« 嗚呼 天は我を見放した | トップページ | 羽田空港の駐車場 »

2006年12月 2日 (土曜日)

10D-FBに交換

アンテナは現在3本あがっています。ハイバンド用のHF-5Bとローバンド用のインバーテットV、それにV/U用のモービルホイップです。
V/U用のモービルホイップは屋根上2m位のところに上げていますので、基本的にはローカルQSO用です。
10dfb 実は諸般の事情からV/Uは5D-2Vを25mという、かなり無謀なコトをやっておりまして、同軸での減衰が激しく、430では感度は非常に悪いです。
430だと4.6db程度の減衰ですから、モービルホイップのゲインを完全に相殺していると思います。短いホイップにすると、如実に感度が落ちるのがわかります。

今回Mコネクター付きの10D-FB 20mの同軸ケーブルが特価品でありましたので、10年近く使った5D-2Vを取り替えました。
取り替えた5D-2Vは、外で風雨に晒された部分の被覆が固くなってヒビ割れもでており、かなりボロボロな状態でした。

10D-FB 20mに交換すると減衰量は430で約1.5dbと3dbも減ります。減衰が1.5dbだと無線機の出力の7割程度はアンテナに届きますが、4.6dbの減衰だと、出力の3割強しかアンテナに届きません。この差はデカイ。

10D-FBに取り替えてみると、計算通りで聞こえている局の信号がS1-2程度強くなった感じ。でも、それ以上に「聞こえなかった信号」が聞こえるようになりました。
3db程度でこれ程差がでるのはちょっと変ですが、なんせひび割れた同軸でしたから、同軸の減衰量以上に減衰していたのでしょう。
普通、無線で使う同軸は、本来屋内配線用として製造されていますから4-5年で取り替える必要がありますね。

5D-2Vの時は、全然聞こえないので430は殆ど出ていなかったのですけど、これからはIC-7000を使ってSSBモードでQRVしようと思っています。
430のSSBモードって、結構昔の雰囲気(?)があってラグチューも楽しそうです。

最近のDSP無線機を使うと、FMモードよりもSSBモードの方が高音質に聞こえます。周波数特性なども絡んでいると思いますし、自分の耳の慣れもあると思いますが、ちょっとびっくり。

昔の記憶では、音質はFM>AM>SSBという順番だったので、SSBモードの音質は飛躍的に良くなっているように感じます。

|

« 嗚呼 天は我を見放した | トップページ | 羽田空港の駐車場 »

コメント

やはり同軸のグレードアップは効果がありますね。

私はクランクアップタワーなのでFBケーブルではなく10D-2Vを144/430/1200のGPに使っています。

まあそこそこ使えるようです。

今度430SSBでQSOお願いします。

投稿: JF1UVJ 水村 | 2006年12月 3日 (日曜日) 07時33分

はい。今度はV/Uでもメリ5(?)でQSOできそうですね。
よろしくお願いします。

投稿: JI1ANI 福井 | 2006年12月 3日 (日曜日) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/12902430

この記事へのトラックバック一覧です: 10D-FBに交換:

« 嗚呼 天は我を見放した | トップページ | 羽田空港の駐車場 »