« カップリングコンデンサー | トップページ | OPA637BPにしてみる »

2008年4月 6日 (日曜日)

マイクプリ完成(にしました)

製作していたトランス式のマイクプリアンプ、完成しました。先週から昨日にかけて日頃から無線の音質に詳しい方々と交信して、レポートをいただいてきました。
自分でも「音質はソコソコ、これ自作なら頑張ったね」というセンを目指しつつ、できれば基準機として設定したFocusriteのVoicemasterPro(のマイクプリ部分のみ)を超えたいと密かに考えていました。

まだまだ、煮詰めるべき部分や、当初の計画から欠落しているADC部もありますが、アナログのマイクプリアンプ部分はほぼ落ち着いたので、一段落つけることにして、ケースの蓋を閉じることにしました。
Micpre08apr1
全面パネルにはゲインコントロールと電源プッシュスイッチと青色のパイロットランプだけ・・・。
ADC部を搭載すると、もう少し増える予定・・・・なんですけど。

上カバーを開けたところです。
左側がマイクプリアンプ部、右側が電源部です。
Micpre08apr2

基板の固定はタカチのT-600という貼り付けタイプを使っています。普通、基板はシャーシーにネジ穴を開けて中継ネジ端子などで固定しますが、タカチのT-600は四角いプラスチック板に3mmのメスネジと両面テープが付いていて、シャーシーに穴を開けなくても基板を固定できます。
とても便利なスグレモノですが、お店では見かけません。

Micpre08apr3
これはプリアンプ。右上が入力トランス&インピーダンス変換基板。赤色がプリアンプとバッファーアンプ基板。下左がバランス変換基板。下右がアウトプットトランス基板です。
入出力のキャノンコネクターは1点アースして、hot/coldとGND間にはパスコンいれています。本来は100-300pF程度なんですが、手持ちの関係で500pFが入っています。

Micpre08apr4
これは電源部です。分電基板(?)を追加しただけで、殆ど手をいれていましせん。電源のパイロットランプの色は涼しげな青色LEDにしました。

やはりケースにいれて写真撮ると、作った・・・って実感がひとしおですね。
1Uケースが大きいように見えますが、真ん中にADC基板が載ると、中央の空きスペースは丁度良い感じになると思います。

|

« カップリングコンデンサー | トップページ | OPA637BPにしてみる »

コメント

コンバンハ.

凄くシンプルでカッコイイですね!
何だか,カッコイイですよ,ビンゴですねぇ.

それでお聞きしたい事があります.
何処かに書かれていたかも知れませんがスミマセン.
そのシンプルなアルミヘアーラインのフロントパネルは,1Uサイズで販売されているのですか?
私も,自宅にいた頃,チョット考えていた事があったのですが,フロントパネルの事がネックで断念した事がありましたので.
そんなの売ってるよと言われそうですが,全く知らないものでして...スミマセン.

投稿: ja8rxd/JJ/YB | 2008年4月 6日 (日曜日) 21時36分

RXDさん
こんばんわ。インドネシアからコメントありがとうございます。
VUメーター程度は付けたいのですが、1Uに納まるメーターが無くて・・・。LEDメーターも穴を綺麗に並べる自信がありませんので、省略しちゃいました。

1Uのアルミヘアラインのブランクパネルはプロ向け機材などの販売店で売っています。
クロとか塗装仕上げなどもあるようです。このブランクパネルさえ手に入れば後ろはアルミの弁当箱のようなシャーシーで十分です。
ラックケースにマウントすれば見栄えいいです。まぁ、ちょっと大きいのが問題ですけど。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年4月 6日 (日曜日) 22時16分

コンバンハ.

了解です.
灯台下暗し.いつもマイクとか買っていたネットショップでも売っていました.なる程ねぇ.
知っていたら,何か作ったかもで残念です.

ありがとうございました.

投稿: ja8rxd/JJ/YB | 2008年4月 9日 (水曜日) 01時25分

RXDさん
あ、見つかりました?では日本に戻られたら、色々と作りましょう。楽しみにしていますね。
1Uはなんせデカイので、なんでも入りますが、高さだは気をつけないと、特に電源トランスが入りにくいです。
2Uなら全く問題ありませんが、それはそれで無線機並みのサイズですからね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2008年4月 9日 (水曜日) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイクプリ完成(にしました):

« カップリングコンデンサー | トップページ | OPA637BPにしてみる »