« A52AM 24/SSB | トップページ | WK3D/AH0 18/PSK31 »

2007年4月 1日 (日曜日)

同軸ケーブルでのDC供給

本日、やっとMFJから注文していたMFJ-4116が届きました。MFJ-4116は同軸ケーブルにDCも乗せて同軸ケーブルの先の機材にDC電源を供給するアダプターです。
このMFJ-4116を使って屋根の上に置く予定のLDG-AT200Proをオートモードで動作させよう・・・という計画。
Mfj4116
MFJ-4116は写真のようにとてもコンパクト。中身は・・・まぁ、見なかったことにしておきましょう(笑)。$25だし金属ケースの加工やコイルを巻く手間がかかりませんでしたからね。

MFJ-4116は同社のオートチューナーのオプション的な存在ですが、単体(というか、セット)でも使えます。
同軸の両端にMFJ-4116を一個ずつ入れて、片方にDCを供給すると、もう片方から取り出せる・・・という極めて単純な構造です。
MFJのオートチューナーにはMFJ-4116の片側が内蔵されているタイプがあって、MFJ-4116う一個購入すれば、簡単にオートチューナーを屋外に設置できます。

僕の場合、チューナーはLDGなのでMFJ-4116が2個必要・・・というわけです。これで大物部品が揃ったので、これから強制排気ファン付き屋外チューナーボックス(?)の工作を始めます。
上手くできればコブラと組み合わせて3.5-10メガ用のアンテナの出来上がり・・・ですが、さて?

|

« A52AM 24/SSB | トップページ | WK3D/AH0 18/PSK31 »

コメント

 これは便利ですね。コントロールケーブルなしでも使えるATUならこれでケーブルは解決ですね。
 そういえばFT100やFT847など、ヤエスのATAS100や200を駆動する無線機はDCを乗せていますね~。電圧で上下をコントロールしてました。
 ってことはこれとアンテナアナライザ使うと送信せず(厳密にはしてるんだろうけど)に調整出来ますね~。

投稿: JO1KVS | 2007年4月 1日 (日曜日) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/14470921

この記事へのトラックバック一覧です: 同軸ケーブルでのDC供給:

« A52AM 24/SSB | トップページ | WK3D/AH0 18/PSK31 »