« ボルボ850の車検 | トップページ | オーディオテクニカ HYP-180B »

2006年4月12日 (水曜日)

スクリュードライバー

米国ではHFモービル・・・って言えばスクリュードライバーアンテナが飛ばし屋さんに人気みたいです。やはり極太パイプは効くみたい・・・なんて思ってWebを見ていたら、スゲェの発見!

直径5インチのコイル?でQ500以上、金メッキとかシルバープレートとか、もう凝りまくりの世界。その名もHi-Q-Antennasっていいます。
普通のスクリュードライバーアンテナは、コイルが動くのと連動して全長が伸び縮みするんですけど、コイツは内部で全部処理して全長は不変。

なんでも、アラスカのモービル局が「アラスカの冬は厳しい寒さでパイプに氷が付いて、普通のスクリュードライバーアンテナは動かないけど、コイツは違う!」なぁ~んてベタ褒め。

輻射効率もかなり高いようで、1.8メガで4%もあるバージョンもあります。3m程度でこの輻射効率は異様に高い。
普通にローディングすると0.3%程度がやっとじゃないでしょうか?2本組み合わせたロータリーダイポールもあったりして、アパマンハムとしては興味深々です。

コントローラーは単純なスイッチタイプが用意されていますが、N2VZのTurbo Tunersと組み合わせれば無線機本体のTuneボタン一発でQSY完了です。
Turbo Tunerは無線機のCATの情報とSWRの両方の情報を元にして制御する方法で、SteppIRアンテナみたいな感じで使えて大変評判の良いコントローラーです。
このコントローラーはHi-Qの他にも、タヒールとかハイシエラのスクリュードライバーにも使えます。

夏に向かってモービル設備の強化を考えていたのですけど・・・・。ちょっとゴツ過ぎるかなぁ・・・。でも今のAH-4+ホイップよりは絶対に輻射効率があがると思うのです。

|

« ボルボ850の車検 | トップページ | オーディオテクニカ HYP-180B »

コメント

http://tgc.jp-au.net/jf1ist_newmobile.htm
なんていうごついのも…。
コイルをケースに格納するというのはなかなか良いなと思いました。

投稿: JG4KEZ/1 | 2006年4月15日 (土曜日) 13時36分

福井 様
qrz.com
のアドレスにメールをお送りしましたが
送れないようなので一度、私宛にメールを
頂けますか。

投稿: 宮本兼明 | 2006年4月26日 (水曜日) 20時18分

宮本さん
qrz.comに掲載されているメールアドレスでメールは届きます。
メールアドレスをお間違えではないかと思いますので、ご確認ください。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年4月26日 (水曜日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/9526230

この記事へのトラックバック一覧です: スクリュードライバー:

« ボルボ850の車検 | トップページ | オーディオテクニカ HYP-180B »