« ワイパーゴムの交換 | トップページ | BT1OJ 7/CW »

2008年6月10日 (火曜日)

キャパシティハット届かず・・・

Hi-Q-6/160RTでの1.9メガ運用は、東京・神奈川・新潟コンテストで各10局程度交信した感じでは、結構使える・・・・でしょうか?
もちろん、アンテナのサイズ(全長4m)とベランダ設置ということを考慮すると、自分的には最高!なんですけどね。
それに3.5メガでは同時に数局コールしている中で、自分にコールバックがあったりして手応えも感じました。

さて、現在の設置方法では最低共振周波数はエレメントを一番伸ばしても1890khzと国内QSOには問題ありませんが、DXバンドは届かず・・・。
実は現在コイルの上部には直径10cmのキャパシティハットを取り付けています。コイルの直径よりも小さいので見えませんけど・・・。

そこで、キャパシティハットの大型化を狙ってみました。キャパシティハットの直径はコイルと同じ15cmとしてホームセンターで20cm x 20cmの1mm厚のアルミ板を入手。
ここから切り出す・・・のはいいんですが、手持ちの金鋸(弓形)で円形にくり抜くのはとても大変・・・・・一日中ギーコギーコする必要がありそうです。

計画変更!

取り敢えず角を落として8角形でテストすることにしましたcoldsweats01
○でも□でも電気的にはさほど関係ありませんし、エッジさえ立っていなければ、コロナ放電も防げます。
Caphat_test_ver
これでも、金ノコで角を切り落とすの大変でした。ジグソーが欲しいです。

出来上がったキャパシティハットを取り付けて、エレメントを一番伸ばして最低共振周波数にチャレンジです。

モーターを回転させてコイルの巻き数を増やしつつ、IC-7800のバンドスコープを最大幅にして、アンテナノイズの山が動くのを観察していると・・・

ウィ~~~~ン

1900khz通過・・・おしっ、これからだぁ。

1870khz通過・・・いいぞっ

1850khz通過・・・あと少しだっ!!!よっしゃぁ~~~

1830khzでウィ~~~~~ン、ウィッって回っていたモーターがストップ

「なに~~~~!」

トホホ・・・・あと10khz・・・。

蛇の生殺し状態ですがどうにもなりません。そもそもキャパシティハットは予定のサイズ(コイルの直径)よりもかなり大きい状態。

ということはコイルと同じ直径に綺麗に仕上げたら、もっと容量が足りない・・・ということです。
実際の運用や多少の余裕を考慮すると、最低共振周波数は1800khzは欲しいところです。キャパシティハットの追加だけでは難しいことが判りましたので、別の方法を検討することにします。

|

« ワイパーゴムの交換 | トップページ | BT1OJ 7/CW »

コメント

これはつらかったですね~。
ハットの位置は影響あるでしょうか。先端に近いとか根元に近いとか。もしかするとこれで合うかも知れません。

投稿: JO1KVS | 2008年6月10日 (火曜日) 20時56分

KVSさん
いゃぁ、参りました。あと少しなんですよぉ~~~。
ハットの位置は上に上げるほど(コイルから離すほど)効果が期待できますが、突き出したエレメントの先にアルミ板はちょっとキツイです。
以前のようにピアノ線かなぁ・・・って思案中です。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年6月10日 (火曜日) 22時50分

なるほど~。
あとは困ったときの“メガネクリップ”
ハットの外周に4つほどいかがでしょうか。

投稿: JO1KVS | 2008年6月10日 (火曜日) 22時54分

う~ん。仮設ならいいのですけど常設だと・・・風で飛んで落ちたり・・・は不味いので・・・。
でも確かに共振点下がりますネェ・・・。モービルホイップで良くやっていました。
金属製のデカイやつだと、相当下がりそうですね。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年6月10日 (火曜日) 23時00分

福井さん
ご無沙汰いたしております。
本家Hi-Qのサイトには、ボール状に針金を張った新しいキャパシティハットの写真が載ってましたね。
あれなら重さや耐風圧で有利そうですし、工作も楽なような気がしますが、いかがでしょう?

私はといえば、忙しくてさっぱりオンエアできていないうさばらしに
Hi-Q Tune-a-Dipole化をめざそうかと妄想しています。(お金がたまれば、ですが)
でも専用コントローラはまだないようですね。MFJ-1922 x2で
片側ずつ調整するのかな…?

投稿: JE6ACW/1 下芝 | 2008年6月15日 (日曜日) 22時49分

下芝さん
お久しぶりです。本家のキャパシティは立体的な構造なので作るのが難しそうです。
根元の留め具さえなんとかできれば・・・とは思いますが、今の条件だとあんまり短いのも×で、ある程度建物からエレメントが離れることも重要みたいです。

DPの場合は両方同時に動かしてから、片方ずつ微調整・・・でしょうか?なんとなく、調整が難しそうですよね。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年6月18日 (水曜日) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/41485874

この記事へのトラックバック一覧です: キャパシティハット届かず・・・:

« ワイパーゴムの交換 | トップページ | BT1OJ 7/CW »