« E-MU 0404 USB | トップページ | 3.5メガでQSOできました »

2007年8月18日 (土曜日)

Hi-Q-4/80 RT"Special Short"到着

ベランダにはモービルで使っていたスクリュードライバーを付けていました。モービルでは「スゲェ!」と思いましたが、固定で使ってもその辺のホイップなんか使う気になりません。
でも、人間は欲深いもので、固定だとついつい以前のフルサイズのアンテナと比べてしまいます。大きなアンテナで59+で強力に聴こえる信号は忘れられません。

そこでHi-Q-Antennasのチャーリーさんに僕のアパマン状況を伝えて「短くて効率の高いアンテナ」(ムチャクチャだな・・)が欲しいと相談すると、「性能を落とさない限界サイズで作ってみる」とのこと。全長70cm(ホイップ除く)程度が僕の条件。
先週末に「できたよぉ~~~。こんなんでどう?」と写真付きのメールを戴き、早速送っていただきました。日本の火曜日にアメリカを出発、金曜日の夜、無事、手元に届きました。
お盆なので、通関手続きなどに時間がかかるかと思いましたが、以外に早かったです。
Hiq_pac
Hi-Q-Antennasはいつもシッカリとした梱包でアンテナを送ってくれるのですが、今回も厚さ7mmのボール紙の頑丈な筒に入れて送ってくれました。この筒の蓋と底は金属製で筒にビス止めしてあり、中身を取り出すのが大変でした。
今回も蓋と底を間違えて「底」を外してしまいました(笑)。で、でてきました本体が・・・。

「うおぉ~コイルがデカイ!」
Hiq4rts_coil
4インチですから直径約10cm、一周約32cmってところでしょうか?このコイル10ターンで3.2mです。

コイル部分はHi-Q-4/80RTと同じようです。標準と異なるのはマストの長さで、最近Hi-Q-Antennasが5インチシリーズで標準にした2ftよりも更に短くしてコイルを含めた全長を75cmに納めてもらいました(ホイップは含まない長さ)。
僕の場合75cmの全長はベランダに設置する上で重要なファクターなんです。上階のベランダまで余裕があれば標準の長さの方が輻射効率が良いハズです。
Hiq4rts
Hi-Q-4/80 RT"Special Short"の仕様
It is 75 cm long, will tune down to 80 M  with CapHat and to get 6M you need
to use a 30 cm whip only.

という感じです。後はHi-Q-4/80 RTと同じでしょう。モーターやリードスイッチの配線をして、1mのホイップ代わりのアルミ線を取り付けてベランダに設置してみました。
ベランダにアンテナを建てて、アンテナの先端のホイップはベランダから突き出す形で運用し、運用しない場合はベランダの内側へ倒して格納しています。
まずは性能差が顕著なローバンド・・・ということで7メガでチューニングをとってみると・・・

昨晩はコンディションが良く、深夜零時頃にも関わらず三重や山形の局がFBに聞こえます。59+なんですよ。
7メガの上の北京放送が引越し前に使っていた50%短縮ダイポールと同じか、やや強く受信できます。IC-7800のSメーターは辛いのですけど、プリアンプ無しでSメーターが35dbまで振れます。
今までのHi-Q-2.5/80RTSはコイル径が異なるだけですが7メガではS2~3は違います。
こいつは良いワイ。

ローバンドだけでなく14/18辺りも明らかに受信感度が上がっています。多分ロスが数db程度改善されたのでしょう。
昨晩はOJ0MIが14/SSBでQSBを伴ってピークでS4程度で聞こえました。思わず数回呼んだけどパイルになっていて無理でした(笑)。暫くはコイツで夜な夜なHFをうろついて見ようと思います。

|

« E-MU 0404 USB | トップページ | 3.5メガでQSOできました »

コメント

ホントに良さそうですね。
今秋計画している海外からの運用にも使えるか興味津々です、ハイ

投稿: ja1nlx | 2007年8月18日 (土曜日) 18時06分

うわ~、特注のHi-Qアンテナ、すごいですね。
Sもバンバン振ってうらやましいです。
うちの国産アクティブアンテナだと、+振る局はあまりないです。
(ざっと一式おいくらするんですか?)

投稿: JO1KVS | 2007年8月18日 (土曜日) 18時26分

NLXさん
ベランダからのHFであれば検討する価値があると思います。特に14以下ですね。それ以上の周波数は釣り竿で簡単にフルサイズのバーチカルが作れるし、長さ的な問題もクリアできると思います。

KVSさん
特注と言ってもマストの長さが短いだけですよ。価格は通常品と同じ価格でした。
ホイップと考えると高価ですけど、ヤギだと思うこと(ヤギはあげられませんけど)にしました。
普通のホイップと比較して、ダイポールと2エレ程度の差(数db)に似た感触です。
アパマンにとって、これは大きな差だと思います。

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年8月18日 (土曜日) 19時35分

マニュアルチューナとATUのコイルやコンデンサの違いで,どれだけ飛びが変わるか,最近体験しつつあります.直下型ATUにすべきか,それともマニュアルチューナ+ハシゴフィーダにすべきなのか.たかがコイル,たかがフィーダ,されど伝送線路,ですね.

しかし,気合入れて作ると,コイルも職人さんの作品の値段になるんですね.まあ,回転機構や密封技術などもあるでしょうから,相応のものになるのは当然なのでしょうが.

投稿: Kenji JJ1BDX | 2007年8月19日 (日曜日) 00時02分

ああ~、いいですねぇ…
Hi-Q 5/80あたりを1エリアホーム用にこっそり狙ってたりするんですが
目に毒な記事です(/_;)。
#モービル用に某国産アクティブアンテナを買ってしまったばかりなのに…まだ試験運用もしてないのに…

投稿: JE6ACW/1 Simo | 2007年8月19日 (日曜日) 00時04分

BDXさん
コイルとコンデンサーで変わりますよね。僕の場合はハシゴフィーダーは例のコブラでしたが、試しに普通の電線を接続してみました。チューニングはATUを無線機近くに入れてとりましたが、根元のATUよりも効率が高いように感じました。
ここもエアコン穴から同軸が通せなければ、ハシゴフィーダーでトライするつもりでしたが、同軸が通せたので短縮ホイップにしました。
アンテナはNC制御の金属掘削機があれば同じように作れると思います。入手が難しそうなのはコイル部のレキサンパイプかな?

ACWさん
こんにちは。ぜひHi-Q-5/80を建ててください。7メガでは結構使えると思います。3.5は他の方が強すぎるので、似たレベルにするにはリニアが必要ですけど、ちゃんと飛びます。
長さを考えるとびっくりです。

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年8月19日 (日曜日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/16154791

この記事へのトラックバック一覧です: Hi-Q-4/80 RT"Special Short"到着:

« E-MU 0404 USB | トップページ | 3.5メガでQSOできました »