« BT1OJ 7/CW | トップページ | IC-7200発売 »

2008年6月14日 (土曜日)

トランスの移動

自作のマイクアンプ、その後全然作業が進んでいませんが、今日はトランスの位置を修正しました。
トランスの容量アップに伴って、ドーナツの直径が大きくなってしまってため、少し内側へ位置をズラししました。
Troidal_trans_moved
写真右上のヒューズホルダーとも離れてまずまず。
中央の固定ビス用の穴を新しく開けましたが、以前の取り付け用の穴は丁度トランス固定用の座布団(固めのスポンジ)で隠れてしまいます。

でも、今度は写真左上のADC基板と接近してしまいました。ADC基板はもう少し左に寄せるつもりです。

いまマイクプリアンプの電圧は+-17Vにしていますが、丁度良い感じです。+-15Vよりも少し広がりがあるような感じがしますが、これはオペアンプが電圧で多少変わるためではないかと想像しています。

それとADCのデジタル出力からノイズが漏れているようです。14メガ辺りです。外部アンテナでは大きな影響がありませんが、室内アンテナでは結構強くノイズが受信できます。
同軸出力部分にローパスフィルターでも入れてみるつもりです。

|

« BT1OJ 7/CW | トップページ | IC-7200発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トランスの移動:

« BT1OJ 7/CW | トップページ | IC-7200発売 »