« 無線機のマイクアンプ | トップページ | TX5C 強いです »

2008年3月 9日 (日曜日)

TX5C QRV! & 10/CW

今日の昼前からクリッパートンのペディ TX5CがQRVを始めました。14や18、そして21メガで出ているようですが、ベランダアンテナでは信号が弱いです。
そのうち・・・なんて思っていたら午後の10メガが強い!

現在リアル599で聞こえています。これは期待できますね。しかし、凄いパイルアップで15khz幅くらいで束になってパイルアップです。
僕は2000年のFO0AAAでSSBをcfmしているので、今回はCWとかのモード狙い、次は各バンドですね。
でも、やはり今回はローバンドかな? 今朝の感じではハイバンドはもう一つのように感じました。ビームアンテナだとかなり聞こえるのではないか?と思います。

なぁ~んて、小一時間コールして、さっぱりダメ。
凄いパイルなので「こりゃぁムリだわ・・・」ってブログ書いていたのですけど、書き終わってふと気づくとワッチしている周波数で数局、取っています。

おわぁ! ってコールしたらスプリットになっていなくてお漏らし・・・・。皆さんごめんなさい。
でも、そのあと2コール目で取れた。やったぁ。ベランダアンテナでゲットです。

結局17UPでした。今もっと上がっています。
多分、下の方は団子で全く取れない状態ではないかなぁ・・・。僕が聞いても凄いQRMMです。

|

« 無線機のマイクアンプ | トップページ | TX5C 強いです »

コメント

確かに10MHzは強力に入感してますが全然ピックしてもらえません。17UPにはまいりました。私もかなり上でトライしてみます。7MHzのSSBはさほどパンチ力がないシグナルでしたが、5回ぐらいのコールで拾ってもらいました、とりあえずは安心です。
ところでCobraアンテナをあげました、はじめはセンタをタワーのてっぺんに吊り上げIV型にしたのですが、羽の角度が開かずメロメロでした。仕方なく片翼をてっぺんにして張ったところ使い物になるようになりましたが、3.5MHZだけがチューンがとれません。以前のJA1AGJ局のトライのように3.8MHz以上はばっちりでした。そこで(http://www.vk1od.net/cobra/index.htm)のレビューを参考にEXCELで計算し、全長を82mすなわちセンターからおおよそ7.6mのところでパッチン(ZCAT2032)でアイソレーションをしてみました。ちょうどフィーダーの穴にパッチンが入り一つの穴に左右で一個づつ、念のため次の穴にも片方づづ2個入れ合計で4個のパッチンを入れてみました。結果は3.5MHzでばっちりとチューンがとれSWRのふらつきもなくなりました。それから、おまけですが、82mと言えば1.8MHzの半波長、もしやとおもい、1.8を試したら、なんと、完璧に波乗りサーフィン状態。ジュニアタイプなの1.8から29まで完璧に波乗りです。調子にのって試した50MHZですが問屋が卸してくれませんでした。

投稿: JA1KDP | 2008年3月11日 (火曜日) 00時32分

【続報】
途中でパッチンした影響か3.5MHzでは依然SWRは高く(ATUの調整ギリギリ)、特に低いほうで、出力を上げるとパッチンが耐えきれず決壊し、戻りの波が流れ込んでしまうようです。そこで、パッチンの位置をもう一個ラーダーが長くなるほうへ移動。結果、3.5MHzの高出力でも耐えられるようになりました。なぜか、チューニングが取れなかったら1.9MHzもOKになりました。その身代わりと言ってはなんですが7MhがNGになりました。この方法の場合、オールバンドでOKというのは贅沢な話なのかもしれません。私の目的は1.8,9/3.5、8がOKになったのでHappyです。移動運用の場合はパッチンの位置をマークしておくといいかも知れませんね。また秋葉原で売っている「MG」とか書いてあるパッチンに交換もしてみましたが効果ゼロ、ワークしません。その後メロメロだったIVに再挑戦、こちらは私の勝利。使用可能な状態です。IVの方がアンテナ全体が上に行き、TVのアンテナから距離が持てるので、IV設置としました。さて、1.8MHzでTX5Cは釣れるか。

投稿: JA1KDP | 2008年3月11日 (火曜日) 11時50分

KDPさん
上手くいきそうですね。アンテナはジュニアですよね?シニア張れるのならDP張れるハズですし・・・。
で、全長82mですが、つまりエレメント長(x3)+ハシゴフィーダー長(x2)=82mという計算で合っていますよね?
全長22m程度ですから、1.8-3.8のアンテナとしては結構使えるのでは?やはり興味は160mのパフォーマンスですね。
成功を祈ります。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年3月11日 (火曜日) 15時50分

勿論ジュニアですよ(本人はかなりの老体ですが)。数式はそれであってます。理論的にはIVにすると少し短めになるはずですが、このアンテナの場合、あまり関係なさそうです。7MHzでNGになった理由には関係しているかも知れません。もう少し、パッチンのベストポジションを考えて見ますね。1.8MHzのパフォーマンスですが、QSOはまだですね。TX5Cは聞こえましたが、すごいパイルでとっても勝てる気がしませんでした。10MHzですが、今のところHamstickDPの方がSがいいです。指向性があるからかもしれません。TX5CとはRTTYでQSOができました。3.5MHzの受信に関しては様々です。グランドウェーブではCobraが良いみたいですが、電離層反射で伝わる電波はHamstickの方が強い場合が多々あります。輻射のテストはグランドウェーブで比較するのが良いと思いますので今度の機会にでもお付き合いください。まあ、それにしてもCobraはシャキッとしてるときはいいですが、たるむとなんとも始末に終えないアンテナですね。

投稿: JA1KDP | 2008年3月12日 (水曜日) 13時06分

ジュニア了解です。
ぜひ、もう少し条件を詰めてください。7メガの件はやはりインバーテッドVというのが原因だと推測していますが、この辺りはAGJ局の方が情報をお持ちだと思います。
ローバンドの電離層反射は結構高角度から降ってくるような場合もありますので、難しいですね。
低角度の輻射がDXには有効ですが、ローバンドだとソコソコ角度も結構重要に感じています。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年3月12日 (水曜日) 16時01分

なんとなく感じたのは。
①パッチンって効くんだな、、、(まるでエレキばんのようだ)
②ハイバンドは適当な長さがあればなんとかなっちゃうという事
③やっぱり基本は波長に関係しているという事

また週末にでも色々やって見ます。真ん中で吊り上げてるので、少しおろせばIVの角度は多少フラットになりますね。

*やっぱ7700にもDual Watchほいいわぁ~ 

投稿: JA1KDP | 2008年3月12日 (水曜日) 19時01分

KDPさん
そうですね。僕も今のベランダスクリュードライバーで3.5とかに同調した状態で50メガが乗ることを経験しています。
エレメントが長いとハイバンドは確かに何とかなりますね。コブラはエレメントとフィーダーの両方で上手く共振というか、インピーダンスを合わせているようなんですが、どこでどうなっているのかはサッパリです。

投稿: JI1ANI/福井 | 2008年3月14日 (金曜日) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/40438181

この記事へのトラックバック一覧です: TX5C QRV! & 10/CW:

« 無線機のマイクアンプ | トップページ | TX5C 強いです »