« オプティカル・同軸コンバーター | トップページ | Logger32 Ver2.5公開 »

2005年11月 6日 (日曜日)

オーディオ周波数の測定

オーディオ周波数帯域の調整や計測にいつも使っているソフトを紹介します。他にも色々と試しましたが、フリーソフトの中ではこのソフトが一番。アマチュア無線家でも愛用者が多いようです。
オーディオ周波数帯域の計測用としては WaveSpectra です。サウンドシステムが入っているPCにインストールして、受信機のイヤホンジャックとパソコンのマイク(or ライン入力)を接続すれば準備完了です。
耳で聞いただけではなかなかわからないような音の情報を目で確認することができます。FTDX9000はオーディオ周波数を表示するスペクトラムスコープ機能があるそうですが、全く同一と考えて構いません。

これは大変便利です。百聞は一見にしかずという諺通りですから、ぜひ一度試して、耳で聞いた音を目で見ることをお勧めします。
音づくりに於いて自分の耳が「良い」ことは大変に重要な要素ですが、これには複数の要素があって「感じる」部分と「分析」する部分の両方が必要です。
「感じる」部分は、良い音楽を聞いたり、ヘッドホンを高級品にして「良い音」を聴き続ければ良いのですけど、「分析」する部分は、どの周波数帯域が低いとこもった感じになって、どの周波数帯域のレベルが高いと温かい感じになるのか?みたいな部分です。
これ、耳で聞いているだけでは中々鍛えられません。スペクトラムスコープで波形を見ながら聞くことで具体的にわかるようになってきます。

もう一つは低周波発振器、つまりオーディオジェネレーターです。僕がやっているように送信周波数帯域を調べたりすることができます。重要なのはスィープ機能です。例えば50hzから3000hzまで発振周波数を連続的に変化させることができる機能です。

スペクトラムスコープの作者 efuさんがWaveGeneを公開されています。こちらもオーディオジェネレーターとして大変使いやすいフリーソフトです。
パソコンのヘッドホン端子と無線機のマイク端子を接続して、無線機を送信状態にすればWaveGeneの信号が送信されます。もう一台の受信機で受信してWaveSpectraで計測するわけです。
WaveGeneを使ってTwo Toneを発生させて送信し、別の受信機で受信してWave Spectraで表示すれば簡易的にIMD特性を見ることもできます。

両方のソフトはサウンドカードを使いますので、測定器としての質はサウンドカードで変わりますが、普通のサウントカードでも音作りの用途には十分に使えます。
プロ向けのサウンドカードをフルに動作させる設定にすれば誤差約1hz単位で計測できます。10メガでBPMのチック音を受信して計測すればゼロビートよりも正確に合わせることができます。もちろん、最初にMMVARIを使って、サウンドカードの誤差の校正を行った後でないと駄目ですよ。

|

« オプティカル・同軸コンバーター | トップページ | Logger32 Ver2.5公開 »

コメント

こんにちは。坂口です。
タイムリーな情報有難うございます。早速試してみたいと思います。
話題は変わるのですが、特に最近ワッチしてると素晴らしい音質の方が多いように思うんですが、皆さんモニターはどういう方法でされてるんでしょうか。無線機を通した音の再現を聴く上で何か工夫されてることは・・?

投稿: JA1BCC/坂口 | 2005年11月 6日 (日曜日) 16時21分

坂口さんこんにちは。
皆さん送信しているトランシーバーとは別に受信機を用意されて、送信した電波をモニターされているようです。
トランシーバーのモニターでは音質面の評価は難しいです。もちろん参考にはなりますが、実際に送信されている音とは別の音が聞こえます。
別の受信機は感度は高い必要はありませんが、フィルターが甘いものが良いです。2.7khz程度は欲しいですね。できれば3.2khzsあるといいです。私の場合はIC7800で送信して、IC756Pro2で受信しています。
FT817に2.6khzのフィルターでモニターしてみたのですけど、結構モニター器として使えると思います。もう少し広い2.8khz位のフィルターがあれば最高なんですけどね。

投稿: JI1ANI 福井 | 2005年11月 6日 (日曜日) 17時46分

こんばんは。やはりそうですよね。最近自分の音が気になり始めて(気にする前に信号弱いよ・・・といわれそうですが)これも趣味の世界だし遊んでみたいなと思ってます。今後とも宜しくお願いします。

投稿: JA1BCC/坂口 | 2005年11月 6日 (日曜日) 21時55分

坂口さん
別にワイドなフィルターが無くても別の受信機で電波をモニターできるといいんですけどね。
後はローカル局に聞いていただく方法もあります。
なお、別の受信機でモニターする場合は、アッテネーターを使ってSメーターがs9+10db位で聞くと良いです。
それ以上メーターが振れる状態だと、今度は受信機側で歪んだりして、これまた送信音とは違って聞こえてしまいます。

投稿: JI1ANI 福井 | 2005年11月 7日 (月曜日) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ周波数の測定:

« オプティカル・同軸コンバーター | トップページ | Logger32 Ver2.5公開 »