« JUMA-TRX2A製作記 | トップページ | ZCAT2749-0430 »

2008年1月10日 (木曜日)

マッチングボックス その2

マッチングボックスの内部は大体完成したのですけど・・・・計画を変更することにしました。当初は各バンド決め打ち方式で考えていましたが、やはり容量を合成して可変できるようにします。

ホイップを付け替えたり、雨が降るとマッチングコンデンサーの容量がかなり変わること分かりました。特に雨の影響は大きいです。

それと・・・・今回利用したリレー、LY2シリーズはメイク時に結構電気を喰います。まぁ、デカイので耐圧面からは安心できますが、シャックの扉の隙間を通す関係でコントロール線が極細線なんです。リレーの場合は電気流れたママの状態が続きますからねぇ。

コントローラーでは1回路12接点のロータリースイッチでの切り換えを予定していますので、この接点を全部使いたいという貧乏性みたいな部分もあります(笑)。
リレーは高感度な小型なタイプに変更します。200Wだし・・・・まぁ、なんとかなるでしょう。

12接点のロータリースイッチを使ってダイオードマトリクスを組んでリレーを組み合わせて動作させ、多数の容量を作り出そう・・・という考え。

今考えているのは50/100/200/1000/2100pFを組み合わせです。アマチュア無線の各バンド用として全部で12通りの容量0/50/100/150/200/250/300/1100/1200/1300/2100/2300pF)を作ります。2100や2300は将来的な1.8メガ用です。
バンド毎に大体の容量が分かっていますので、容量が大きい方はかなりとびとびな設定です。

でも、これだけのマッチングコンデンサーを用意すると、今作っているのは要するに「リモート・アンテナカプラー」ということになりますね。
コイルはバリL(スクリュードライバー)でコンデンサーは固定容量のスイッチ切り替え式というわけです。

操作についてはロータリースイッチをクルッと1回転弱させると、バリコンのように容量が0~2300pFまで変化する・・・というわけです。
基本的には各バンド1ポジションですから、それほど操作も難しくないとおもいますし、運用していければ容量の種類はもう少し絞り込めるかもしれません。

下調べとしてコンデンサーの容量を調べていますが、例えば7メガでは250/300pFどちらでもX=0まで追い込めます。
ホイップ長が短いとマッチングコンデンサーの容量は大きめになります。測定した結果ではマッチングコンデンサーの容量は、ローバンドだと結構幅がありますので、100pF刻みで十分だと思います。

|

« JUMA-TRX2A製作記 | トップページ | ZCAT2749-0430 »

コメント

福井さん

なんだか大変なことになっていますね…
Hi-Qのマニュアルが再三「MFJ-909か910使えば幸せになれるよ~」と
言っていた理由がなんとなくわかりますね。
でもあのマニュアルだと、コンデンサボックスであるMFJ-909は
「Rig end」に置いていいと書いてありますよね。給電部じゃなくていい
理由があるのでしょうか?
私は今はリグ内蔵チューナで無理矢理ごまかしていますが、次のステージとして
マッチングには関心が高まっています。

投稿: JE6ACW Simo | 2008年1月10日 (木曜日) 12時49分

Simoさん
なぜRig endで良いのかは、アメリカと日本の人口密度を比較すれば明らかではないですか?
多少同軸から漏れたって隣の家が500m先なら関係ありません。それにRig endに置かないと、いちいち外にでて給電点のボックスをカチカチ操作する・・・なんてこと、お庭の広いアメリカンがしますかねぇ・・。
逆に無線機の内蔵チューナーを使えば、実質的にRig endのコンデンサボックスと同等ですから、逆に言えばATU内蔵無線機なのにRig endに入れるのは無駄なのではないでしょうか?
米国では以外とATU無しタイプが売れるようですからね。日本ではATUが付いてないと売れないそうですけど。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年1月11日 (金曜日) 00時00分

福井さん

なるほどですね…社会的要因が背景とは!
ちょっと目から鱗でした。
しかもよく考えたらHi-Qってモービルホイップなんですよね。
車の中だったら、Antenna endもRig endもたいした距離ないですし
より同軸放射の影響はなさそうですね。

勉強になりました。

投稿: JE6ACW Simo | 2008年1月12日 (土曜日) 11時49分

Simoさん
Hi-Qの説明書はモービルが前提だと思います。同軸短いですからね。自宅で使う場合はやはり給電点に入れてマッチングを取った状態で同軸をつないだ方がいいと思います。
せっかくのスクリュードライバーなので、基本的には無線機のATUはoffにしたいと思っています。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年1月12日 (土曜日) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/17621768

この記事へのトラックバック一覧です: マッチングボックス その2:

« JUMA-TRX2A製作記 | トップページ | ZCAT2749-0430 »