« 声の衣替え? | トップページ | 伝搬情報を追加 »

2006年4月 2日 (日曜日)

コモンモード対策

先日同軸と一緒にコモンモード対策に使うパッチンコア・ZCAT3035も購入しました。イザという時のために幾つか予備を持っているようにしていますが、イザ・・・ということがないのにコアが無くなっていることが多いです。
コアの入っていないケーブルを見ると、コアを入れたくなる体質(笑)になってしまったようです。家中合せると100個以上あるんじゃないでしょうか・・・。
8

このコアは色々な場面で使えますが、3.5メガあたりでは直列に6個(1回巻き=単純にクランプするだけ)程度挿入しないと効果がないことが多いです。
1個の場合は7~8回巻き・・・・でしょうか?当然ながら、この場合は細いケーブルじゃないと無理です。
もちろん、コモンモード電流の多寡で変わってきますので、1個1回巻きで効果がある場合もあるかもしれませんが、数個入れてみて「効果無し」と諦めてはだめです。

やはり当てずっぽう・・・ではなく、コモンモード電流計を用意して、ケーブルの適当な位置に挿入して、コアの挿入前後で数値変化を見ながら挿入すると早道です。
RF電流計はCQ誌でも紹介されていますが大進無線で購入できます。コモンモード対策の必需品です。
Naizou2jpg
先日、ローバンド用アンテナの同軸を長い同軸から短い同軸(2eleに使っていたもの)へ取り替えたら、コモンモード電流が増加しまして、現在対策の真っ最中です。
僕はてっきり少なくなる・・・と思っていましたが、逆でした。

10メガが特に酷かったのですが、これはローテーターのコントロールケーブルが原因であることを突き止めて対策(以前は全く問題ありませんでした)。
現在120W出力までは問題ありません。対策前は5Wでもダメで正直10メガを諦めかけましたよ。

しかし、どうして同軸ケーブルを短くしたら、ローテーターのコントロールケーブルにコモンモード電流が急増するのかなぁ?
引き回しについては、静電結合を意識して20cm以上距離をとっているし、引き込み口で束ねているのは以前と同じなんですけど。
最初は新しい同軸を疑って計測してみましたが、同軸は全然問題ナシ。以前は色々と分散して流れていたコモンモード電流が、逃げ場所を失って・・・ってパターンかしら?

それとも、僕の使っていた長い同軸は半分腐っていて、出力が減衰していたために結果的にローパワー運用になっていた・・・ということかなぁ?
短くなったので同軸の減衰が減って・・・というのもヘン。なんせ10メガですからそんなに変わらないハズ。不思議だなぁ~。

|

« 声の衣替え? | トップページ | 伝搬情報を追加 »

コメント

 こんにちは。コモンモード電流は電流自身に聞いてみないとホントわからないですよね。当局もモービルで回り込みが起きたりと、結構苦労したのでパッチンコア、ドーナツ型、フェライトバーなどかなり動員して、フィルターマニア化しまっています。
 大進無線のは私も持っています。数値として見えるので見当つけるのに役に立ちますね。

投稿: JO1KVS | 2006年4月 2日 (日曜日) 17時55分

初めまして.JE2VFX@愛知 / 音部と申します.いつも楽しく拝見させていただいております.AC line filter の記事など,インターフェア対策の記事はとても参考になります.当方もアパマン・ハムですので,インターフェアには過敏にならざるを得ません.家中,フェライトコア,フェライトバー,クランプコアだらけです..いろいろな情報を楽しみにしております.今後ともよろしくお願い致します.

投稿: JE2VFX | 2006年4月 2日 (日曜日) 22時04分

小出さん
音部さん

こんばんわ。
やはり皆さんも家中コアだらけ・・・なんですね。
インターフェアも少しずつ対策の効果がでて、出力を増やしても大丈夫になってくると、結構面白いですよね。
次はココかな?なんて考えてビンゴ!だと結構快感です。
10メガは参りましたけど、100Wをクリアできたのであと数db頑張れば200Wでも消えると思いますので頑張ります。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年4月 2日 (日曜日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/9388705

この記事へのトラックバック一覧です: コモンモード対策:

« 声の衣替え? | トップページ | 伝搬情報を追加 »