« デジタルテレビの時間差 | トップページ | MFJ-1924 »

2007年8月 9日 (木曜日)

ステップドリル

工作する時の穴あけは電気ドリルですが、6mm以上の大きめ(Mコネクターとか・・)穴あけはリーマーを使っで手作業でした。
ベランダにアンテナを本格的に設置するための加工で、鉄板に穴あけ加工する必要がありまして、リーマーでゴリゴリ頑張ること一週間(毎日十分程度ですけど)。
残念ながら鉄は硬くて穴が広がりません。リーマーの刃が鉄に負ける・・・というよりも、鉄にリーマーの刃を食い込ませることができないという完全に僕のパワー不足。
歯が立たないとはまさにこのこと。

手動リーマーは諦めて前から欲しかったステップドリルを購入しました。
Stepp_drill
これは4mm~20mmのステップドリル。4mmの穴をドリルであけて、その穴にコイツの鼻先を入れて広げていく・・・って使い方で最大20Φまで加工できます。

加工可能な最大のサイズや段数、刃先コーティングで色々な種類がありますが、今回はチタンコーティングにしました。購入先は「プロ工具のNABEYA」の通販で2,980円。

数日で届いたステップドリル、使ってみると、とっても便利!
20mm程度の大きな穴が簡単に空けられます。無線工作ではコネクターの穴あけって結構面倒ですけど、これを使うと簡単。
アルミはもちろん、鉄でもグリグリグリグリ・・・・って削ってくれます。

このステップドリルは円錐形に溝の組み合わせで、溝のエッジで削って穴を広げる仕組み。
コイツは一応9段階のサイズで加工できます。溝は写真の裏側にもあって、回転時に左右対象でバランスも良好。溝が一つだけのタイプは手持ちではプレて使いにくいですね。

あまりにも簡単に穴あけできた(20秒かな?)ので、コイツでもっと穴あけしたいです。コネクターを並べた同軸切替器でも作れば満足できるかな?(笑)

|

« デジタルテレビの時間差 | トップページ | MFJ-1924 »

コメント

便利なものがあったんですね。こちらも手動リーマまたはドリルで円状に穴を開け、丸やすりで大きな穴に仕上げるというどちらにしても手間と時間がかかる方法でした。私も買いたくなりました。

投稿: JA0RUG 山際 | 2007年8月 9日 (木曜日) 17時04分

 私も注文しました!
 いろいろ使えそうで楽しみです。

投稿: JO1KVS | 2007年8月 9日 (木曜日) 22時41分

小出さん
速攻ですね。でも、このステップドリルは便利ですよ。6mm程度までのドリル刃があれば、後はコレ一つで事足ります。

山際さん
こんにちは。手動リーマとは雲泥の差でした。実は穴あけが大変なので小物にはプラケースを多用していましたが、これで金属ケースでもヘッチャラになりそうです。
4角穴はヤスリ併用ですが、円形なら本当に簡単です。

投稿: JI1ANI 福井 | 2007年8月 9日 (木曜日) 22時51分

 ドリル、リーマー、シャーシパンチ、ハンドニブラーは持っていましたが、これは優れものですね。実は知りませんでした。工作の幅が広がりそうです。

投稿: JO1KVS | 2007年8月10日 (金曜日) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/16050989

この記事へのトラックバック一覧です: ステップドリル:

« デジタルテレビの時間差 | トップページ | MFJ-1924 »