« 無線用のスピーカー SC-M53 | トップページ | 音作りの効果を試す »

2006年1月14日 (土曜日)

PSK FEST

今日は朝の9時から24時間、PSK FESTが開催されています。PSKでは最大のコンテストと言って良いと思います。
今日はクラスターにもPSK31で多数スポットされていますが、コンテスト参加局が多い証拠。

午前中は北米ですが14メガしかオープンしていない様子。しかし、コンディションは今一つですね。JE1GMM局、7L4IOU局が元気にランニングしていますが、QSOレートはあまり高くない様子。
う~む。これは後半のEU方面と7メガが勝負になりそうな感じ。スポットで見る限りでは7メガは期待できそうなんですけどね。3580khz辺りでも結構スポットありますけどJAでは無理。
なんと、1840khzでコンテストに参加している局がいます。こりゃ1.8メガもワッチしなきゃ。1.8メガのPSKってどんな感じなんだろうなぁ。

|

« 無線用のスピーカー SC-M53 | トップページ | 音作りの効果を試す »

コメント

多分、呼んで頂いたと思うのですが明確にコピー出来そうもありませんでしたので失礼しました。出島さんとのQSOははっきりコピー出来ていましたので残念です。夕方も出ます、コピー出来たら呼びます・・・

投稿: JE1GMM/水谷 | 2006年1月14日 (土曜日) 10時52分

水谷さん
いえいえ、こちらもコピーしずらい状態でしたが、何回もコールを確認できましたので有利ですよね。
フラッター気味でこちらでも文字化けだらけなので、お呼びしたものの、これは難しいだろうなぁ・・と思っていました。飛行機でも飛んでいたのかも知れません。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年1月14日 (土曜日) 12時54分

福井さん、おじゃまします。
ローカルにOMさんがいらっしゃらないもので、DXの福井さんにつかぬ事をお伺いしたいのですが。例えば今日のコンディションの場合、7メガでDPを使用した場合、どの程度のDXの入感が期待できるのでしょうか? 2週間程前にフルサイズの逆Vを貼りました。日本でいうところの3階の屋根から給電点を3メートル程ポールで上げた格好で見るがきり飛びそうですが全くDXが聞こえません。14メガは駄目は駄目なりに5000Km(GからW東海岸とか)程度は時間さえ合えば届きますが、7メガですと1500Km程度のEU局しか届きません。それらの局が59とかレポートを送っているJA局はかすりもしません。見た目、逆Vの調整はばっちりですが、干渉等でNVIS化していることは充分考えられます。もしかすると使用しているバランがダミーになっているのかも知れません。14メガオンリーでやってきましたので、7メガの世界が全く分かりません。(ローバンドということで飛びそうなイメージですが)大きな期待を持って下がってきましたので、たまたまこの2週間程コンディションが悪いだけと考えたいところです。DPで聞いた場合、クラスター対比(JA-DX間のUp対比)でどの程度の格差があるものかお教え頂けませんでしょうか?落合

投稿: M0DCP | 2006年1月15日 (日曜日) 03時05分

落合さん
私は2階の屋根上5mの給電点の短縮インバーテッドVですが、落合さんと同じような感じで2000km程度まではFBですが、精々5000kmって感じですよ。
それ以上は、コンディションが良い日の良い時間(グレーゾーン)とか、相手のアンテナがFBな時しか満足にQSOできません。
ローバンドはハイバンドに比べて信号が弱いのですが、相手も弱い信号を良く拾ってくれるので、信号が弱くても頑張ってみることと、アンテナの打ち上げ角度がモノを言いますので、できるだけ給電点を高く、また、輻射角度が低くなるように工夫する必要があるようです。
今日のコンディションはコメントしているこの時間でHAとかRA6辺りが私のアンテナでは限界です。
それも聞こえるだけで、QSOは難しいですねぇ・・・。クラスターるアップされるスポットは7メガだと1/3程度は聞こえる感じですが、ビームを使っている方のスポットは、カスリもしません。
今日はPSKFESTAで7メガをワッチしているんですが、聞こえても東欧まで・・・その東欧さえQSOできそうにありません。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年1月15日 (日曜日) 03時25分

福井さん、いつもすみません。大変参考になりました。ローバンドになる程信号が弱くなる。なるほど、ハイバンドになる程、開けた時の信号は強いという訳ですね。DXをクラスターに上げてくる局の過半数が7でビームを上げているイメージですか。そしてこのコンディションでは、JAからDP+PSKで東欧の入り口付近までと、なる程!打ち上げ角度がそれだけ影響してくるということは、例えば3.5メガでも50%以上の短縮率のロータリーDPをタワーに上げた方が、屋根のちょと上にあげたフルサイズDPよりベターで、弱く聞こえていてもQSOする為にはパワーを入れないと駄目なんですね。とてもよく分かりました。MNI TKS!落合

投稿: M0DCP | 2006年1月15日 (日曜日) 07時33分

落合さん
ローバンドは落合さんと同様、国内は別としてDXはあんまりわかりませんが、落合さんのご理解と同じように感じています。
メーターがS9振れるDX QSOってあまり記憶にありません。雑音がS9は良くあるのですけどね・・・・。
そのうち7メガあたりでお会いできるといいですね。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年1月15日 (日曜日) 10時10分

福井さん、水谷さん
QSOありがとうございました。

私もEUに期待していたのですが、
昨日の雷雨は想定外のことで、残念でした。
7メガもコンディションが良くなかったですね。

N1MM + MMVARIでスタートしたのですが、
起動後15分くらいでCPU使用率が上限に
張り付いて、応答なしになってしまいました。
結局、MMVARI単体でやりましたが
ソフトを入れ替えたりしている時間ばかりが
長くて、18局止まりでした。hi

ソフトは何をお使いですか?

投稿: 7L4IOU 出島 | 2006年1月15日 (日曜日) 11時54分

落合さん、こんにちは。

7メガのGは、なかなか難しいですね。
デジタルの場合はデコード能力の問題もありますし...

そんな中(だいぶロケーションが異なりますが)、F6IRFは応答を期待して呼べるEU局の代表格と感じています。
驚いたことに、7と3.5はダイポールとのことです。
http://f6irf.blogspot.com/

投稿: 7L4IOU 出島 | 2006年1月15日 (日曜日) 12時23分

出島さん
PSKFESTAお疲れさまでした。私は結局2局という有り様。夕方は雷雨で×、深夜もEUは弱く見えるだけで、とてもQSOまで行きませんでした。ちょっと残念な結果です。
一週間前ならば、相当期待できたのですけどね。
ソフトはLogger32のMMVARIエンジンで参加しました。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年1月15日 (日曜日) 23時11分

出島さん、F6IRFの情報ありがとうございました。確かに7/3.5はDPですね。写真のイメージから南仏の海岸沿いだと思ってましたが、Marcellaz-AlbanaisはHB9のジュネーブから車で1時間ほどFへ入った村で、標高も300-400メートルでしょうか。PWRも500Wのようですね。EUからコンテストに出ますと、そこそこのカントリー数は稼げますが、W方面も奥の方まで飛んでいるようですね。私の場合デコード能力は限りなくゼロに近く100%プリントの局を呼びに廻るしかないので驚くべき成果だと思います。出島さん、福井さん、いつの日かお空でお会いできるとFBです!落合

投稿: M0DCP | 2006年1月17日 (火曜日) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/8151801

この記事へのトラックバック一覧です: PSK FEST:

« 無線用のスピーカー SC-M53 | トップページ | 音作りの効果を試す »