« YAHAアンプ 7806化 | トップページ | ハムフェア2007 »

2007年8月22日 (水曜日)

IC-7000のセパレート設置

全長18mのセパレート実験に成功したので、ベランダに設置を本格的に考えていました。
でも最近の猛暑や今後の台風の風雨を考えると強制空冷による冷却方法や、ダクトから強風によって侵入する水対策など色々と不安な点が多く、実行を躊躇していました。

冷静に考えると、猫の額程のベランダに設置するのと、サッシを挟んだ室内の窓側に設置するのとでは同軸長にして50cm程度の差。湿気や安全性のことを考えると室内設置の方が無難です。
同軸ロス低減のために考えたセパレート延長方法ですが、アンテナから本体まで5D-FB辺りの同軸を使えば50cm程度の長さの差は減衰の誤差の範囲内。

ということで、ベランダ設置の計画を変更し、ベランダに面した寝室の窓側に設置することにして、そこからシャックまで延長セパレートケーブルで接続することにしました。
Remote_7000

無線の後ろはベランダ側の窓のカーテンです。この箱はベランダに設置してあるエアコン・ガス給湯器の室外機への配管&配線隠しです。
和室の隅にあってとても邪魔。形も場所も無粋でデカイのですけど、この箱のスペースに余裕があるのでベランダから室内へ同軸など無線用の配線も一緒に引き込めるし、同軸も隠せるので我慢していました。
でも、このように無線機を置くとなれば「いい場所にいい無線機台がある。オマケにコンセントも近い!」といいことづくめ。
災い転じて福となす・・・とはこのこと(笑)。

写真下から右に伸びている黒いケーブルがセパレートケーブル。IC-7000の下はMFJ-4125(13.8V 25A電源)です。
アンテナは室内ホイップ状態で送信・受信テストを行いましたが、最初セパレートケーブルにパッチンコアを入れない状態では、やはり送信時の変調に多少回り込みがありました。
本体側とヘッドユニット側の両方にパッチンコアを入れたところ、無事、回り込みは解消したようです。
実験は室内アンテナにフルパワー送信という過酷な条件で、セパレートにしなくてもこの条件だと回り込みを起こすことがあります。屋外アンテナであれば回り込みは発生しない可能性が高いです。

シャックから壁の反対側の寝室に設置した7000本体をセパレートで操作してみましたが、純正ケーブルでのセパレード時と何らかわらず送信・受信ともに操作できます。
回り込みがコントロール関係に影響したり、表示部分にインターフェアが発生して表示が崩れたりということ一番心配していましたが、そんな心配は不要でした。
18mもパレートケーブルを引っ張っているのですから、これは上出来。IC-7000は元々セパレート運用を前提に設計されていることが今回の成功のポイントでしょうね。

テストの結果、無線機と電源が置いてある寝室では、電源と無線機のファンの音が結構気になることがわかりました。寝室では他に音の出るものはエアコンしかありませんので当然の結果ですね。
特にMFJ-1425は電源on時に常にファンが回っていて、ケースから吹き出す時の風切り音がうるさいのです。
無線機は使わない時は電源offですからいいのですが、定電圧電源は基本的には常にonを考えていたので、もう少し静かな電源にしないとマズイなぁ~。
当面は使うときだけ使う時に電源をonすることで凌ぎます。

先月仮設したV/UHFのホイップはHFアンテナに場所を譲り、現在は撤去していますので、ベランダの別の場所に設置することを考えねば・・・・。
ベランダの給電点から無線機まで、同軸長は最短だと2m程度。同軸は5D-FBを使う予定ですが、2mだと同軸ロスは430メガでも0.36dbと無視できるレベル。同軸よりもMコネクターによるロスの方が問題になりそうです。
仮にシャックまで引き込める最大径の8D-FBでシャックまで引っ張ると15m程度で約1.3dbは減衰します。延長リモート方式だと1db程有利です。たかが1db、されど1db、僕みたいにアンテナのゲインが期待できない場合、1dbは大きいと思います。

仮設時はHF用に配線した5D-2Vを使って運用していましたので、昨年同様、同軸ロスが減ることで同じホイップでも飛び・受けがかなり良くなると期待しています。

|

« YAHAアンプ 7806化 | トップページ | ハムフェア2007 »

コメント

我が家の無線機も似たような設置方法です.給電線の長さは短くしておくにこしたことはないですね.

投稿: Kenji JJ1BDX | 2007年8月24日 (金曜日) 22時32分

こんにちは。
力武さんも同軸短いのですね。シャックとベランダが近いとこんな感じになりますね。同軸が短いのはいいことだらけではないかと思います。

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年8月24日 (金曜日) 23時09分

7000の回り込みは、大変参考になりました。

今朝、6時30から取り付け、28MHZでQRVしましたところ

回り込み、くさいねとローカルからいわれました。

電源には、対策しましたが、セパコートには、フィルター入れてない

ことにきずきました、フェーアー対策は何処からか?探すことから始

まるので、参考に、なりました。

投稿: JO2IQS | 2010年10月 2日 (土曜日) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IC-7000のセパレート設置:

« YAHAアンプ 7806化 | トップページ | ハムフェア2007 »