« IC-7800の受信音質をアップ? | トップページ | オプティカル・同軸コンバーター その2 »

2005年12月 3日 (土曜日)

TARA RTTYコンテスト

今日はTARAのRTTYコンテストなんですけど、あまり聞こえませんねぇ・・・。8エリアの局が北米から呼ばれるのを指をくわえてみています。
コンディションがこれだけ悪いと、やはりアンテナや立地条件の差が大きくでますねぇ・・・。当局のバタフライではちょっとキツイ状態です。

夜のEU方面はどうかな?あんまり期待できそうにありませんけど・・・。先日のWW CWは気合を入れたスーパーステーションの設備に助けられてQSOできましたけど、TARAにはスーパーステーションは参加しませんからねぇ・・。
でも、北米のコンテストステーションは強いですねぇ・・。ホームページをみると、凄い設備の局がゴロゴロいますね。5ele×4とか・・・。はぁ・・。

そんなわけで、MMTTYとMMVARIとIC-7800内蔵デコーダーの見比べしていましたが、デフォルト設定(IC-7800のみスレッショルドレベルを4に調整)では、殆ど同じでした。
厳密に言えばMMTTYが鼻差でリード・・・って感じでした。
MMTTYを調整した後では頭一つリードって感じかな・・・。カスカスのギリギリで差があるだけで、普通に運用するならキーポードを繋ぐだけのお手軽さを考慮するとIC-7800の内蔵デコーダーだけで十分ですね。

※カスカスのギリギリ
RF Gainを絞ったり、TPFを入れたり、フィルターを250hzにしたり、ノッチを入れたり、MMTTYのデコーダーを変えたり、無線機とソフトの設定を調整してなんとか解読可能にするような状態。調整している間にフェードアウト・・・なんてもことも良くある。

|

« IC-7800の受信音質をアップ? | トップページ | オプティカル・同軸コンバーター その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/7441454

この記事へのトラックバック一覧です: TARA RTTYコンテスト:

« IC-7800の受信音質をアップ? | トップページ | オプティカル・同軸コンバーター その2 »