« 59+40db China Radioは強い! | トップページ | IK1MNJ 10/RTTY »

2005年12月11日 (日曜日)

IC-7800の受信音質をアップ? その4

少しでも良い音で受信するため、7800のデジタル出力をサウンドカードでD/A変換してからオーディオ用のパワーアンプでスピーカーを鳴らす作戦は、音質的には十分満足できる結果となりました。
S9程度の信号だと、かなり詳細に相手の状況が分かりますし、ゼロインしやすくなって、今までのように10hz単位ではなく、5hz程度のズレでも判るようになりました。スピーカーを変えて、今までより低い周波数も聞こえるようになったことも大きな要素ですが、これには少し驚きました。昼間の7メガの上の方をワッチしても、実は皆さんお互いにズレたままラグチューしていますね。

但し、このような方法は無線機の本来の使い方ではないので問題点もあります。一つ目は.メインバンドのみの受信時に左SPから「のみ」出力される点です。
でもこれは好みの問題で「それが普通でしょ?」という方も多いと思いますが、僕はやはり両方のSPから出力したい派です。
もう一つの問題点は「スケルチが効かない」点です。スケルチは7800のスピーカーとヘッドホン回路で動作するため、ライン出力では効きません。当然ですがデジタル出力でも無効です。

最後はボリュームがメインとサブが一緒にしか調整できず、且つパワーアンプのボリューム(当然ですけど)でないと可変できない・・・という点です。
操作性という面では最後のボリュームの問題、好みの点ではメイン受信のみの片側からの出力、最後のスケルチはあまり使わないので、まぁ、我慢できます。

ボリューム可変はあんまりしない方ですけど、パワーアンプに手を伸ばすはやはりちょっと面倒(遠い)なので、サウンドカードのアナログ出力とパワーアンプの間に手持ちの小型ミキサーを押し入れから引っ張りだして入れてみました。
ラインレベルを変動させるのはあんまり勧められない方法ですけど、これが思いの外便利。
やはりボリュームを手元で可変できるのはとても安心感があります。また、メイン受信の左チャンネルをパン操作で左でも右でもセンターでも定位できますので、メイン受信のみの場合はセンターに定位させて、両方のスピーカーで聞く事ができます。

今のところ2チャンネル(7800のメインとサブ)しか入力していませんが、他の無線機のオーディオ出力も入力してあげれば、一組のスピーカーが全部で3台ある無線機の外部スピーカーになります。ついでにPCの出力を入れてしまうことを考えています。
ただし、このミキサーを入れると微妙に音質が変わります。う~ん、なんかこうマイルドになる感じですかねぇ・・・。もちろん、ほんの少し・・・ですけどね。今回は利便性というメリットの方が全然上です。

このミキサーは友人から格安で入手したもので、少しの間マイクアンプ替わりに使っていました。ベリンガーのUB502です。今年になってCQ誌にも紹介されましたね。
ub502
ファンタム電源はありませんので、ダイナミックマイクやラインのミキシング用途になりますが、このコンパクトさは無線機がデ~ンと机を占領している状態では、大変助かります。
色々な実験する時など、一台あると便利なミキサーです。
ただし、マイク「も」使えるミキサーで、マイクのプリアンプとして使うのであれば、やはりマイクプリアンプを購入することをお勧めします。マイクとBGMをミキシングして送信する機会は、普通の方は殆ど無いと思います。
今回、80hzのイコライザーが思いの外、受信音質改善に役立つことを発見しました。受信音質のように相手やお空の状態で可変する必要がある場合は、グライコよりもパライコの方が便利ですね。

デジタル出力の方の低域を心持ち持ち上げて、高域を下げてあげると、アナログのライン出力と周波数特性が似た状態になります。
この状態で聞き比べしてみましたが、やはりデジタル出力の方が解像度と透明度が高いわりには、太めの音で聞こえます。また、雑音が耳に優しく聞こえます。
もちろん、同一音量で比較しましたが、デジタル出力の場合は少し音量が下がって聞こえます。

音量がが同一でも、聴いた感じで音が少し小さく聞こえる場合は歪みが少ないことが多いです。
他の方はわかりませんけど、少なくとも僕の耳にはオーディオシステム(ミニコンポです)で音楽などを聴いた時でも、そのように聞こえます。
もっとも、音が小さく聞こえる状態は、他の方だと別の表現があるかもしれませんけど・・・。

でも雑音が耳に優しくなるのはなんででしょうねぇ・・・。変なノイズの無い50メガでも同じ結果。出力レベルと周波数特性もかなり似ているんですけど・・・・聞いた感じだと、ディジタル出力の方がかなりノイズレベルが低く聞こえるんです。
RTTYモードだと顕著です。レベルメーターで周波数毎のレベルを見ても同じなんですけどねぇ・・・。

|

« 59+40db China Radioは強い! | トップページ | IK1MNJ 10/RTTY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC-7800の受信音質をアップ? その4:

« 59+40db China Radioは強い! | トップページ | IK1MNJ 10/RTTY »