« マッチングボックス その2 | トップページ | 深夜のコロナ放電 »

2008年1月12日 (土曜日)

ZCAT2749-0430

コモンモード対策用のコアとしてTDKのZCAT3035-1330を愛用しています。同軸や各種配線など合計で100個近く使っていると思います。
内径が13mmあって太めの同軸でも挟めるし、細いケーブルは数回巻きしています。

先日、たまたま同じTDKのコアでZCAT2749-0430を入手しましたので、同社のHPでコアの特性を調べてみて驚きました。
Zcat27490430

10Mhzで400Ω近くあります。200Mhz辺りでは700Ωと、非常に高い値です。数個重ねるとかなり効果的なコモンモードフィルターになりそうです。
因みにZCAT3035-1330や他のコアはこんなに幅広い周波数帯でインピーダンスが高くありません。

Zcat30351330

ZCAT3035は10Mhzで100Ω、200Mhz辺りで200Ωちょっとという感じ。グラフのカーブもかなり違います。
他のコアも調べましたが、基本的にはZCAT3035と同じ形のグラフになっていて、どうやらZCAT2749だけが異なるようです。

ZCAT2749は小型で内径も4mmと細い同軸にしか使えません。また、コアが小さいので恐らくパワーも入らないでしょう。
ベランダに設置したV/UHFアンテナ用のモービル基台には、引き込みようの細い同軸ケーブルが50cm付いていますので、その部分に2回巻きでクランプしてみましたが、一応発熱とかは大丈夫なようです。

でも、同じコア材(品番の最後の2桁・30材)でこんなに特性が違うのはどうしてでしょうねぇ・・・。もしかしてグラフは2回巻きの特性になっているのかな?
それにしても良い特性です。

|

« マッチングボックス その2 | トップページ | 深夜のコロナ放電 »

コメント

いい特性ですね,lowband用のコモンに使用したい感じです。どこで入手されましたか?

投稿: ja4fhe | 2008年1月12日 (土曜日) 09時26分

FHEさん
ネットワーク用の巨大(?)なルーターを購入した時に付いていました。不要で廃棄するとのことですのでいただきました。
低い周波数で結構インピーダンスがありますので同軸以外の配線用にいい感じです。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年1月12日 (土曜日) 10時26分

今日は、コアーの特性て同じような顔?していても結構違うのですね。
私もTDKのZCAT3035-1330を使っております。(家の中の配線にやたらとついてます)
コアーが会社の製品基盤に結構ついておりまして、基盤交換する時に破棄する物から取り外しますのでタダ。

投稿: 奥村 JR2MIN | 2008年1月12日 (土曜日) 11時09分

MINさん
それは羨ましい環境ですね。僕の勤務先はハード担当部門ではありませんので、機会に恵まれないと今回のようなことはありません。
大掃除ときなんかにゴミ漁り(?)する程度です。無線では使いやすい3035-1330が一番有名ですし、僕も自宅の家電製品の電源コードに多数挿入しています。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年1月13日 (日曜日) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/17661140

この記事へのトラックバック一覧です: ZCAT2749-0430:

« マッチングボックス その2 | トップページ | 深夜のコロナ放電 »