« 音作りの効果を試す | トップページ | RA4HTH 7/PSK31 »

2006年1月16日 (月曜日)

IC-7800に3Khzルーフィングフィルター追加

IC-7800も発売されてから2年経過し、FTDX9000というライバルも現れました。IC-7800ユーザーとしては、やはりFTDX9000に搭載された3Khzのルーフィングフィルターの切れ味が「欲しい」と思ってしまいます。
昨年暮れにIC-7800ユーザーメーリングリストで、確かな筋の情報としてIC-7800に3khzルーフィングフィルター搭載、現バージョンにも有償アップグレードを提供・・・なんて情報が流れて「正夢」になるといいなぁ~なんて思っていました。

やっばり「正夢」でした。
IC-7800を購入した販売店から「IC-7800有償アップグレードのご案内」が届きました。

内容は「夢」の通り。

現在6/15khzのルーフィングフィルターに3Khzを追加、3/6/15khzを切り換えるタイプへ変更。変更点はPLLボード2枚(メインとサブ受信機用)の交換と対応ファームウェアへの変更です。
ファームウェアは先日Ver. 1.22がリリースされましたが、今回はメジャーバージョンアップとしてVer. 2.**になるのかしら??

なお、アップグレード後は5Khz離調時のプロッキングダイナミックレンジ(14.1Mhz)が、115db(ルーフィングフィルター6Khz)→134db(ルーフィングフィルター3Khz)と大幅に向上します。
更に局発回路のC/N特性の向上でフェーズノイズに対するブロッキング特性が向上し、よりクリーンな送信波が実現されるとのことです。また、ルーフィングフィルターを3khzにした時も、ノイズブランカーの効きは従来と変わらず、アップグレードに伴うデメリットは無いそうです。う~む。ルーフィングフィルターを追加しただけでなくPLL部分にも手が入っていそうですね。
アップグレード料金は52,500円。アップグレードは本体の販売店持ち込みか、iUSEへの送付が必要です。アップグレード申し込み方法などは、販売店からのご案内をご確認ください。

しかし、134dbは凄いなぁ~。ローカルが隣接した周波数でKW運用しても平気ですね。3560khzのピョンヤンの飛沫も減りそう。
こういったサポートをしていただけそうなのは、内部のボードの構成とボードごとの機能の切り分け方を見た時に想像していましたが、実際にやっていただけるとは嬉しい限りですね。安心して最新の無線機を使うことができそうです。

|

« 音作りの効果を試す | トップページ | RA4HTH 7/PSK31 »

コメント

ますますic-7800が欲しくなりました。
でも価格は変えずにグレードアップとはICOMさん粋ですね!
756proⅢを下取りに出したくなりそうです!!
でも9000と本当にどっちが良いのですかね?

投稿: JA4FHE | 2006年1月19日 (木曜日) 22時40分

こんばんわ。
CQ誌2月号のICOMの広告には、3khzルーフィングフィルター内蔵って説明文にあります。
私はDSPを最初にアマチュア無線機に持ち込んだのでICOMが好きです。
なんというか、フロンティアスピリットみたいなものを感じたからなんですけど、個人的には9000よりもテンテックのオリオンに興味があります。

なんというか、9000に較べると7800の方が色々な意味で色付けされておらず、多少使いこなしは必要ですが、どんな用途にも最上級機として使えるように感じます。
コミュニケーションマシンとしては申し分ありませんし、ツマミが少なく、配置が分かりやすいのも気に入っています。
無線機イジルのが好きな方は9000の方がイジル場所が沢山あって良いかもしれません。
これ、性能とは無縁ですが、結構大きな要素だと思います。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年1月19日 (木曜日) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC-7800に3Khzルーフィングフィルター追加:

» ICOM IC-7800の有償バージョンアップ [JH3YKV's Amateur Radio News]
Digital Ham Lifeの記事によると、ICOMの最高級トランシーバーで... [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月曜日) 10時10分

« 音作りの効果を試す | トップページ | RA4HTH 7/PSK31 »