« 売ります:オンキョー SE-U55GX 9K | トップページ | TARA RTTYコンテスト »

2005年12月 2日 (金曜日)

IC-7800の受信音質をアップ?

IC-7800で聞いていると音が良い。これは音を聞けば誰でも判る程、他の無線機と差が出るポイントです。
音が良い理由は色々と考えられますけど、全体的に歪みが少ないことが大きな理由のようです。

内部のDSPで処理した後D/AコンバーターAK4394でアナログデータに変換され、オーディオ信号として増幅されます。
IC-7800のアナログ出力には3種類あってD/AコンバンターのあとにNJM2172というオペアンプで増幅されるまでは同じですが、出力回路によってその後が異なります。

1.スピーカー出力        AK4394 → NJM5534 → NJM2172 → LA4485 →スピーカー
2.ヘッドホン出力        AK4394 → NJM5534 → NJM2172 → TPA6111A2 →ヘッドホン
3.ライン出力(ACC端子)   AK4394 → NJM5534 → NJM2172 →ACC端子

AK4394 192kHz 24-Bit 2ch DAC THD+N:-100dB DR,S/N:120dB
NJM5534 1回路入り低雑音オペアンプ THD @1kz 0.0005%
NJM2172V EVR機能付きオペアンプ THD 0.15%
LA4485 カーステレオ用5W AFパワーアンプ THD 0.15%
TPA6111A2 ヘッドフォン・アンプ Half Power THD+N @1kHz 0.25%

IC-7800から直接オーディオ信号を取り出すとすればライン出力がベストです。それにしても全体的に無線機としては低歪な素子を使っていますね。
-メニューモードから出力レベルを可変するために選んだのがEVR対応オペアンプ採用なのでしょうね。

う~む。確かにメニューモードで変更できるのは便利だけど・・・。

IC-7800から「最終的に」オーディオ信号を取り出す方法として、デジタル出力があります。DSPで処理した信号をD/Aコンバーターを通さずに、デジタルデータのまま背面の光デジタル端子から取り出すことができます。
利点としてはオペアンプNJM2172のスペック上の制約を受けずに済みます。
逆に折角光デジタルで受けても歪みの多い増幅回路を繋げては受信音質は悪くなりますが、回り込みやノイズ混入対策としては有効です。

さて、AK4394やAK4395(共にTHD+N:-100dB DR,S/N:120dB)はトップクラスのDACで、AK4395は今ヘッドホンマニアの間で話題沸騰中のDr.DACにも使われています。

普通はダイナミックレンジやS/Nが重要な要素になるのですけど、無線の場合一般のオーディオとは雑音レベルが全く違います。
アンテナを繋げば盛大にノイズ聞こえるの環境では、ノイズレベル以下のS/Nにはあまり意味がありません。もちろん、ノイズが少ない環境では大切な要素でしょう。
僕の場合はやはり歪みがポイントかなぁ・・・。
また、IC-7800はS/P DIF規格の48khz 16bit入出力ですから、ダイナミックレンジは最大で96dbとなります。CDは44.1Khz/16bitですからCDよりも高音質ですからね。

が、ここで納得してはイカン!

オーディオの世界では無酸素銅のケーブルで音が変わったりしているではないか! 音の表情やニュアンスはスペックだけで決まるのではありません。
もっと良い音で聞くにはどうしたらいいのか?

つづく・・・。

|

« 売ります:オンキョー SE-U55GX 9K | トップページ | TARA RTTYコンテスト »

コメント

IC-7800の音質ですが、私はACCソケットのAF出力にマトリックススイッチを経て、モニタースピーカー(CENELEC)で聞いています。ところが、このAF出力にはCWのサイドトーンをはじめバンドエッジ警告音などのビープ音が重畳されていない。つまり、モニター出力の機能が無いのです。ICOMはマニュアル通り、検波出力だけが出力されている。直すつもりは無いと言っている。(HFサポートセンター)もちろん光出力も同様。
私はLA4485の音は聞きたくないので、改造した。 その他、スイッチオン時にプチという音が出るが(ボリュームを絞っても出る)これはLA4485のミュート端子を鋭くスイッチすることが原因。ICOMはこれも社内基準以内で対策しないと言っている。音周りはかなりいい加減だ。

投稿: 藤井 英明 | 2008年9月13日 (土曜日) 12時48分

藤井さん
こんにちは。
改造されました・・・・。僕も光出力で聞いていましたが、モニター関係が出力されず、またスケルチ(AF処理)も動作しないために、現在ではスビーカー出力からミキサーに入れて外部アンプで聞いています。
光は現状の仕様として、ACCのラインだけでもLA4485の手前からひっぱり出せば、自分的には満足できるレベルになるとは思っていますが、手を入れていません。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年9月14日 (日曜日) 12時17分

福井さん。そうなんですか。7800は、今まで使っていた756PROⅡと比べるとS/Nが大変良くなり、フロントエンドはそこそこ評価できるものの、音周りは昔の無線機の延長で使えません。表は立派な家なのに裏に回ると何これと言う感じがしました。
7800のAF出力はミスだと思いますが、皆さん気が付いているのに、クレームされないみたいですね。ICOMはミスを認めず、むしろ756シリーズ等、トーンが乗っている機種がおかしいと訳の分からない事を言っています。
ところで福井さんは練馬なんですね。私は清瀬ですが、この2年ほど山梨の鳴沢村というところに居ります。お近くなので今後ともよろしく。
QRZ.com見ました。

投稿: 藤井 英明 | 2008年9月16日 (火曜日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC-7800の受信音質をアップ?:

« 売ります:オンキョー SE-U55GX 9K | トップページ | TARA RTTYコンテスト »