« マイクプリ完成(にしました) | トップページ | KH2/JA1BBP 7・18・21/SSB »

2008年4月12日 (土曜日)

OPA637BPにしてみる

自作のマイクプリは蓋を閉めたものの、実はオペアンプの一つを交換してあります。LME49710は一週間以上経過したところで大化けして、大変良い具合だったのですが、以前から「一度使ってみたい」と思っていたオペアンプと交換しました。

まぁ、ダメだったらLME49710に戻せば良いので気が楽ではありますが、交換したOPA637BPはOPA627BPと並んで高価なオペアンプなので期待も大きいです。

OPA637BPは627の高速版の位置づけで、スルーレートが135V/usと627の倍以上あります。ですからG=10でのバンド幅も80Mhzと非常に広くなっています。
また、G>5となっており、ユニティゲインでは使用できません。そんなことから非常に発振しやすいオペアンプとして有名です。

マイクプリの場合、ゲインは1000(40db)程度取っていますので、問題ありませんが、ヘッドホンアンプなどではかなり使いにくいと思います。
LME49710と差し替えて暫く様子をみていますが、現在のところでは音質的も627を高解像度にした感じですし、チップも普通(30度程度)で発振してアッチッチ状態にはなっていません。

マイクプリは637で増幅して627でバッファするという・・・非常に贅沢な構成となりました。
627/637はエージングに100時間は必要ですので、現在もエージング中で最終的にどのような音になるのか、今からとても楽しみです。

最初はザラついた音質でしたが、だんだん角が取れてきた感じですが、解像度は悪くなっていません。音質は期待通り、非常に解像度が高く、響き方や低域の出方などは627と一緒。
また、全体的な音の雰囲気も、LME49710と比べて腰が下がった感じで無線用としてはなかなかいい感じになってきました。

このままエージングが進んでいけばいいな・・・と思っているんですが、さす、どうなることやら。

|

« マイクプリ完成(にしました) | トップページ | KH2/JA1BBP 7・18・21/SSB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OPA637BPにしてみる:

« マイクプリ完成(にしました) | トップページ | KH2/JA1BBP 7・18・21/SSB »