« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日曜日)

A52AM 7/SSB

貴重な7メガSSBです。今日はコンディションが良いのか59で入感しています。混信もなくてとっても良く聞こえたので、呼んでみることにしました。
像のような「ぱお~~ん」って感じで余裕でコール方々を相手に、変調音をDXバージョンに設定して必死にコール。
なんと応答がありました。55-59でQSO成立。距離は大体4800kmですね。
しかし、ブータンと7メガSSBでQSOできるとは・・・・。コブラJr恐るべし・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

VR2XZK 29/FM

59++で聞こえました。少しQSBがありますがFM特有の一定以上の信号強度になると、まるでローカルのように聞こえます。
VR2XZKの他にもVR2VACやVR2RRが29FMにQRVしていました。
ログを確認するとVR2との29FMは1'st QSOでした。前のサイクルピーク時に29FMは結構頑張った記憶があるのですけど・・・・VR2は交信していなかったかなぁ?

と、ここまで考えてから、その頃のログは紙ログだったことを思い出しました。PCに入れてあるのは1999年以降のログだけです。
紙ログは当時のQSLカードと一緒に実家の押し入れに入っているハズです。前のサイクルは29FM中心でしたが、その前のサイクルは28SSB中心でした。
実は固定に10m以外のバンドのアンテナをあげたのは、このアパートが最初だったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

All Jaコンテスト@コブラJr

これは29日午後1時前の7Mhzをワッチした時のスコープの画像です。暗いブルーはピークホールド値で一番上で59+40db、緑は実際に受信している信号で、だいたい59+20db程度です。
Alljatest2007_7mhz
IC-7800はダイナミックレンジが広いので59+17dbまではAGCが掛かりませんから、アッテネーターとかRFゲインは特に設定していません。
10db程度入れても良いのかもしれませんけど、普段はこの状態で使っています。コンテスト中なのでルーフィングフィルターは3khzにしていますが、普段は15khzのことが多いです。

続きを読む "All Jaコンテスト@コブラJr"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JE3OZBコブラJrで参戦中

ALL JAコンテストでJA3OZB局が埼玉県の移動先にコブラJrをあげて3.5CWで参戦中です。KW局が59+の中、57-59程度で聞こえています。
ドキマギしましたが、コールして「コブラJrの2Way QSO」は無事終了することができました。

コブラJrの飛び・受けはどんな感じかな?多分、移動先だと聞こえるエリアが固まったりして輻射角度なんかがわかるように思いますけど・・・。
これから眠くなる時間だけど、頑張れ!報告を楽しみにしていま~す。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土曜日)

Logger32 Ver. 3.3リリース

Logger32の新バージョンがリリースされました。今回は大きな機能追加はありませんが、ローテーターコントロールがGS-232になっていたが232A/232Bに分かれたり、DVK動作のサウンドカードが選択できるようになったり・・・とPCでコントロールしている方には嬉しい機能追加がされています。
詳しくはJA1NLXさんのLogger32ページでご覧ください。

Logger32でローテーターをコントロールすると、とても便利。大気圏図で向けたい方向をマウスでクリックするだけで、アンテナが狙った方向まで回ってくれます。
ローテーターのスイッチを押している必要がありませんので、その間はオペレーションに集中できます。
個人的にはローテーターのコントローラーを手の届きにくいところに置いても問題ない・・・ということが一番気に入っています。シャックのレイアウトの幅が広がります。
やろうと思えば机の下に置いて、全く見えない状態でもLogger32の地図上でアンテナの方向がリアルタイムに表示されますので運用上は困らなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金曜日)

QST5月号の謎

QST5月号が大変なことになっています。いゃぁ、こういうトラブル・・・可能性はわかりますが、実際に手元に届くとなると、これはもしやとてつもない「希少本」では?と思ってしまいます。
印刷や編集の関係者なら「悪夢」のようなできごと・・・
Qst
がQST5月号で起きています。

う~ん。これって、いくら「アバウト」なお国柄でも、やはり問題ではないかと・・・・。

続きを読む "QST5月号の謎"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年4月23日 (月曜日)

N8Sの結果

N8Sのログがほぼ整ったようですので、僕のログと突き合わせてみました。
N8s
最後の30mRTTYもログに載って一安心。しかし、良くQSOしたなぁ・・・。これは少しドネーションしないと申し訳ありませんね。
10mのFMが残念でしたが、いくら伝搬的には近場で交信しやすいとは言え、ここまでできれば上出来だと思っています。特に7メガのSSBと3.5のCWは嬉しいです。
素晴らしいオペレーションで楽しませてくれたペディションチームに感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日曜日)

通りの良い音質

送信音質の2007年春バージョンはほぼ固まって、ここ二週間程は調整することもなくオンエアしています。
モニターは一日おき程度にしていますが、朝、昼、晩と自分の声が微妙に変化しても、送信音質の方は問題ありません。結構自分の声って時間や体調で変わりますので、こうやって調整しないと「あれぇ?」ってことになってしまいます。

今日はIC-7000でV/UHFでQSOしたのですが、良く移動運用されている方が川越市に移動していました。
川越と聞いて、今年の正月に初詣したり獅子舞を見たりしてから、家族で夕食を食べたことなどを思い出しました。

続きを読む "通りの良い音質"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土曜日)

7メガで国内QSO

今日は朝方に7メガで小一時間ほど国内QSOを楽しみました。6局とQSOを戴きました。最初の2局は和光市と杉並区でローカルと言える距離。
それからは3エリアの方と3局、最後に9エリアの1局でした。半分くらいの方がこのブログをご覧いただいている方でした。

コブラJrってアンテナを説明するのが難しいのですけど、だいたいの概略をご理解いただいていると説明がラクですね。
皆さんやはりラダーラインに興味をお持ちのようで、アンテナやラダーラインの話題で楽しい時間を過ごしました。

アンテナが普通のタイプだと説明もすぐに終わってしまいますが、やはりちょっと毛色の変わったアンテナを使うと、初めてのQSOでもアンテナの話題で結構話が弾みます。
ラバースタンプでつまらない・・・とお思いの方は、ぜひアンテナの話題を出してみてはいかがでしょうか?
相手局のアンテナ(の工夫)をお聞きしても、いろいろと知識が増えるのではないかと思います。各局のアンテナ関連の知識は体験談が多く、とても参考になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金曜日)

やっぱりバランはDXエンジニアリング

コブラJrアンテナの使い方を色々と試しています。まぁ、簡単にいえば平衡-不平衡部分を担当するバランを手当たり次第に試しているわけです。
以前、移動先で初根omとの実験では1:1バランでもソコソコ使えたので、手持ちのバランを総動員して特性を取ってみました。

手元にはMFJのモービル用のインピーダンス変換トランスもありますので、それも加えての順列組み合わせです。
実験を進めていくとオートチューナーのロス(インピーダンス変換)が気になりました。LDGのオートチューナーのパワーメーターはLEDなんですが180W~140W程度までは150W(この辺は50W刻み)として表示されます。
コブラJrと一緒に購入したW2AUの4:1バランを使うと3.5~10メガまで全部オートチューナーのパワー表示が150Wなんです。

続きを読む "やっぱりバランはDXエンジニアリング"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水曜日)

コブラJrはDX向き?

コブラJrに変えて3.5は各局の信号がとても良く聞こえるようになったのですが、良く注意して聞いてみると、強く聞こえる局がメンバーチェンジしているんです。
以前は都内とか近郊(50km程度)各局がとっても強く聞こえたのですけど、コブラJrに変えたら、100km以遠の局が強く聞こえます。

給電点の高さは同じ、同軸はラダーラインへと変化しましたが、ラダーラインから輻射されていないということは、恐らくラダーラインで受信していないでしょう。
すると片側のエレメント長が7.5m→11mになったことによるインバーテッドVの頂角が90度→110度程度になったことでしょうか?

続きを読む "コブラJrはDX向き?"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日曜日)

P29SS 7/PSK31

スポットされましたが周波数が違って7029khzでした。USBだと7027に周波数を合せると2000hz辺りで聞こえることになります。
南北のパスですので位相が不安定で、信号は強いものの少し文字化けしていました。P29SSはPSK31にアクティブでPSK31でP29といえばSSのことになりましたね。

そういえば前後して14SSBでAP2DKH Khalidがパイルアップになっていました。信号も59+でとても強力。
コールすると応答があって2年前のPSK31でのQSOのログを見て(多分・・・)「2年ぶりだね」って言ってくれました。なんか、嬉しいっス。PSK31のQSOは結構覚えている人が多いみたいに思います。
QSOの時間が長めだから、コールサイン暗記するんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N8S 10/RTTY

取りこぼしていた10メガRTTYでQSOできました。最後の週末になって29FMやSSTVにもQRVしてきましたね。
FMは土曜日に信号は聞きましたがQSOに至らず、本日は聞き逃しました。エリア指定したところをみると、今日はFBに入感したようですね。

N8SはJAにとっては「オールモード・オールバンド」で、かなり需要を満たしたのではないでしょうか?僕にとってもCW/SSBはもとよりRTTYとPSK31でも結構QSOできたので嬉しいペディでした。
特にローバンドはコブラJrが大活躍!なんとなく・・・ですが、遠くが良く聞こえるように感じています。受信した感じや、各局のレポートから打ち上げ角度が以前よりも下った感じ。ラダーライン給電ですが、素性の良いアンテナではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

内蔵チューナーでは無理

コブラJrのラダーラインと無線機の接続ですが、4:1バランをリグの後ろに直結してラダーラインを接続、7800内蔵のチューナーでチューニングを試してみました。
残念ながら3.5/3.8は全く駄目、7は○、10は△という結果になりました。10メガは100W程度ならチューニングできますが、フルパワーだとだめ。

3.5/3.8はチューナーが最初からチューニングを諦めてしまうような感じですから、内蔵チューナーのチューニング範囲から大きく外れてしまっているようです。7メガは何事もなくスパッと一発でチューニングが取れたのと対照的でした。

やはりチューニング範囲の広い、外部チューナーが必要と考えた方が良さそうです。

続きを読む "内蔵チューナーでは無理"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土曜日)

コブラJrの使用感

コブラJrを一週間程度使ってみた感じを纏めておきます。ラダーラインは壁などに画鋲で留めた状態での使用感になります。本来は数センチ程度は離すべきだと思います。現在ラダーライン専用のスペーサーを注文中です。

10メガは以前のフルサイズインバーテッドVと遜色ありません。受信しているとノイズが減っているので若干ロスがあるような印象がありますが、単純にノイズが少ないだけなのかもしれません。アンテナチューナーでバンド中央でチューニングすればほぼ無調整で全バンドカバーできます。

7メガは以前のリニアローディング(全長10m)短縮アンテナより少し改善されました。受信は10メガと同じようにノイズが減って受信が静かになった感じです。アンテナチューナーは上・中・下と3ヶ所程度のチューニングが必要です。

続きを読む "コブラJrの使用感"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金曜日)

N8S 1.8/SSBで聞こえました

コブラJrでは160mもそこそこ聞こえます。オートチューナーではチューニングは取れませんが、N8Sがとっても良く聞こえるので手持ちのチューナーを総動員して送信できるか試してみました。
MFJ-945Eだと出力を絞ってQRPではなんとかなりましたが、少しパワーを入れるとバリコンで火花が飛んでしまいました。

その後N8SはSSBへQSYしました。僕は160mってCWしか聞いたことありませんので、興味深々。
1840khzをワッチすると「あっけなく」受信できました。まぁ、N8SはCWでも強く聞こえているので聞こえるとは思っていました。
驚いたのはN8SをコールするWの局が聞こえたこと。気合十分、パワーも十分なんでしょうけど、まさか160mのSSBでWが聞こえるとは思いませんでした。
慌てて録音した をお聞きください(約1分)。

続きを読む "N8S 1.8/SSBで聞こえました"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木曜日)

N8S 14/CW&SSB

14メガはEu指定ばかり・・・と思いつつ、ワッチしていたら、時々オープン戦になりました。オープン戦の前にはQRZ EUを出していましたので、今日はEUへのコンディションが今一つなのでしょう。
空白だった14メガ、お蔭様でSSBそしてCWと同時運用中の2局と10分間でQSOできました。

これで3.5~28メガ全バンドQSOできました。3.8SSBや14/28のデジタルモードが未だですが、次の機会でも良いや・・・という感じ。
しかし、いくら近くて伝搬状況が良いと言っても、やはりペディションメンバーの運用テクニックが上手でなければ、ここまでQSOを重ねることはできないと思います。

機敏な判断と聞き分ける耳には感心することしきり。これだけオペレーションが上手だと呼ぶ方も応答が遅くても本当に楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水曜日)

ラダーラインの引き込み

コブラJrはとても良く働いています。今のところ特に問題はありませんし、飛び・受けの面では以前のインバーテッドVよりも総合的には上です。
さて、ラダーラインの扱いは情報が少ないため、おっかなびっくり・・・なんですけど、一番皆さんから質問の多い「引き込み口」をご紹介します。
Ladder_line

続きを読む "ラダーラインの引き込み"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火曜日)

N8S 7/SSBが強力に入感中

今日は7メガでとっても強くN8Sが聞こえています。21JST頃は本当に59+でしたが、今も58程度で聞こえています。
QRZ連発中ですので、殆どの方がQSO済なのでしょうか?皆さんオンラインログを確認しているようで、オンラインログの方は激しいパイルアップで不調のようです。

14メガで一回もQSOできていないので、なんとかQSOしたいところですが、隣室からの常時S8ノイズでマスクされて、夜は厳しい感じです。この週末の昼間にQSOを狙ってみたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

N8Sの秘孔を突く!

日曜日の午後はN8Sがとっても強く聞こえました。28~18メガまでHF-5BでS6~S9+10dbで、皆さんコールしているためか、シ~ンとしたバンドの中で突出して強く聞こえます。
SSBだと低域をブーストした変調のためか、実際のSよりも「迫力」がでて強く感じますが、もうちょいスッキリ目の方が了解度はあがると思う。
それと、日曜日ですのでノイズが少ないので余計そのように聞こえるのかも。

それとデジタルモードで気づいたことがひとつ。

デジタルモード(RTTY&PSK31)で、オペレーターがCQ出している時にUP1とかUP500(PSK31時500hz upの意味)とか指定します。
まぁ、普通のペディは指定された周波数よりも遥かに上の周波数を受信したりするわけですが、ペディのメンバーの中に恐らくお一人「とても」真面目な方がいらっしゃるように思います。
本当は真面目じゃなくてズボラかも知れませんが・・・・。

続きを読む "N8Sの秘孔を突く!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月曜日)

N8S 7/SSB

コブラJrで5QSO目は7メガのSSBでした。50メガでラグチューして、お風呂に入ってから寝る前にチョロッと聞いたら、ちょうどCQを出しているところでした。
正味S7~8で聞こえていました。7010のCWはピークで599です。しかし、応答があるとは思いませんでした。ビックリ!

3.5も7もN8Sがずっと聞こえています。3.5がこんなに聞こえるのは折り畳みエレメントとはいえ、やはりコイルでの超短縮アンテナとは違いますねぇ・・・。
バンドチェンジする度にチューニングが必要なのが面倒ですが、まぁ、AH-4を使っていると思えば・・・。

続きを読む "N8S 7/SSB"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日曜日)

給湯器へのインターフェア

アパートの自室の給湯器は屋外設置ですが、コントローラーがキッチンに付いています。この給湯器へ10メガが回り込むインターフェアに悩まされていました。
インターフェアの内容は「給湯中、待機中に10メガで120W以上のキャリアを3秒以上送信すると、給湯器が止まる(電源断と同等の動作)」というものです。

給湯器やリモコン線などにコアで対策しましたが、完全に対策できないママでした。まぁRTTY運用しなければ問題はないのですけどね。(PSK31は100W出力程度、CWは間欠送信だから)

このインターフェアですが、コブラJrに代えたら止まりました。「わ~~い」と喜びたいところですが、10メガは以前からフルサイズのアンテナでSWRベタ落ち状態で運用していたので、コブラJrにして平衡-不平衡のバランやチューナー、ラダーラインでロスがあり、アンテナエレメントからの輻射電力が低下しているのかもしれません。

続きを読む "給湯器へのインターフェア"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

N8S 7/RTTY

コブラJr好調です。これで4QSO目です。7036でS3~6で聞こえていました。7038.4でコールすると2コール目で応答があって、ちょっと拍子抜け。
昨晩のCWとRTTYで3コールで2QSOとは・・・・。皆さん、寝てしまったのでしょうか?あんまり呼ぶ局が見えませんね。

7036付近で運用しているEuのPSK31が混信して、N8Sが文字化けしていました。雨が降ってもQRVできるのはとても嬉しいです。
以前のリニアローディングアンテナは7メガは雨が降ると共振周波数がズド~ンと下がってout of bandって感じでしたから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

N8S 3.5/CW

コブラJrで3QSO目。夕方に10メガのPSK31でもQSOできました。そしてコブラJrを上げた最大の目的で狙っていた3.5メガでQSOできました。N8SはCQ連発中でUP3で一発コールでした。
S4~5程度メーターが振っていましたので、結構強く聞こえていましたが、皆さんQSOが終わってしまったのか呼ぶ方が少ないようです。

夕方に3.5メガはチューニングを取りましたが、雨が降って来たためか、再度チューニングが必要でした。
この感じだと3.5メガでも結構使えそうな感じですね。各局も59+20db overで入っています。前の短縮アンテナだと+10db程度の感じかなぁ・・・。

続きを読む "N8S 3.5/CW"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土曜日)

コブラJrでN8S Get!

ローバンド用の短縮インバーテッドVに変わってコブラJrを上げました。マストに滑車が付けてありますので簡単に上げることができました。
ラダーラインは推奨(?)の約81ftにして、ラダーラインのままでシャックまで引き込んでいます。途中、屋根や壁に這わせて、屋内への引き込み時にアルミサッシで挟んだりしていますが、悪影響があるようには見えません。

シャック内でLDGのオートチューナーAT-200Proに4:1バランを付けて接続して3.5~10メガまでチューニングすることができました。
本当は屋根の上にチューナーボックスを設置する予定でしたが、N8Sのペディが始まりましたので、試しにラダーラインで部屋の中に引き込んでみました。

早速7メガのCWでN8Sをコールしてみましたが、なんと1コールで応答がありました(笑)。

続きを読む "コブラJrでN8S Get!"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金曜日)

6V7F 10/CW

セネガルです。皆さんがN8Sシフトされているので数局がコールしているだけ。セネガルはず~~~~っとQSO出来ずにいたエンティティです。
結構QRVがあるし、また、CW/SSB/RTTY/PSK31とオールモードで聞こえるし、結構頑張って呼んだのですけど、どういう訳か今日までご縁がありませんでした。

6V7F PeteはJA指定でon airしてくれたこともあったのでしょう。何回かコールしてコールバックがありました。
でもクラスターに載って10分後には大パイルアップへ。
6v7f
ちょっと上の方ででていたN8SがQRTしたようです。呼んでいた方々がゴッソリとお引っ越しされたようです。

続きを読む "6V7F 10/CW"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木曜日)

サーモスタット入手

屋上に設置予定のオートアンテナチューナーボックスにはMFJ-1446でDC12Vを供給予定です。日中にボックス内が高温になった場合はファンで排熱する予定ですが、サーモスタットを探していました。
結局、良くサイトを訪問している自作リニアで有名なJH2CLVさん御用達の坂口電熱BF145L(F1サーモ45度L逆接点)にしました。Bf145l

続きを読む "サーモスタット入手"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水曜日)

N8S 10/CW

スウェイン島のペディが始まりました。伝搬的には安定しているため、各バンドで強力に聞こえています。
帰宅後に10メガでコールすると5分程度でコールバックがありました。でも10メガはKH8SIで交信済。
7メガで1時間呼びましたが、やはり7メガは壁が厚い。3.5も良く聞こえていますが、7メガ以上に凄いパイルで呼ぶ前に戦意喪失。

ニューの方、狙い目は10メガでしょうね。7/3.5はパイルが小さくなるのを待たないと駄目そうです。結局コブラアンテナは間に合いませんでした。
それにして10メガのRTTY弱いですねぇ・・・。ビームアンテナじゃないとデコードは無理ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火曜日)

HF-5B やはり不調です

昨晩、自宅に戻ってから色々なバンドを一回りしたんですが、接触不良(?)で不調の18メガが良く聞こえます。

「もしや・・・」

と思ってSWRを調べてみると・・・・見事に修理が終わっています(笑)。週末の風と雨で接触不良だった部分が、接触したりしなかったり・・・みたいになっているようです。
と暫くすると、今度は14メガが不調・・・。アンテナを回すと止まった直後にユラユラするわけですが、SWRもユラユラするぞ。

磨いた部分は大丈夫だと思うので、18メガのクランプ関連だと想像していましたが、アルミパイプキャパシターだったら修理が厄介だなぁ・・・。

多分18メガの共振ユニットの接触不良で14メガの共振周波数が影響を受けているのではないかと・・・・・想像していますけど。
なんて書きながらローテーターを回して止めて・・・ってやっていたら、元の状態に戻ってしまった。やはり18メガの共振部分を全部バラして紙ヤスリ・・・ですかね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月曜日)

売ります:タイヤベース 5K

Polebase
タイヤベース  50Φのマストが入ります。ベース高さ40cm。ポール挿入部には固定ネジ2個、また倒せる方向が2方向から選択できます。
付属品:なし
価格:5K(送料はご負担ください)

モービルにAH-4を取り付けていた時は、このタイヤベースにグラスポールを入れてLWを張ってQRVしていました。
最近はスクリュードライバーだけで運用していますので、お譲りすることにしました。

まずはメールにてご連絡ください。

売れました。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日曜日)

P29ZAD 14/PSK63

最近市民権を得てきたPSK63ですが、今日はP29ZADが14の上の方で大サービス。ワッチしていたら14072.8辺りで63の音がするのでMMVARIをPSK63にしてみたら・・・なんと、P29ZADだった・・・という次第。

P2とのPSK63は初めてのQSOです。もちろん、WAZ的にはPSK31と同じだし、DXCCではRTTYと同じ扱いです。
でも、やっぱりPSK31とPSK63はスピードだけではなくて、違うモードのように感じます。多分スピードが早いからでしょうね。

P29ZAD Jerryはとてもオペレーションが上手で、PSK63にあった高速オペレーションでEUにサービスしていました。途中からはUP指定になりましたので、かなりパイルだったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WK3D/AH0 18/PSK31

結構呼ばれていました。ご存じのように18メガは殆ど使えない状態なので「・・・・・」と見ていましたが、ローバンド用のインバーテッドVに乗せてローパワーで呼んでみました。
各局に負けて時間がかかりましたが、なんとかQSOすることができました。こんな状態でもQSOできたのはPSK31だからでしょうね。SSBでは多分応答がなかったと思います。

WK3D局はパイルになっていて、PSK31だと受信も混信で苦労しそうに思っていましたが、結構快調に良いペースで呼ぶ局を拾ってQSOを重ねていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同軸ケーブルでのDC供給

本日、やっとMFJから注文していたMFJ-4116が届きました。MFJ-4116は同軸ケーブルにDCも乗せて同軸ケーブルの先の機材にDC電源を供給するアダプターです。
このMFJ-4116を使って屋根の上に置く予定のLDG-AT200Proをオートモードで動作させよう・・・という計画。
Mfj4116
MFJ-4116は写真のようにとてもコンパクト。中身は・・・まぁ、見なかったことにしておきましょう(笑)。$25だし金属ケースの加工やコイルを巻く手間がかかりませんでしたからね。

続きを読む "同軸ケーブルでのDC供給"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »