« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木曜日)

テレビアンテナ用同軸を使ったLAN

既存の設備を使ったネットワーク構築製品には、色々と問題になっているPLCの他にも幾つかありますが、テレビ用の同軸を使った製品が発売されました。
確かに、古い家屋でも数部屋にテレビアンテナの同軸が配線されていて、F型コネクター端子になっているようです。

電灯線ではやはり家電製品からのノイズや、回線自体が不安定で速度が上がらないなど、色々と問題が発生するのに対して、テレビ用の同軸はまさに安定している回線です。
発想としては今は殆ど姿を消した10BASE-2の高速版のような感じ。
Cxad01set_200_3 
製品はコレガのCG-CXAD01SETです。気になる周波数帯は12~28MHzということで、14/18/21/24/28Mhzのアマチュアバンドも含まれています。
ノイズがジャーシャーでてくることは無くても、各アマチュアバンドで送信すると、いきなり転送が止まったり・・・なんてことは大丈夫なんでしょうか?

この製品、基本的にはテレビアンテナ用の同軸に重複させるわけですから、テレビアンテナにはアマチュア無線の電波も飛び込んでいるわけです。
12~28Mhzは基本波と同じですから、このアダプターにバンドパスが入っていても無関係ですよぇ・・・。

あと、製品案内に明記されていますが、この製品は暗号化されていません。もっとも自宅内のテレビアンテナ配線ですからスピードを落とす暗号化は不要ですね。つまり家庭内LANそのものですから・・・。集合住宅ではチト困ったことになりますけど(そういう意味では集合住宅だと別の使い方がありますけど・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月25日 (日曜日)

売ります:SBC-001

Sbc0011
サブバッテリーチャージャー(アイソレーター)  SBC-001
付属品:なし(写真の本体のみ)
価格:4K(送料ご負担ください)

モービル局をサブバッテリー運用していた時に使っていました。サブバッテリーの充電は結構面倒な制御が必要ですが、これがあると簡単です。
普通のアイソレーターだけでは、電圧制御など追加で一工夫必要なんですが、その回路が全部入っています。

このテの機材にありがちなノイズが心配でしたが、僕の場合特に気になるノイズは発生しませんでした。
まずはメールにてご連絡ください。

売れました。ありがとうございました。

続きを読む "売ります:SBC-001"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土曜日)

高井戸の天竺や

僕の車のタイヤは最近一年中スタッドレスです。ただ、スタッドレスだと東京では秋~冬しかタイヤ交換できないのが不便ですが、最近のスタッドレスは静かで雨の日のグリップもソコソコ、ですからオールシーズンタイヤ代わりにしています。

今のミシュランも随分と減って、スタッドレスとしては使えない位になったので、履き替えることにしました。
今回はブリジストンのブリザックにしました。これ、結構静かで、ハンドリングもスタッドレスの割にはしっかりしているようです。
高井戸のオートバックスで交換しましたが、オートバックスでは11月末まではスタッドレスは1割引、交換する方はお早めに。

さて、タイヤ交換の間に環八高井戸陸橋脇のインド料理店「天竺や」で昼食を取りました。
Indian

続きを読む "高井戸の天竺や"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金曜日)

Little Tarheel2装着

Little_tar1_3 のびのびになっていたモービルアンテナのセットアップをしました。杉並も先週から急に冷え込んでいて、今日も昼間から北風が強くて寒かったけど、来月は色々と忙しくてできそうにないので頑張りました。

今回取り付けたアンテナはやはりスクリュードライバーなんですが、ルーフレールへの負担を軽くするためLittle Tarheel2にしました。
小型軽量で有名なサイドキックとほぼ同じサイズで、大きくて重いスクリュードライバーアンテナの中では小型で軽量です。
全長145cm重さは900g、付属の83cmエレメントで3.5 ~ 54MHzをカバーします。僕は東京ハイパワーから購入しました。

取付はボルボ850のルーフサイドで、昨年まな板を加工して自作したモービル基台を使っています。今回はアンテナ折り曲げ機構に替えてアンテナ自体を取り外せるようにしたことです。
以前のアパートの駐車場は住人以外は入りづらい場所でしたが、今度のアパートは駐車場が道路に面していて、自動車やアンテナが道を歩く人から触れる距離なんです。

まぁ、駅に近いこともあって、人目は深夜までありますが、やはりイタズラが心配です。

給電点はこんな感じ。

続きを読む "Little Tarheel2装着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土曜日)

旅先での音楽環境

iPODや各種携帯音楽プレーヤーの普及により、CDやMDなどの媒体と再生装置を持ち歩く・・・という感覚から、音楽を持ち歩く・・・という感覚に変わって来たのではないかと思います。

基本的にはイヤホンや軽量ヘッドホンで聴くわけですが、部屋でリラックスしている時も、持ち歩いている携帯音楽プレーヤーをアンプスピーカーに接続して聴くのが普通になって来たようです。
携帯音楽プレーヤーのデータは基本的には圧縮されているので音質的には多少難がありますが「いつでもどこでも音楽と一緒」というのはなかなか魅力的です。

そんなわけで、携帯音楽プレーヤーに接続して聴くパワードスピーカーも結構な種類があって、旅行に持っていく方も多くなっているようです。
でも、やはりスピーカーは嵩張ります。

そこで僕の場合、旅行の友はコレ
Rcamini
単純なRCAピンジャックとステレオミニジャックの変換ケーブル。

続きを読む "旅先での音楽環境"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火曜日)

WAZ RTTY

先日JE1LFXさんのブログでWAZ RTTYを取得された記事がありました。LFXさん、おめでとうございます。
僕は、WAZはデジタルモードで燃えましたが、その後燃え尽き症候群ではありませんが、他のモードでは今一つ・・・という状態です。

RTTY WAZを見ているウチに、RTTYもいいなぁ~と思ってきました。
そこで「どれどれ、あと幾つぐらいだろうなぁ?」ってLoggerのアワードビューでWAZを確認してみることにしました。

って、数日忘れていて、先程確認してみました。すると・・・

「あれ?」

う~ん。
なんとRTTY WAZは完成しておりました。全然気がつきませんでしたねぇ(笑)。しかも20mシングルバンドのオマケ付きです。

続きを読む "WAZ RTTY"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土曜日)

XF4IH やっとcfm

2004年のペディションでQSOしたXF4IH。PSK31でも交信したので是非cfmしたいと思っていましたが、なかなかcfmできませんでした。
XF4はIHのペディションまで2000年のXF4LWYと28/SSBのみのQSO。昨年のXF4DLを機会に、再度SASEしてみました。

XF4IHのQSLカードが忘れかけたころ、ビューロー経由で届きました。嬉しいッ!

XF4IHと苦労して交信した様子はこのブログの記事にもしています。XF4IH 14/psk31  とか  XF4IHと18メガのPSK31で交信 です。

特に14メガは本当に50Hz置きに3QSOが並んだ状態でしたから、とっても苦労したので鮮明に覚えています。
その後コンディションが下ったこともありますが、その後、この時以上に厳しい状態でのQSOは経験していません。その記念QSLですからね。

もっともXF4自体は昨年のXF4DLが非常に精力的にQRVしたので、デジタルモードもかなり需要を満たしたのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木曜日)

ジ・アッタテラス クラブタワーズ

記事の更新がちょっと滞りましたが、週末は沖縄に行っていました。ジ・アッタテラスクラブタワーズに数日滞在しましたが、とてもリラックスできました。
Theatta
ゴルフクラブと併設されたリゾートホテルで、海から車で15分位のところにあります。やんばるの山の中ですから周囲はとても静かです。

また、このホテルのレストランなどの施設は全て滞在客のみしか利用できず、また年齢制限もあるため、とても静かです。
本当に隠れ家のような、とても落ち着いた感じのホテルで、テラスホテルのバトラーサービスも含めて、全てが上質で、とても気持ちよく滞在できました。

もっとも、11月の沖縄は暑い日には30度近くになるため、セミが賑やかに合唱しています。ホテルの方にお聞きしたところでは12月頃まではセミが鳴いているそうです。
クマゼミ(リュウキュウクマゼミ?)が多いのですけど、アブラゼミの仲間が混じっていて、鳴き方が関東と全然違う。なんか、映画「リディック」にでてくる鳥(?)のようなヒュ~ンというような鳴き方なんです。

続きを読む "ジ・アッタテラス クラブタワーズ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日曜日)

フォールドオーバー到着

スクリュードライバーはゴツイし、先端のステンレスホイップも結構長いので折り曲げ機構がないと車庫や駐車場で毎回取り外すハメになります。スクリュードライバーはネジ止めですから、スパナが必要で取外しは現実的ではありません。

アンテナを寝かすことができる折り曲げ機構はHi-Qアンテナの場合「フォールドオーバー」という名称で販売しています。真鍮の削りだしで結構ゴツイです。
Foldover910
六角レンチで固定しますが、なんせ数キロはあるスクリュードライバーを支えるので頑丈に作ってあるわけです。

現在、ベランダ設置のスクリュードライバーの根元にはコイツが入っていて、普段はアンテナを90度に寝かしてベランダの内側に隠れるようにしています。
QRVする時に立てて、ベランダからアンテナが顔を出すような・・・・感じです。

一個しかないフォールドオーバーをベランダに使っているので、モービル用のフォールドオーバーを追加で購入しました。

続きを読む "フォールドオーバー到着"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木曜日)

JUMA-TRX2A

Juma_trx2front1small
OH2NLTとOH7SVが開発を進めているJUMA Kitsが発展して、オールバンドSSB&CWトランシーバーになり、発売されることになりました。

JUMAは最初はTX1とRX1という送受信機がリリースされましたが、その後TRX1となって、今回のTRX2(3.5/7)とTRX2A(HFオールバンド)になっています。
TRX1は3.5/7の2バンドCW&DSB(SSB受信可)5Wのトランシーバーです。TRX2は出力は10WにQROされ、CWとSSBの送受信が可能で、コンパクトで軽量(1.9kg)な仕上がりになっています。

最近は、このようなアマチュア(セミプロ?)のキットはメーカー機にはない特色があって、とても面白いですね。
JUMAはシンプルさとDDSの信頼性、CPUを使った多機能の両立がポイントかな?TRX2のケース内には余裕がありますので、電池を内蔵すればポータブル機としてはかなりのレベルになりそうです。

続きを読む "JUMA-TRX2A"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »