« 攻殻機動隊S.A.C.のサントラ | トップページ | ZK2PR 24/RTTY »

2007年2月18日 (日曜日)

給電点で断線か?

先日の強風日以降、HF-5Bがウンともスンとも言いません。どうやらまたまた給電点辺りで断線してしまったようです。
テスターで同軸を当たると、本来HF-5Bの給電点に挿入されているコイルで直流的にはショートしているのですが、完全にオープン状態です。

昨年のトラブルは給電線を交換修理しましたが、また発生したことから、給電線の強度に問題があるのではなく、給電点を支える金具が緩んだりしていることが原因で、結果として給電線が断線したのかもしれません。

良い機会なので、同軸ケーブルがアンテナになってしまっている具合を記録しておくことにします。
これが給電点で断線しているけど、シールド側は問題なくアンテナに繋がっている状態(恐らく)での受信状況。2重シールドや給電点に挿入したコモンモードフィルターが効いているのか、同軸だけでは信号は受信できません。試しに7メガや中波も受信しましたが、同じような状態です。
Cable_troble
これはプリアンプ2を入れています。普段はプリアンプ1かOFFで使用します。この状態は7800のアンテナコネクターを50Ωで終端した場合と大差ありません。

比較のために、インバーテッドVを接続して、同じように受信した状態です。
Cable_troble2
ノイズフロアはS6です。

どうやら使用中の2重シールド同軸のシールド性かかなり高く、同軸でノイズを拾うことは殆ど無いと考えて良さそうです。
一番目の写真は先端を50Ωで終端した場合ではなく、オープンの状態で測定しています。

ダミーロードは缶タイプに1.5mの5D-2Vで接続していますが、アンテナをダミーロードに切り換えて、ダミーロードで中波を受信するとS0で弱いものの594khzでNHK第一が受信できます。
インバーテッドVに切り換えるとS9+45dbで受信できます。7800のアンテナコネクターに小型のダミーロードを直接接続した場合は受信できません。この結果から1.5mの5D-2Vはアンテナになっていると結論されます。
今回の恐らく給電点で芯線が断線した30mの2重シールド同軸では、ダミーロードをアンテナコネクターに直結したように、NHK第一はS0で全く受信できません。

ダミーロードで終端した1.5mの5D-2Vで聞こえるのに、アンテナ給電点まで30mも引き回した同軸だけでは聞こえない・・・ってことは、2重シールド同軸のシールド効果はかなりの効果がある・・・とは言えないでしょうか?

以前JF1UVJ水村さんが、芯線・シールド側両方を切り換える同軸切替器で実際にタワートップまで配線した2重シールド同軸で、同軸だけでは信号が受信できない様子を記事にされていました。

水村さんは理想的な形でシールド層を大地へアースされていますが、アパートで使っている僕の場合はシールド層はアースしていません。完全に浮いた状態です。
信号が受信できない・・・ということは、逆も真なり・・・ということで、送信時の同軸からの漏洩についてもかなりの抑止効果が見込めることになり、同軸からの漏洩によるインターフェアにはとても有効ということの裏付けになります。

もちろん、受信時でも同軸での受信が無く、アンテナ「だけ」で受信することになり、受信ノイズもアンテナで受信しているノイズだけ・・・という結果になります。
同軸だけで信号が聞こえる状態だと、アンテナと同軸で受信している信号が混ざって聞こえることになります。

実験によるデータ取りも重要なんですが、本当はデータはどうでもいいから修理したいのですが、お天気が思わしくなく困っています。

|

« 攻殻機動隊S.A.C.のサントラ | トップページ | ZK2PR 24/RTTY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/13944041

この記事へのトラックバック一覧です: 給電点で断線か?:

« 攻殻機動隊S.A.C.のサントラ | トップページ | ZK2PR 24/RTTY »