« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水曜日)

裸足の彼女

今日は皆既月食ということで楽しみにしていましたが、どうも雲行きが怪しい。天気予報をみていませんでしたが、自宅の最寄り駅で電車を降りると空がピカピカしています。
「ありゃ、雷かぁ・・・」なんて、今は余裕です。だって、ベランダのアンテナに雷落ちることはマズありませんから。

屋根の上にアンテナあげている頃は、夕方に自宅が雷雨だった日に帰宅する時なんか、帰り道で曲がるとアンテナが見える角の手前で「頼む!無事であってくれっ!」って毎回祈るような気持ちで角を曲がって、アンテナを目視点検していました(笑)。

なぁ~んて、思い出しながら駅の出口をでて10mも歩かないうちに「ビシッ」と脳天に一撃。僕の帰宅にタイミングを合せたかのように大粒の雨が降ってきました。
昔は雨粒が頭に当たっても髪の毛で衝撃が和らいだのですが、最近は情け容赦なく雨が頭の地肌にペシッって当たります。

急いで帰宅したものの結構濡れてしまいましたので、濡れついでに駅から直行しようと思っていたクリーニング屋さんにシャツを取りに行くことにしました。
この雨では傘さしても濡れちゃうけど、もう結構濡れちゃって「まぁ、いいや」って感じもありました。実はクリーニング屋さんのお盆休みで、すっかりローテーションが狂ってしまい、明日、会社に着ていくシャツが無いのです(笑)。
これはマズイ。

続きを読む "裸足の彼女"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日曜日)

銅テープをアースへ応用

ベランダにアンテナを取り付ける場合、アースの取り方が重要です。ベランダの柵がアルミ製の場合は表面は錆止め加工のため表面には導電性が無かったり、僕のように鉄製の場合はペンキが塗られています。
アースを取るために表面の保護材を剥がすのはヤスリやカッターで削れば可能ですが、地金を露出したままにすると雨などで錆びがでてしまうのが一番の問題です。
そのような場合、銅テープを使うと大変上手にアースを処理することができます。
Cu_tape
使う銅テープは裏面に導電性のノリが付いていて、金属の表面にテープを張ると、金属と銅テープが導通するものです。導電性の糊がポイント。
ちょっとしたシールドや、基盤上に貼ってランド代わりにしたり(薄いけど銅板ですからハンダ付け可能なんです)と、持っているととても便利です。
使えるのはプラスチックテープに銅を蒸着したタイプではなく、金属の銅を薄く伸ばして銅箔のような状態にして、テープ状にカット、片面に導電性のノリを付けたものです。

続きを読む "銅テープをアースへ応用"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土曜日)

K0FX 7/RTTY

ベランダのHi-Q-Antennasの腕試し中ですが、先日の14メガでのOJ0に気をよくして、今晩は7メガに挑戦中です。
今晩はSCC RTTY Championshipで599+自分の開局年を西暦で送るという、結構面白いコンテストをやっています。
いつ頃から無線をやっているのかがわかります。All Asiaは年齢がわかるので「この人、声は若いけど人生の先輩なのかぁ~・・・」ってなるんですが、コッチは「おっ、なんだ無線では後輩かぁ」なぁ~んて、思ったりするわけです。
おっと脱線。

7033でK0FXがCQ SCCを連発していますので早速コールすると一発で応答あり。そりゃ、コンテストビックステーションですから当然かもしれまんせが、CWならわかりますが、RTTYでこうも簡単に7メガでWとQSOできてしまうとは・・・。
SSBでは国内数局とQSOしましたが、ベアフット局だとだいたい送りと受けのSが同じか、受けのSが1つ位高いような感じです。
7メガでも全長1.8mのベランダホイップとは思えません。結構楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムフェア2007

今日はハムフェアに行ってきました。たくさんの方とEyeballできて、とても楽しい時間を持つことができました。
いつもお空で声を聴いている方とお会いするのも楽しいですし、ラグチューしている方とお会いするのはもっと楽しいですね。
そうそう、無線のブログやホームページを拝見している方とお会いするのは、声が分からないので新しい発見が多いです。

今日は昨年の初日よりも混んでいるとの声が多かったように思います。11時40分頃でも入場券を買う列が20分待ちでした。
午後には行列は解消しましたが、なんとなく2日間になってから土曜日がメインになっているように思います。
日曜日の午後は「お片づけモード」ですし・・・。
会場でお会いした各局、本当にありがとうございました。

続きを読む "ハムフェア2007"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水曜日)

IC-7000のセパレート設置

全長18mのセパレート実験に成功したので、ベランダに設置を本格的に考えていました。
でも最近の猛暑や今後の台風の風雨を考えると強制空冷による冷却方法や、ダクトから強風によって侵入する水対策など色々と不安な点が多く、実行を躊躇していました。

冷静に考えると、猫の額程のベランダに設置するのと、サッシを挟んだ室内の窓側に設置するのとでは同軸長にして50cm程度の差。湿気や安全性のことを考えると室内設置の方が無難です。
同軸ロス低減のために考えたセパレート延長方法ですが、アンテナから本体まで5D-FB辺りの同軸を使えば50cm程度の長さの差は減衰の誤差の範囲内。

ということで、ベランダ設置の計画を変更し、ベランダに面した寝室の窓側に設置することにして、そこからシャックまで延長セパレートケーブルで接続することにしました。
Remote_7000

続きを読む "IC-7000のセパレート設置"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月曜日)

YAHAアンプ 7806化

YAHAアンプ、快調に動作しています。M3のボリュームはリモコンでボタンを押すタイプですから、操作性は今一つ。
YAHAアンプは単純なボリュームですから、M3と比較して操作性には優れています。

さて、YAHAアンプの真空管6922のヒーター電源ですが、原典ではLM317を使っていますが、6V定電圧だと7806も使えます。7806を使った場合は本体のみで6V出力でき、調整用の抵抗が不要です。
やはり、LM317だと抵抗値を合せるのが面倒になってきて、7806へ変更することにしました。
Yaha_7806

続きを読む "YAHAアンプ 7806化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OJ0MI 14/RTTY

6mでラグチューして、そろそろ寝ようと思ってクラスターを確認したら14のRTTYでOJ0MIがコンテストランニング中です。
新しいアンテナの飛び・聞こえ試しと思ってワッチしてみると、信号は519~419程度でQSBの谷間で文字化けするような状態。

これは無理だなぁ・・・と思いつつ、コールしていると・・・コールバックがありました。応答マクロを間違えて、あわてて手動でナンバーを送りました。
いゃぁ、応答があるとは・・・びっくり。海の真ん中だけあって耳がいいですねぇ。確かに新しい4インチコイルは良く聞こえると感じていましたが、飛びの方も一応は飛んでいるようです。
でも、パイルアップを破るようなことは・・・できない程度ということなんでしょうね。いづれにしても南向きのベランダアンテナでも、ヨーロッパまで電波が飛んでいくことは確認できました。

北方面はUA0が今までの記録でしたので、イキナリ記録更新。難関と思っていたウラル山脈を簡単に越えてしまいました。
どういう伝搬でしょうねぇ?ショートパスだとすると、打ち上げ角度80度はあると思いますが・・・。
皆さんのところではどの程度で聞こえていたのでしょうか?もしかして599+でプリントできていたのかな?
OJ0のRTTYは嬉しいモードニューです。今回のペディションはQSOできるとは思いませんでしたが、Hi-Q-4アンテナ、恐るべし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日曜日)

3.5メガでQSOできました

昨晩22JST頃に3.5メガの上の方でJA1BBP局にQSOのお相手をお願いし、無事QSOすることができました。
アンテナは今回購入したHi-Q-4/80RTSに直径50cmのキャパシティハットを取り付けた状態で、全長85cmです。
写真は取っていませんが、取り付けた感じは昨年紹介したのよりアンテナが太くなっている程度の違いしかありません。
さすがに不格好なので、これは夜しかできないなぁ・・・。まぁ3.5は夜じゃないと飛ばないから問題ないか・・・。

JA1BBP局はつくば市、こちらは杉並区でベランダは南向きですから、かなり条件は悪い、というよりも、建物の影になっている方角ですから、ベランダから真上に打ち上げるような感じになると思います。
JA1BBP局の信号は7800で58~59+5db(プリアンプなし)程度と、BBP局のHi-Fi  SSBを楽しめる音質で聞こえています。BBP局の設備はFT-9000+リニア+CD-78です。
こちらの信号が届くか心配でしたが、なんとか聞こえているようで無事QSO成立。その時の僕の信号を録音していただきました(Tnx JA1BBP)。



おっ、結構聞こえていますねぇ・・。

続きを読む "3.5メガでQSOできました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土曜日)

Hi-Q-4/80 RT"Special Short"到着

ベランダにはモービルで使っていたスクリュードライバーを付けていました。モービルでは「スゲェ!」と思いましたが、固定で使ってもその辺のホイップなんか使う気になりません。
でも、人間は欲深いもので、固定だとついつい以前のフルサイズのアンテナと比べてしまいます。大きなアンテナで59+で強力に聴こえる信号は忘れられません。

そこでHi-Q-Antennasのチャーリーさんに僕のアパマン状況を伝えて「短くて効率の高いアンテナ」(ムチャクチャだな・・)が欲しいと相談すると、「性能を落とさない限界サイズで作ってみる」とのこと。全長70cm(ホイップ除く)程度が僕の条件。
先週末に「できたよぉ~~~。こんなんでどう?」と写真付きのメールを戴き、早速送っていただきました。日本の火曜日にアメリカを出発、金曜日の夜、無事、手元に届きました。
お盆なので、通関手続きなどに時間がかかるかと思いましたが、以外に早かったです。
Hiq_pac
Hi-Q-Antennasはいつもシッカリとした梱包でアンテナを送ってくれるのですが、今回も厚さ7mmのボール紙の頑丈な筒に入れて送ってくれました。この筒の蓋と底は金属製で筒にビス止めしてあり、中身を取り出すのが大変でした。
今回も蓋と底を間違えて「底」を外してしまいました(笑)。で、でてきました本体が・・・。

続きを読む "Hi-Q-4/80 RT"Special Short"到着"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金曜日)

E-MU 0404 USB

IC-7800に外部スピーカーとしてBOSEのM3を接続していますが、M3は7800専用というわけではなく、PCやIC-7000の外部スピーカーとしても使っています。
以前ご紹介したパッシブミキサーを使って、オーディオ信号をミックスしていますが、最近、地デジチューナーを購入したこともあって、PCのオーディオをM3で聴く機会が増えています。
PCの内蔵サウンドカードの音はチト「・・・・」なので、無線用に増設したサウンドカードでPCの音も出していましたが、無線(デジタル通信)とPCでの再生でレベルが違って色々と面倒でした。
そこでPC専用のサウンドカードを購入して面倒なことを無くすことにしました。色々と考えたのですがUSBタイプで、現在のパッシプミキサーの機能(ミキシング)を兼ね備えているもの・・・で選んだのがコイツ。
Emu0404usb
E-MU 0404 USBです。E-MUは以前PCIタイプを購入して、性能面では素晴らしいことは承知していましたが、なんといっても「サウンドカード複数共用は拒否」だったので、以前から愛用しているデジタル通信用のサウンドカードと併用できず、残念ながら手放した苦い思い出があります。

続きを読む "E-MU 0404 USB"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水曜日)

犯人は自宅のエアコン

いゃぁ、最近暑いですね。電力消費も増えて、自室前の電柱のトランスからのノイズも強烈になって・・・・10~50メガまで全滅!
越してきた当初はノイズはスパイク性のノイズでIC-7800のノイズブランカーを強めに入れることで消えました。
多少の我慢は必要だけど、無線自体はできるかな?って感じだったのですが、やはり電力消費が増える夏場になると、目の細かいザァ~~~ってノイズが強くなってS9でバンドをマスクするような状態になりました。このテのノイズにはノイズブランカーはあまり効きません。

自室前にぶる下がっている柱上トランスからのノイズじゃぁしょうがないので、当分諦め・・・・って思っていましたが、今日は静か・・・・。??まだ暑くてエアコン使っているだろうになぁ??へんだなぁ?

まさか!

と自宅のシャック隣室にあるインバーター式(涙)のエアコンを入れてみると・・・・。

ウゲッ

Ac_on
ご覧の通りプリアンプ1を入れているものの、S9ノイズです。

続きを読む "犯人は自宅のエアコン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月曜日)

夏休み映画2本とオマケ

オーシャンズ13
11の大ヒットでシリーズ化されて早くも3作目。往年の「黄金の7人」的なノリで安心して楽しめます。
クルーニーも脂っこさが抜けてきて、いい感じになってきました。向こうのハンサムさんは少し脂っぽいので、歳とって脂がヌケるといい感じになると思うのは僕だけでしょうか?ブラピもね。
オーシャンズ13ですから13人なんですが、2人程足りないような・・・。変だなぁ・・・って見ていましたが、顔出していない奥さん入れても一人足りないような・・・・。数え違いでしょうか?


トランスフォーマー
基本的には日本のアニメがベースにあるように思いますけど、アニメではなくてCGで作るとこうなる・・・って感じの映画です。CGもここまで来ると凄いではなくて、普通になってしまいます。
つまり、普通にあり得ないことが大スクリーンで起きるわけで、これは凄いです。見ているうちに、凄いことが普通になっちゃうから不思議です。
そういう意味では映画らしい映画かも。ストーリーは非常に単純で、お子さんも楽しめる内容になっていますが、後で質問されても困るなぁ・・・。
アニメもいいけど、CGもいいですね。でも個人的にはCGよりもアニメの方が好きですねぇ。


プラダを着た悪魔
これは既に公開済みでDVDで見ました。新米編集者(というか、編集長アシスタント)アン・ハサウェイの変身とメリル・ストリープの鬼編集長の演技が見物。
ファッション雑誌の編集部が舞台のドラマですが、内容的には上記2作が娯楽作ですので、見応え感が一番ありました。
20代の女性が見ると、色々と感じるところがあるように思いますが、社会人ズレした叔父さんだとちょっと微笑ましく思えたりして・・・。
ラストはちょっと唐突ですけど、見終わった後に元気がでてくるような映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日曜日)

YAHAアンプ電源強化

音質改善(改悪?)のためのYAHAアンプですが、電源には秋月のアダプターを使っています。
低音は結構でていますが、電源についてはオペアンプや真空管にほぼ直結状態ですので、少し手を入れてみました。
秋月で購入した4700μFの大型電解コンデンサーを使って、諸先輩方の回路を参考に適当にデカップリング回路をでっちあげました。左側が追加回路の基盤。
Yaha_power_filter

続きを読む "YAHAアンプ電源強化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VR10XMT 18/SSB

本日夕方にMFJ-1924と以前からモービルで使用していたHi-Q-2.5/80 RTSを接続してベランダに設置しました。
今日は猛暑で、目の前の電柱のトランスからS9ノイズで殆ど聴こえませんでした。電力使用量が減ると、ノイズが消えてとっても静かなんですけどねぇ・・・。

18メガVR10XMTと59-59で交信。このアンテナでの初QSOになりました。
MFJ-1924はとても便利で、キャリアを出さなくてもチューニングできるのはとても便利ですね。
受信しながら同調していくと、同調点で受信中の信号がグッと強くなります。逆に言えば、結構選択度があって、プリセレが付いているような感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金曜日)

MFJ-1924

ベランダにスクリュードライバーを設置することにして準備を進めています。無線機はIC-7800だとAH-4の端子(オートチューナーコントロール端子)がありません。
コントローラーはチューニングポタン一発のモービル用や各社から発売されているSWR最小点で自動コントロールするタイプは使えません。
最近のスクリュードライバーアンテナの内部にはリードスイッチと磁石が入っていて、モーターが何回転したのかをカウントするタイプのコントローラーが使えるようになっています。
135で7メガ、100で14メガ・・・って感じでコイルの場所が特定できるので便利です。
Mfj1924

続きを読む "MFJ-1924"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木曜日)

ステップドリル

工作する時の穴あけは電気ドリルですが、6mm以上の大きめ(Mコネクターとか・・)穴あけはリーマーを使っで手作業でした。
ベランダにアンテナを本格的に設置するための加工で、鉄板に穴あけ加工する必要がありまして、リーマーでゴリゴリ頑張ること一週間(毎日十分程度ですけど)。
残念ながら鉄は硬くて穴が広がりません。リーマーの刃が鉄に負ける・・・というよりも、鉄にリーマーの刃を食い込ませることができないという完全に僕のパワー不足。
歯が立たないとはまさにこのこと。

手動リーマーは諦めて前から欲しかったステップドリルを購入しました。
Stepp_drill
これは4mm~20mmのステップドリル。4mmの穴をドリルであけて、その穴にコイツの鼻先を入れて広げていく・・・って使い方で最大20Φまで加工できます。

続きを読む "ステップドリル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土曜日)

デジタルテレビの時間差

自宅ではCATV経由で地上波デジタルを見ています。IC-7000ではアナログ、そしてUSBデジタル地上波チューナーでPC上で見ています。
シャック内で同一放送をアナログとデジタルで同時ワッチすると・・・・アナログの方が早い、デジタル地上波はアナログの5秒遅れ。

両方とも地上波で衛星放送ではありません。これはUSBデジタル地上波チューナーで受信してPCでデコード処理するために発生する時間差だろう・・・と思います。
この仮説を検証するため、CATV経由の地上波デジタルテレビとIC-7000のアナログを比較してみると・・・なんと、ここでもIC-7000が2秒差で最速(?)です。
結果はアナログの圧勝です。

つまり、僕のところではIC-7000(アナログ)→2秒後  CATV経由のハイビジョンテレビ(デジタル)→3秒後  USBデジタル地上波チューナー+PC(デジタル)という状況でした。

う~む。デジタル地上波で流れる時報で時計を合わすのはマズイですね。特にPCでテレビを見ている場合は、PCの処理パワーで時間差が変わると思います。でも今のPCは決して遅くないのですけどねぇ・・・。
僅か数秒ですが、例の地震速報が始まると、アナログテレビを見ていたらデジタルテレビよりも数秒は時間を稼げることになります。
これはデカイ!いそいでデジタルにする必要は無いかも?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水曜日)

YAHAアンプ

BOSEのM3ですが巷の評価通りで、元気な時はいいのですけど、仕事でヘロヘロになって帰宅した時なんか、その解像度の高さがチト疎ましくなる場合があります。
ゆる~い感じでラクに聴きたいような時とか・・・・ね。まぁ、簡単に言えば一般的に言うデジタル的な感じがします。
そういう場合に良く使うテとして「真空管アンプ」があります。M3はパワーアンプ内蔵ですから真空管プリアンプ・・・って感じでしょうか?

ということでさっそく真空管プリアンプを作ってみました。今回の回路はM3入手前から興味があったし、タイミング良く基盤が手に入ったのでエイヤ!って作りました。
Yaha_audio_amp

続きを読む "YAHAアンプ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »