« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日曜日)

50MHz用短縮ホイップの比較

アンテナの短縮方法ってコイルを入れるのが一般的ですが、1/4λの電流分布からボトムローディングよりトップローディングの方が輻射効率が高い・・・・って書いてある本もあります。
確かにボトムローディングだと、なんとなく輻射効率が悪くなりそうな・・・感じがします。でもトップローディングは先端にコイルがあって、安定性に欠けるためか市販品では見かけません。
そこで短縮コイルの位置が違うホイップを作ってみて、コイルの場所による飛び・受けの差を検証することにしました。
6m_whip
上:マルドルHS-319-6M
下:サガ電子  AL-28改造

下はサガ電子のアローライン(28MHz用)の輻射エレメントを使って先端のエレメントを取り外して、短いエレメントに交換して50.2Mhzに調整したものです。
HS-3619-6Mは本来51MHzのFM用ですので、エレメントの先端に大きめの圧着端子を取り付け、やはり50.2MHzに調整しました。

続きを読む "50MHz用短縮ホイップの比較"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

VK9WWI 10/CW

やはり早起きは三文の得。CQ中のVK9WWIを数回のコールでGet!
実は快調にパイルを捌いていて、小一時間コールしたのですがダメ。そのうちQRXになって、皆さん諦めたようです。
諦めたと言うよりも10Khz下ででている9U0Aにお引っ越ししたようです。こちらでは9U0Aは信号が聞こえるもののカスカス。ちと呼べません。

本当に早起きは得ですね。14の20分後に18のCWでも出来ました。5分程度しか呼んでいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土曜日)

VK9WWI 14/CW

Willis Islandsは2000年のVK9WI以来のQSOです。前回はSSBのみだったので、嬉しいモードニューです。
夕方に14CWで呼び始めた時は信号もS0で結構パイルアップがキツい。小一時間呼んでもだめ。その後SSBにQSYしてから、再びCWにでてきました。

今度はビームを北方向にしたのか、信号もS3~5程度と期待できる強さ。 UP1で数回コールするとコールバックがありました。やはり競争相手がいるとだめです。ワッチしないと・・・。
クラスターに載っていないためか、呼ぶ局は数十局程度のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

垂直偏波と水平偏波

50Mhzはグランドウェーブでの交信が中心ですから、ベランダに設置したスクリュードライバーだと垂直偏波で交信距離が伸びません。
伸びないというよりも、相手が少ない(SSBだと・・・FMは垂直偏波が多いようですが、相手局が少ない)

そこでシャックの西側の窓にホイップを突き出してみることにしました。窓には防犯用の鉄製の柵が設置されているので、その柵にモービル基台を噛ませることが出来そう。
でも、西側は隣の8階建て建物と10m程度離れているだけで、南北方向にしか見通せません。
まぁ、ものは試し・・・・と、クリップ型の基台を防犯柵に挟んで、短いホイップアンテナを取り付けてみると、聞こえる聞こえる・・・・。

因みに短いホイップはコイツ。
Maldol_hs_3196m
Maldol HS-319-6M
■c1/4λ■耐入力(MAX POWER INPUT):30W(F3)
■接栓(CONN.)M-P  ■全長:(OVER LENGTH):約660mm ■重量 (WEIGHT):約80g

やはり50MhzのSSBは水平偏波でないと駄目ですね。驚いたのがどちらのアンテナからも開けている真南方向のある局で、ベランダのスクリュードライバーでは聞こえないのに、西窓から突き出した半分以下に短縮した水平ホイップでは59+で聞こえるのです。
その局は3WのQRP運用でしたので反射波を含まない直接波のみだったので、偏波面の差が顕著に出た例ではないかと思います。

続きを読む "垂直偏波と水平偏波"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金曜日)

3B7Cの結果

3b7c_online_log
うわぁ~い。オンラインログに載りました。相手のopも二度コールを打ってくれたし、自分でも大丈夫だとは思っていましたが、なんせ信号が弱かったので、いままでになく心配でした。
3B7Cはアフリカですからねぇ~。
ちっこいアンテナですから、喜びもひとしお。もっとも、QRPではありませんので、あまり自慢にはなりませんが・・・。
今回はQRT直前ですから、粘り勝ちというところでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火曜日)

ロケットのホイップ

3連休はお墓参りに行きましたが、その帰り道に秋葉原のロケットに寄り道しました。
窓枠に取り付けるモービル基台の購入が目的でしたが、2580円とお買い得のデュアルバンドホイップを発見!
もちろん購入しました。
Rocket_whip1
黄色の袋です。黄色の袋と言えば・・・・
そしてメーカーの特徴が一番でる根元の部分は
Rocket_whip2
と、角張っていて、黒い部分が幅広なデザイン。
そうです。黄色い袋はダイヤモンド、角張ったデザインはダイヤモンドのNRシリーズにそっくり。
ホイップ全体のフォルムはNR-770Rに檄似です。説明書にもメーカー名などは一切記載されていません。でも、モノは大変しっかりしていますので、単純にNR-770Rのロケット版と考えることにしました。

続きを読む "ロケットのホイップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月曜日)

3B7C 10/CW

やっと出来ました。S2からノイズレベルまでのQSBがありましたが、なんとかQSOできました。
QRZ連発中だったので、数回コールでした。でも2回程AGNでした。向こうでは結構カスカスのギリギリだったと思います。10メガは嬉しいバンドニューです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

BIJ工房 すき間ケーブル

窓のすき間に普通の同軸を通すのは難しく、アパマンハムの第一の関門と言っても良いと思います。
一般的に市販されているすき間ケーブルは衛星受信用の75Ωだったり、ハム用のものは耐圧が30W程度とハイパワーには対応していません。500Wは無理としても100W程度は無理なく通過して欲しいところです。

多分、同じようなことを考えている方がいらっしゃるのでしょう。BIJ工房の「窓のすき間を通過する50Ωケーブル」をハムフェアのとあるクラブブースで入手しました。以前秋月で見かけた記憶があります。今回入手したのは新古品のようです。

スペックは1.8MHz/1KW-500MHzと記載されています。BIJ工房って初耳ですが、恐らくJ○○BIJさんのハンドメイドではないかと想像しています。
Sukima_cable

続きを読む "BIJ工房 すき間ケーブル"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日曜日)

さしあげます SAMSUNG DVD-P200J

Samsung_dvdp200j
SAMSUNG DVD-P200J 本体・リモコンのみ
説明書・保証書・外箱はありません。基本的な動作は確認済です。
送料着払いでお送りします。送料のみご負担ください。

【主な仕様】

ビデオDAC:27MHz/10bit 、オーディオDAC:96kHz/24bit、SN比:110dB以上 、ダイナミックレンジ:100dB以上 、出力端子:D1×1、コンポジット×1、S×1、光/同軸デジタル×各1、ステレオRCA×1、消費電力:15W、質量:2.5kg、本体寸法:242×283×72mm(幅×奥行き×高さ)

ずっと活躍していましたが、他の機材を購入したため不要になりました。捨てようかと思いましたが、AIWAのリモコンでイタズラ(※)する方もいらっしゃるかと思い、お譲りすることにしました。ご希望の方はメールでご連絡ください。ご連絡がない場合は粗大ゴミになります。
※僕はAIWAのリモコンで悪いこと(?)はしていません。

お譲りする方が決まりました。ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土曜日)

3B7C 21/RTTY

先程から頑張っているんですけど、どうも無理そうな感じです。こちらでは信号はコピーできる程度には聞こえていますけど、本当は(3エレ程度なら結構強く聞こえているんじゃないでしょうか?

小一時間頑張りましたがコールバックなし。一応3B7SPでRTTYはQSOしていますが、21メガはバンドニューなんです。
建物の南西の角にアンテナがありますので「こりゃ、南西はバッチリ」なんて思ったのですけど、実はラジアル(手摺り)の長手方向は東になります。手摺りの西方向は1.5m程度しかありません。

バーチカルはラジアルのある方向へ指向性がでますが、今回もどうも東方面の方が飛び・受けも良いように感じています。練馬の時よりもKH6が目立って聞こえるんですよねぇ・・・(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金曜日)

OPA627AUとBP

ここのところ、とっても忙しくて無線関係の時間が中々とれません。

とっても気持ちが良くなるオペアンプ、バーブウラン(TI)のOPA627BPについては以前記事にしました
引越し後は無線用のスピーカーはアンプ内蔵のBOSE M3に変更したため、パワーアンプRSDA302PとスピーカーSC-M53のセットはフルハイビジョン液晶モニター用のAVアンプとスピーカーとして利用しています。

さてOPA627BPはDIPパッケージですが、627のSOPパッケージとしてOPA627AUがあります。
AUはBPのように選別品(BPはAPの選別品)ではありません。
OPA627AUをBrownDogのSingleSOPx2→Dual DIP変換基盤に乗せると、一般的なDIPタイプのDualオペアンプとして利用できます。つまりDIPタイプの5532や4580と差し替え可能になります。

627BPは「目から鱗」だったので、弟分の627AUもどんな音を奏でるのか気になります。627AUの価格は627BPの2/3程度とBPよりもお手頃ですから、BPのような清水の舞台から飛び下りるような気分ではなくて「今日は少し飲んだなぁ~」的なノリと、お兄さんがあれだけできるのですから弟もソコソコ・・・という安心感(?)で購入できます。
※価格は他のオペアンプと比較してはダメです(笑)。

続きを読む "OPA627AUとBP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土曜日)

3B7C 芳しくないです

先週からときどき3B7Cを狙ってワッチしていますが、どのバンドでも今一つ・・・というか、弱いです。
もちろん、アンテナのこともありますが、それ以上に建物の影響のような感じです。3B7Cの信号は一応聞こえますが、信号に腰が入っておらず、フワフワした感じでどこかで反射したり、散乱しているような信号なんです。

先が長いのでパイルが収まったころに・・・なんて考えていますが、これは結構キツイかも。距離的にはEu方面に比べても近いのですけど、方角的にヨロシクないようです。
建物の方角は磁石と南中(昼の太陽の方向)でも調べましたが、殆ど東西に長い感じですから、角度的にはなんとかイケるかな?って思っていたのですが、チト無理そうです。
いづれにしても、バンド・モードとにも多数のニューがありますので、頑張ってみるつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水曜日)

1/2λでの差

144MHzの1/2λアンテナ、もう一本ありましたので他のアンテナと比較してみました。

コメット  UHV-6
Uhv6
144/430のみ抜粋
144MHz2.15dBi 430MHz5.5dBi 全長1.9m(MAX)
144MHz1/2λ 430MHz5/8λ2段
耐入力200SSB   重量540g 

実際には写真の十時部分から上を取り外して50/144/430Mhzのアンテナとして実験しました。
途中で50メガ用のローディングコイルも取り外して、実質長は97cm程度で実験をしました。結果的には一番長いSB14よりも10cm弱短い状態です。全長1m前後ですし、中央のコイルは430MHzの5/8λ用と考えて、144MHzでフルサイズの1/2λで動作していると考えて良さそうです。
ですから、パフォーマンスは全長1m前後の144/430デュアルバンドホイップの典型に近いと思います。

続きを読む "1/2λでの差"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木曜日)

144/430ホイップの比較

ベランダの手摺りにシッカリとアースを取ってV/UHF専用のモービル基台を設置したので、早速手持ちのホイップアンテナを総動員して、どれを使うのか性能比較です。
今回の比較からベランダアンテナの法則のようなものが浮かび上がってきた!って喜びましたが、冷静に考えると当然のことでした。
今回比較したのは全部で3本。今回は同じモービル基台にホイップを取り付けて、なるべく安定した信号を受信しながらホイップを付け替えて比較する方法にしました。
送信については今回は比較していません。
最終的な目的は144MHzでの性能をベースに、430MHzでもソコソコを狙うことです。SSBの場合は144MHzの方が相手局が多いことが理由です。

コメット  SBB2
Sbb2
144MHz2.15dBi 430MHz3.8dBi 全長0.46m
144MHz1/4λ 430MHz5/8λCフェイズ(430MHzノンラジアル)
耐入力60WFM   重量105g 

しっかりとしたアースが取れたことでノンラジアル以外でも良いから、短くて性能もヨサゲなものの中から目立たない黒ということで選んだ一本。ハムフェアでのお買い物です。

マルドル  AX75
Ax75
144MHz3.2dBi  430MHz5.7dBi  全長0.76m
144MHz1/2λショートニングCP型 430MHz5/8λ×2段(144/430ノンラジアル)
耐入力60WFM   重量140g
 
引越し直後にベランダに取り付けるために購入しました。144MHzがこの長さで3.2dbiというのがポイントです。

この2本、長さも違いますがゲインも144は1dbi、430は2dbiの差があります。アンテナは長い方が有利という定説(?)は如何に?
実験の結果は興味深い結果となりました。

続きを読む "144/430ホイップの比較"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火曜日)

サッシ窓に同軸を通す

Sukima_cable_setup
すき間ケーブルはこんな感じで配線しています。Mメスコネクターの普通の同軸への連結部は強力両面テープでサッシ枠と窓枠(モルタル)に固定しました。

この状態でサッシは網戸もガラス戸も不具合なく締めることができます。最初は「長すぎじゃないかな?」と思っていたすき間ケーブルは、丁度良い長さでした。

写真では外側のコネクターにアンテナへの同軸がつながっていますが、ここに50Ωのダミーロードを接続して、連続送信実験を行いましたが、事前に調査した時と大差ナシ。
曲げても問題は発生しません(当然ですが)。

続きを読む "サッシ窓に同軸を通す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月曜日)

ベランダアンテナのマッチング

ベランダの手摺りにホイップアンテナを垂直に取り付けた場合、見た目は「垂直アンテナ」なんですが、ベランダの手摺りが建物の鉄筋と接続されて良好なアースとなっているわけです。
すると、建物全体をグラウンド(地面)と考えた方が良さそうです。図のような場合は、垂直に切り立った断崖の側面に掘った穴(ベランダ空間)の崖の表面スレスレにアンテナを設置した状態・・・と言えるのではないでしょうか?

Whip_setup

水色の部分は建物でコンクリート内部の鉄筋は良好なアースです。僕は4階で、5階から上階は斜め上にズレる形になっています。黒と赤はスクリュードライバー本体とコイルの先に取り付けたホイップ(アルミ線)です。
本当はMMANAでシミュレーションすべきですが、この複雑な形はかなり難しそうです。

続きを読む "ベランダアンテナのマッチング"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日曜日)

IC7800のノイズブランカー

IC-7800のノイズブランカーは良く効きます。ノイズの発生源は、ベランダの目の前の柱上トランス付近と思われます。電力消費が増えるとS9のノイズがバンド全体をマスクします。
HF~VHFまで発生しており、UHFでは発生していません。
エアコンを使わないような状態では、場所を考えるとあまりノイズも無く結構静かな方だと思います。ロケーションは商業地と住宅街の丁度境目になります。
このノイズ、インバーターノイズと違って礼儀正しいノイズのためか、IC-7800のノイズブランカーが大変良く効きます。

これは9月2日お昼過ぎに14メガでJE1LFXさんがAAコンテストでCQを出しているのを受信している様子です。
ノイズが出たり、消えたりしていますが、ノイズが消えた時はノイズブランカーをonになっています。offにするとノイズで信号が殆ど聞き取れません。

LFXさんの信号は59ですがノイズもS9なので、ノイズブランカーを入れないと了解度が非常に悪くなります。
S9の信号でこれですから、S5程度の信号など、ノイズにマスクされて全く聞こえません。夏の昼間はちょっと我慢です(先日の猛暑では夜も・・・ですが・・)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Hi-Q-4/80 RTSのマッチング

Hi-Q-4/80 RTSをベランダに設置して2週間程度運用してみました。パフォーマンスは大変素晴らしく、ローバンドは耳が飛びを上回っている印象です。まぁ、ローバンドでは損失が大きいので仕方ありません。

自動車に類似のアンテナを取り付けた場合では、ローバンドでマッチングコンデンサーが必要だったのですが、同じアンテナをベランダに設置したところ、3.5や7メガでもアンテナだけでSWR1.0でした。
少し不思議に思ってHi-Q-4/80 RTSだと必要なのでは?などと理由もなく考えていましたが、どうやらHi-Q-4/80 RTSでもマッチングコンデンサーは不要です。

う~む。

よく分かりませんが、自動車のルーフに取り付ける場合は、アンテナの設置条件が理想的な条件に近いように感じます。
それに比べてベランダの手摺りの場合、ベランダの上部には上階のベランダがあるわけで、ベランダから突き出さない限り、かなり理想的な条件とは異なります。

続きを読む "Hi-Q-4/80 RTSのマッチング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土曜日)

microKEYER II

microHAMから新製品が登場します。各社よりかなり早いタイミングでUSB接続のデジタルモード用のインターフェースを発売していましたが、microHAMはソフトもこまめにアップデートして、中々好感が持てます。
今回はmicroKEYERのバージョンアップ版で microKEYER II が登場するようです。まだ発売されていませんが、もうすぐ発売されると思います。
Microkeyer2
サンドカードインターフェースは機能的には差別化が難しい商品ですが、各社のトランシーバーと接続できるのは当然として、今回はmicroKEYER IIからICOM  PW-1をコントロールする機能が追加されようです。

つまりFT-2000辺りにこのmicroKEYER IIを接続して、microKEYER IIとPW-1を接続するとFT-2000とPW-1が連動して使えるイメージでしょうか?ちょうどFTCのような機能ですね。
周辺機器も含めて無線機と連動した制御ができるようになってきましたので、この方向性は良いのではないかと思います。
microHAMのページは右側のリンク集からどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »