« NHKの秘密 | トップページ | FT-817 小型マイク完成 »

2005年12月31日 (土曜日)

FT-817 ラジアルセット

FT-817用に作ったお出かけラジアルセットです。マルドル製のminiマグネットマウントは、ホテルの部屋に無線機置いて、ベランダにアンテナ出すような時とか、持っていると大変重宝します。同軸も細くてとてもコンパクト(これが大切)です。

miniマグネットマウントのベースはプラスチックなんですが、内部に鉄製のベースがあって、コネクターとマグネットは鉄製のベースに接続されています。
外側の樹脂を削って鉄製のベースにキボシ端子のメスをハンダ付け、ここへラジアルを接続します。写真一番右側の下側に上を向いたキボシ端子が見えます。
ft817_radial_set

FT-817はコンパクトなんで、ラジアルもスマートにしたい・・・と考案したのが左側の品々です。
僕は15年前位はウルトラモバイラーで、鞄に単三2本で動作する薄型PCにドライバーやミノムシクリップ付きのモジュラージャックを入れて、全国どこからでもパソコン通信していました。その頃買い集めた品々をラジアルに再利用しています。
再利用ですが、思い出の品々なので従来の用途にもそのまま使えるように考えました。

写真右から

1.マルドルminiマグネットマウントBNCタイプ。
  マグネット付きで鉄製の手すりなどに固定できてミニ三脚よりも潰しが効きます。

2.モジュラープラグとキボシ端子オスの変換ケーブル。
  モジュラーケーブルは4線を使います。中央の2本「だけ」をキボシ端子経由で接続します。接続先はminiマグネットマウントか、817本体後部のアース端子(マグネットマウントを使わない場合)

3.中継コネクター
  普通の4芯中継コネクターです。無改造です。

4.巻き取り君
  4芯平型モジューラーケーブルが2.5m程巻き取られています。両端モジュラープラグ付きの巻き取り式モジュラーケーブルです。収納がとってもコンパクト。これも無改造。

5.中継コネクター
  普通の4芯中継コネクターですが、内部を改造して、内側の2本をそれぞれ外側の2本とショートして終端として使います。

モジュラーケーブルをラジアル線に使ったのは、4本を組み合わせてリニアローディングとして電気的に長いラジアルにしようと思ったからです。
また、細いビニール単線よりも4線の方が幅があるためか、結構良好なラジアルとして動作するように感じています。

巻き取り君の2.5mの4芯モジュラーケーブルは、一番左側の改造した中継コネクターで内側の2本がそれぞれ外側の2本へ折り返して5m×2本のラジアルになります。

アンテナアナライザーで共振点を見ると2.5メートルとして31メガで綺麗に共振しますが、ヘアピンのように折り返してあるため、5mとしてインピーダンスはメチャクチャですが14.5メガ付近でも共振点があります。

折り返し方法を逆にして、外側を無線機へ接続して終端で内側へ折り返すと14.5メガの共振点は現れません。不思議ですね。
最初に3本を使って2回折り返しの7.5mにチャレンジしましたが、アナライザーで見る限り31メガ以下では共振点はありませんでした。全ての組み合わせをテストしていませんから、折り返し方法やモジュラーケーブルの材質によっては可能かもしれません。
実は当初はストレートで2.5mラジアル×1、2回折り返しで7.5mラジアル1本を全長2.5mで実現できたら・・・って狙っていたのです。残念・・・。

今回はラジアルでしたが、モジュラーケーブルはアンテナエレメントにも使えますので、パワー入れるのはちょっと無謀だと思いますけど、QRP限定なら短縮アンテナを作れる可能性は十分にあると思います。
今回は単純な折り返し型でテストしましたが、コイル型(とても薄く潰したコイルのように接続)にして非常に細長い1回巻きの2重ループや、2回巻きループとして考えることも可能です。

ツイストしている点で少し難しいかもしれませんが、LANケーブルもアンテナ線として考えてみると面白いかもしれません。あ、シールド付きのLANケーブルはダメですよ。

各局の追試を期待します。

本年はこのプログをご覧いただき、ありがとうございました。また、コメントや情報をお寄せいただいた方々、本当にありがとうございました。
新年企画として初売り(?)も考えておりますので、来年も宜しくお願い致します。

|

« NHKの秘密 | トップページ | FT-817 小型マイク完成 »

コメント

昨日は交信有り難うございました。
教えて頂いたBPF150Hzの技を早速使って
14MHzのPSKで交信していました。
デコード率が桁違いに向上できますね!
凄い! 有り難うございました。
また色々と福井OMのページを参考にさせて頂きます。
最後に...記事内容と違っていてすみません。(^^;

投稿: JM1LQW | 2005年12月31日 (土曜日) 22時32分

菊地さん
早速BPFをお使いになったようですね。そうなんですよ。デコード率が凄く上がるのです。
QRMの時はもちろん、静かなバンドで超DX時にも使える技ですので、どんどん使ってください。
手で操作するのは・・・・なかなか難しいけどマクロなら一発ですから。

投稿: JI1ANI 福井 | 2005年12月31日 (土曜日) 22時42分


福井OM 新年おめでとうございます。
PSKに更にハマってしまいそうです。
早速マクロ作成に取りかかっています。
が...その前にCQ出しちゃうんですよね! HI

マクロの仕様としてはRX周波数と1500Hzのオフセット分を無線機に対しては加算。
PSKのスクリーンに対しては送受信周波数を減算という感じかなぁと思っています。

しかし、手がまた勝手に送信ボタンを...HI HI

投稿: JM1LQW | 2006年1月 1日 (日曜日) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/7905392

この記事へのトラックバック一覧です: FT-817 ラジアルセット:

« NHKの秘密 | トップページ | FT-817 小型マイク完成 »