« JE3OZBコブラJrで参戦中 | トップページ | VR2XZK 29/FM »

2007年4月29日 (日曜日)

All Jaコンテスト@コブラJr

これは29日午後1時前の7Mhzをワッチした時のスコープの画像です。暗いブルーはピークホールド値で一番上で59+40db、緑は実際に受信している信号で、だいたい59+20db程度です。
Alljatest2007_7mhz
IC-7800はダイナミックレンジが広いので59+17dbまではAGCが掛かりませんから、アッテネーターとかRFゲインは特に設定していません。
10db程度入れても良いのかもしれませんけど、普段はこの状態で使っています。コンテスト中なのでルーフィングフィルターは3khzにしていますが、普段は15khzのことが多いです。

コブラJrは、以前の短縮アンテナと比較して、受信もブロードバンドなので、バンドエッジ~バンドエッジまで信号が均一に受信できます。(バンド両端で信号レベルが下がっているのは、コンテスト外の周波数です)

以前の短縮アンテナだとバンドの両端では少し感度が下る感じでした。スクリュードライバーみたいに同調点が変えられるといいのですけどね。
クリエートデザインのロータリーDPは根元のカップラーで上手に同調点を変えることができるのでFBですね。

なんせ7メガはいつも短縮アンテナを使っていたので、フルサイズ(?)のアンテナは初めてなので、これが普通なのかはわかりませんが、以前の短縮アンテナよりは良くなっているように見えます。

なお、以前も申し上げましたがICOMの無線機はプリアンプOFFが基本で、バンドによってプリアンプを入れるような使い方が基本になります。左側にP. AMPがOFF表示されているようにプリアンプOFFの状態での信号強度になります。ヤエスだとIPO ONと考えればいいのかな?ローバンドでは短縮アンテナでもプリアンプが必要と感じたことはありません。

|

« JE3OZBコブラJrで参戦中 | トップページ | VR2XZK 29/FM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/14884577

この記事へのトラックバック一覧です: All Jaコンテスト@コブラJr:

« JE3OZBコブラJrで参戦中 | トップページ | VR2XZK 29/FM »