« MMTTY 1.66F リリース | トップページ | BT1OY 18/RTTY »

2008年8月24日 (日曜日)

IC-7600発表!

今日から開催されているハムフェアでICOMからIC-7600が発表されました。
IC-7600の大まかなスペック(記憶が頼りですのであんまり正確ではありません)は以下の通りです。
Ic7600
・1.8-50メガ
・オールモード
・100W
・オートチューナー
・サイズは756シリーズ程度
・DSP関連の設定はいつものICOMパターンで送信帯域は100-2900Hz
・USB端子(フロントとリアに各1個)機能はIC-7200と同じでCI-Vとオーディオ入出力
・リアパネルは756Proのような感じでしたが、USB端子など見慣れない(?)部分も

って感じ。756Pro3のリニューアル版ですね。雰囲気は756のディスプレイをワイドにしたような感じで、コンパクトでいい感じに纏まっています。
設定画面もサラッと見てみましたが、いつもの感じで特に変わった感じは受けませんでしたが、細かい部分では変更が入っているかもしれません。

DSPチップについても説明員の方に訪ねたのですが、ハッキリとしたお返事はありませんでした。なんとな~~~くですがTIっぽい匂いがしましたが、これは勘です(笑)。
ライバルはFT-2000ってところかな?
気になる発売時期ですが、早ければ来年の早春かな?というような感じのICOMさんの反応でした。

IC-7600にはびっくりしたけど、当初の目的であるIC-7200を触ってみました
7200をみると「おおっ!」って感じ。いい面構えしています。
操作系はIC-7000系ですね。メモリーチャンネル切り換えが、5khzステップのツマミ(VFOとは別)になったりしてクイックQSYにも便利。特に放送バンドでの受信などでは重宝しそうです。

さ て個人的に注目しているIC-7200のファイナルですが、25度の常温で100Wフルデューティーで30分近く連続送信できて、その後サーマルプロテク ションで出力を1/10程度に落としてある程度ファイナルの温度が下がると、そこからフルパワー送信・・・という仕様になっているようです。これなら RTTYのコンテストでフルパワーランニングできますね。

ハムフェアで幾つかお買い物をしてから2008DXサーバンケットに参加しました。参加者は20エンティティーから約250名が参加しました。
Dxbunq2008
場所はTFTビルでハムフェア会場から雨に濡れずに移動することもできてFBでした。会場ではQSOしているもののはじめてお会いする方とのアイボールや、このブログをごらんになっている方々からもお声をかけていただき、とても楽しい時間を過ごすことができました。

このバンケット会場で新製品が発表(?)されていました。
軽量・静粛・高効率のリニアアンプとして有名なサムウェイのDXV500Lを2台パラで運用するための電力合成ユニットです。

このユニットと2台のDXV500Lを組み合わせると、出力はDXV500L 2台の出力を電力合成して出力1KW、電源電圧も100Vx2の200Vとなります。
非常に静かなリニアですので1KWとしては恐らく一番静かなリニアということになるのではないかと思います。
価格は未定とのことでしたが、電力合成ユニットが本体より高価とは思えませんので、20万円を切る価格で1KWリニアが入手できることになると思います。

|

« MMTTY 1.66F リリース | トップページ | BT1OY 18/RTTY »

コメント

おはようございます。
私も昨日ハムフェアで7600を見ました。
756Ⅲの後継っぽいのですね。
デュアルの7800、シングルの7700ですが、
7600は2バンドの表示をさせて(表示だけかも)いたのが印象的でした。
7700も7800より安いとは言え高いし、でもちょっといいのが欲しい、という人は喜びそうな無線機で、私も欲しくなりました。

投稿: JO1KVS | 2008年8月24日 (日曜日) 07時17分

KVSさん
こんにちは。7600は756シリーズと同じような感じでしたが、横に二つ周波数表示されるとデュアルバンドのように見えますね。
その点の確認が漏れていました。
デュアルワッチ対応(同一バンド)のように感じますが・・・。
試している方もいらっしゃると思いますので、他の方の情報待ちです。
7800/7700はとにかくデカイので、7600サイズの無線機が欲しいという方は多いハズですから楽しみです。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年8月24日 (日曜日) 12時06分

いつも拝読させて頂いてます。昨夜は参加者も多くてお目にかかれませんでしたが(^^。

7600ですが、私が尋ねた説明員の方の情報では、

1)社内では「後継機」と言う言い方はしないようにと言われてますが、756Pro3の後継機ですとの事(爆。これで全IC-7XXXの4桁になると言う事で。

2)流石に受信に関しては7800、7700とは違うようですが、EDSPは改良されているとの事。また、USBインターフェイスが付いた事で7800,7700同様にバージョンアップが可能。

3)USBインターフェイスの活用が期待できる。PCとの音のやり取り以外にも、別にソフトが必要となるけどPC経由で遠隔操作などが可能。

4)勿論デュアルウォッチ(操作ボタンもありました)。

5)価格もPro3+程度みたい。

6)暖かくならないまでに発売したい(2-3月頃?)

との事で、Pro3の叩き売りが始まってしまうのでしょうか・・・。

投稿: JE1FQV | 2008年8月24日 (日曜日) 17時13分

FQVさん
追加情報ありがとうございます。
機能としてはPro3+αになりそうですね。USB経由でのバージョンアップは朗報ですね。
これでいつでも最新の状態で使うことができるようになります。
コンベンションにも参加されていたとのこと、う~ん、お見かけした記憶がありません。
2時間250人では全員とご挨拶するのはチト無理ですねwinkなるべく歩き回ったつもりですが、50人弱程度の方としかお話できませんでした。
これで3桁は先日モデルチェンジしたIC-911だけ・・・になりますね。
IC-7400の位置づけが微妙ですねぇ・・・。いい無線機なんですが・・・。430も内蔵してIC-910の次は・・・なんて思っていたのですが、すっかり予想が外れました。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年8月24日 (日曜日) 18時20分

福井さん

バンケットでご挨拶できませんで残念でした。

なるべく初めてお会いする方に声を掛けるようにして、会場内を飛び回っていました(笑)。
ハムフェア会場では、2日間ずっとグラスファイバーポールを販売してました。

また来年も参加予定ですので、その節はよろしくお願い致します(鬼が笑うかな)。

投稿: JE1SYN | 2008年8月26日 (火曜日) 17時25分

SYNさん
ハムフェア、そしてバンケットとお疲れ様でした。
本当に沢山の方がいらっしゃって時間が足りなかったですね。今回はじめてバンケットに参加したのですが、色々な方にお会いでき、またお話できて楽しかったです。
2時間なんてすぐですね。奥様(免許なし)とお二人で参加されている方もいらっしゃって、なんか、羨ましかったです。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年8月26日 (火曜日) 23時30分

ANI福井さん、ご無沙汰致しております。屋上のANTの調子はいかがですか。私は別の視点でみていましたが、何人かのご意見と随行した結果ですが、7600はやはり756PROIIIの後継と明言されていました。また気になるUSBはファームウエアなど期待できそうで、私はMacでの制御を考えていましたので、内部のチップはTIというよりMacOSでも動作可能なニュアンスでした。
実際動作するかどうかは不明ですが。7600はDUAL RCVのようですね。

投稿: JR3TVH | 2008年8月31日 (日曜日) 18時56分

TVHさん
こんにちは。7600の位置づけは・・・難しいでしょうね。Pro3の後といえばPro3が売れなくなるし、7700の下といえばPro3とどっちが残ると質問されるし・・・。
実質はPro3の後継なんでしょうね。でも7600に144を足して7400の後継です・・・・ってのが、実は一番良い方法のように思うのは僕だけでしょうか?
(IC-7400は海外ではIC-746Proです)
USBは音関連とCAT制御、それからファームの書き換えに対応しているようですね。
もう少し機能があるように想像していますが、判明しているのはこの程度でしょう。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年9月 1日 (月曜日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/42252495

この記事へのトラックバック一覧です: IC-7600発表!:

« MMTTY 1.66F リリース | トップページ | BT1OY 18/RTTY »