« デジタルオーディオの解説本 | トップページ | Internet Explorer 7 »

2006年11月 3日 (金曜日)

3軸同軸のアース

3軸同軸を使っている方が少しずつ増えているように感じています。3軸同軸は、通常の同軸の外側に、更にシールド層がある同軸で、このシールド層でノイズの侵入、輻射を遮断します。
Sws
基本的な使い方としては、やはり最外周のシールド層をアースしてあげるのですが、残念ながら僕のアパートではアースはできませんので、最適な使用方法ではありません。
JF1UVJ水村さんがタワー建設を機に、素晴らしい同軸専用アースを設けて、3軸同軸の理想的なアースを実現されています。

非常に幅のある銅板で地面から直接持ち上げているので、アースポイントのインピーダンスはかなり低くなっていると想像されます。
僕もこんなアースで3軸同軸を使ってみたいものです。なお、僕の経験ではアースをしなくても多少は効果があるようです。ですから、アースするともっと効果が明確になるのでは??って想像しています。

|

« デジタルオーディオの解説本 | トップページ | Internet Explorer 7 »

コメント

福井さんご紹介ありがとうございます。

おかげさまで私のブログへのアクセス数が驚異的な数字になりました。

やはり3軸同軸に対する皆さんの関心が高いことの現われだと思います。

今後も折に触れて書いていこうと思っております。

投稿: JF1UVJ 水村 | 2006年11月 4日 (土曜日) 21時58分

こんにちは。水村さん。
確かに皆さん関心は持っていると思いますが、実践方法がわからない方が多いのではないかと思います。
もっとも、都市ノイズに悩まされていないと必要性は低いのかもしれません。
アパートだと朝・昼・夜の食事時は電子レンジがアチコチで稼働して、ノイズのフロアレベルがあがって微弱な信号は×です。そういう環境で初めて効果があるのではないかと思います。
あ、インターフェアへの有効性は受信ノイズとは別ですけどね。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年11月 5日 (日曜日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/12530145

この記事へのトラックバック一覧です: 3軸同軸のアース:

« デジタルオーディオの解説本 | トップページ | Internet Explorer 7 »