・とは思っていましたが、測定データをみて納得。
でも測定データでは60hz辺りがかなり落ちていますが、使った感じではそれほどおちているようには感じません。低域がとても伸びている印象ですし、そのようなレポートを頂いています。
このマイク、少し高いですけど、僕のオススメのマイクです。色々な処理をしなくても無線機につなぐだけで結構いい音が出ると思います。特に高音にかけての艶が特徴です。
低音はコンデンサーマイクでも出せますが、この艶がPR-40の特徴だと思います。

続きを読む "CQ ham radio 10月号発売中"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火曜日)

ノイズキャンセラーヘッドホンの考察

ノイズキャンセラーヘッドホンのアルゴリズムをもう一度冷静に考えてみました。たぶん、僕だけだと思うのですけど、イヤーカップ内にマイクがある・・・ってのは想像外の出来事でした。
実は購入するまで、マイクはイヤーカップの外側に向いていて、イヤーカップ外部の音を拾っている・・・と勝手に理解していました。ところがイヤーカップ内部にマイクがあるわけです。
イヤーカップに侵入してきた外部雑音をマイクで拾ってキャンセルしているのは理解できます。でも、マイクはイヤーカップ内に充満している本来の音楽も拾っているわけです。動作原理は(雑音+信号)-雑音=信号には違いありませんが、想像していたよりも複雑なようです。

続きを読む "ノイズキャンセラーヘッドホンの考察"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月曜日)

ノイズキャンセラーヘッドホンの中身

さて、この連休は温泉旅行だったため、ノイズキャンセラーヘッドホンの作業は殆ど進んでいません。
一応、バラすだけはやってみて、マイクの場所も判明しました。マイクはイヤーカップの下部にエレクトレットコンデンサーマイクが入っています。
noisecancel

続きを読む "ノイズキャンセラーヘッドホンの中身"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土曜日)

ノイズキャンセラーヘッドホン届きました

火曜日に注文したTARGUSのノイズキャンセラーヘッドホンAMW02APが届きました。写真通り(当然?)でしたが、質感は同一価格のヘッドホンと比べると落ちますが、アクティブノイズキャンセル回路が追加されているので、しかたのないところです。
でも、装着感は悪くありません。ヘッドバンドの伸び方も自然ですし、頭を締めつけるような強い圧迫感もありません。
僕の頭は大きめなので、ヘッドホンの中には装着していると頭痛がしてくるものもあります。

さて、実際に使った感想ですが・・・・

続きを読む "ノイズキャンセラーヘッドホン届きました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

37インチ液晶テレビ 使用感

液晶フルHD37インチテレビモニターを使って、気づいた点や自分の間抜けな点を少し・・・。
まず、今回購入した三菱液晶テレビ REAL LCD-H37MRH4ですが、やはり1920*1080の解像度は凄いです。
ハイビジョン放送にドットが1:1で対応しますので、テロップなどはPCモニターで表示したようにエッジでビシッと表示されます。ハイビジョンを意識して制作されたアニメなどは、それはもう凄いことになります。PCのお絵描きソフトで描いた画像が動くわけです。特にアニメ好きというわけではありませんが「凄い」と思いました。

僕のところはJCOMのケーブルですから、テレビのチューナーは一切使用していません。テレビは単なる入力切換モニターとして使っています。

続きを読む "37インチ液晶テレビ 使用感"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火曜日)

ノイズキャンセラーヘッドホン

ノイズキャンセラーヘッドホンを注文しました。数年前から発売されていますが、今年に入って多数のメーカーから発売され、価格も安い製品もでてきました。
無線用としてはHeil社のQUIET PHONEが有名でベディでも実績があるようです。
低価格な製品としてはエバーグリーンのDN-ANC2 や、TARGUS(鞄が有名)のノイズキャンセラーヘッドホンAMW02AP、そしてクリエイティブのCreative Headphones HN-505があります。いづれも4000円を切る価格で販売されています。
今回はアスキーのレビューを参考にして、TARGUSの製品を購入しました。
targus 

続きを読む "ノイズキャンセラーヘッドホン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土曜日)

リバーブを使って広がりを出す

JA1BBP早坂さんが、NoiseGateの効用を音声ファイルで比較されています。ノイズゲートの特徴を大変よく表していて、効用が良くわかります。
エキスパンダーも効用は基本的にはノイズゲートと同じと思って差し支えありません。ノイズゲートやエキスパンダーはバックグラウンドノイズを削減して、音声のS/N比を向上させますが、キツめに入れると問題点もでてきます。

それはノイズゲートやエキスパンダーでスレッショルドレベル以下の音をカットすることで、周囲のノイズと一緒に声の自然な残響音などが消えてしまい、声がデッドになってしまうことです。
つまり「鳴り」の部分が消えてしまって、本当に発生した声のみになってしまうのです。「鳴り」の部分は声の潤いや広がり感に非常に重要です。

続きを読む "リバーブを使って広がりを出す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラスXのフレア連続発生中

いゃぁ、先週からXクラスのフレアが連続して発生して、コンディションは×。特に昨晩の22時ごろに、初めてブラックアウトを「体験」しました。
7メガを聞いていると、突然ス~~ッと信号が落ちて、シ~~~~ンとなってしまいました。今日も、まぁ、国内くらいなら・・・と思ってワッチしたけど、北海道が弱く聞こえるだけ・・・。
この調子では明日もだめですねぇ・・・。ちょうど昨日のフレアの衝撃波も到着するし・・・・。この週末はテレビ三昧ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

37インチ液晶テレビ

大型テレビを購入することになった。現在の17インチのテレビは実家の母が「欲しい」「欲しい」と、実家に行くたびに言われるので、実家へQSY。
あ、実家にお古を押しつけているわけではありません。昨年は32インチの大型テレビを買ってあげたばかり・・・・なんですが、どうしても寝室にもテレビが欲しいそうです。
ふむ。最近、テレビの視聴年齢はテレビ局の人が想像している以上に高齢化しているのではないでしょうか??

ということで、楽しい買い換えです(笑)。
実は一昨年大型テレビ購入を検討したことがありますが、ご存じの通り、軍資金は7800へ流れたのでした。

続きを読む "37インチ液晶テレビ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月 4日 (日曜日)

コンディション悪いですね

今週末はAAコンテストですが、コンディションが大変悪くて、あんまり聞こえませんでした。土曜日の夜はやや持ち直したようですが、また、悪化・・・。
コンテストどころか、満足に国内も聞こえません。その代わり、オーロラが大変綺麗に見えているようです。
この時期、あんまりオーロラは活発ではない筈ですが、こんなに綺麗に見えるのですね。前サイクルのピークではオーロラツアーが盛んでしたが、これなら今年も来年もツアー出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月 3日 (土曜日)

T88GG 29/FM

T88GGが29.6でスポットされたので聞いてみると、結構良く聞こえます。最初通常の帯域幅で聞いていましたが、どうもノイズが多くて、変調が薄い気がする。
もしや・・・・と思って帯域を7Khzまで狭めてナローFMにしたらパッチリ!

でも中々コールバックがありません。全体的に西日本~大陸方面へのコールバックが多いことから、東方面はあんまり開けていないようです。
FMは完全な弱肉強食なので、ガンガンに開けている地方や自分より良い設備の局と一緒に呼ぶのは無意味です。

しばらくワッチしているとQRZ?が出だしました。1エリアにもコールバックがあります。でも僕にはコールバックがありません。
電波はでているんですけどね。で、良く確認したら・・・なんと7800の入力切換をPSK用にしたままでした。
いゃぁ、大失敗。一生懸命コールするつもりで無変調出していました。ちゃんと変調のせたらQSOできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IC-7800 戻ってきました

突然の不調に見舞われたIC-7800ですが、修理が完了して手元に戻ってきました。原因は単純で、ファイナルデバイスの製造段階での不良とのことです。
今回は多数生産されるデバイスの中には当初検査を通る品質でも、急激に劣化して不良となる・・・というヤツではないかな?
今回少し驚いたのは、全く受信ができなくなってしまったこと。従来の感覚だと、送信部分が故障しても受信はできる・・・という状態が普通でした。今回はファイナルデバイスの不良により過大な電流が流れそうになるので、7800で電源が入らないように制御しているようです。
いゃぁ、無線機も進歩しているんですね。僕は受信もできないことから、てっきりメインポード(送受兼用)まで含めてロジック系が故障した・・・と思っていました。

続きを読む "IC-7800 戻ってきました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金曜日)

売ります:オンキョー SE-150PCI 6K

se-150pci-3
オンキョー PCIデジタルオーディオボード SE-150PCI
本体+説明書+保証書+付属品一式+外箱  約一週間利用
価格 6K(送料込み)

購入したものの、デジタル録音再生を同時に行うことができないため、売ることにしました。
普通のオーディオポードとしての評価はこちらが参考になります。
なお、上記の評価中の問題についてはVIA Technologiesの最近ドライバーでは解決されています。

音は評判通り、価格を考慮しなくてもかなりの実力を持っています。もちろん価格を考慮すると最高クラスだと思います。
鳴りかたが自然でPCのオーディオカードの音ではなく、オーディオ装置のような鳴りかたをします。

入金確認後、こちらから製品をお送りします。なお、送料はこちらで負担します。受取り後はノークレームでお願いします。まずはメールにてご連絡ください。

売れました。ありがとうございました。

続きを読む "売ります:オンキョー SE-150PCI 6K"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »