« 円錐ラジアルにヒゲ追加 | トップページ | FT-817用オートチューナー Z-817 »

2008年11月29日 (土曜日)

160mで北米と初QSO

5月に160mバンドに出れるようになってから、自分の中での目標に「160mで北米とQSO」というのがありました。
もちろん初DXというのもありますが、HLとかもありますので距離的にはどうも・・・。

北米だと「太平洋横断」的ですしね。
で、この週末のCQ WWと12月のARRL 160mでチャンスを狙っていました。今日も暗くなってからエレメントを3.6mのスペシャル版に取り替えて1.820近辺にチューニングしてワッチ。

北米を呼ぶ局は599なんですが、肝心の北米局がなかなか聞こえません。19時半ごろ1813でN7UAのCQ TESTを発見。
コールすれど応答ナシ。完全にダメそうなのでワッチしているとチットしたパイルに・・・。

15分もすると誰も呼ばなくなりました。
信号は519程度。ピークでは539だったけどコンディション落ちてきました。

ダメもとで15WPM程度でコール。するとNIでコールバック。

頑張ってコール。

今度はANIでコールバック。もうちょい。

更にコール。

JI1ANI・・・やったぁ~。こちらから59925でなんとかQSO。

北米とQSOできましたぁ~~~~。

アンテナは南向きのベランダですし、北米方向にはかなり高いビルがあるんです。先日のVK9DWXよりかなり条件が悪い。
いゃぁ、頑張ってみるモンですね。でも素晴らしいのは相手局の耳なんですけどね。ロバートさん、ありがとうsign03

あともうちょっと頑張って数局程度はQSOしたいと思っています。160mなかなか面白いですね。熱中する方がいらっしゃるのも理解できます。
それと来年には1.9の旧バンドで峡帯域デジタルモードが解禁との話もあります。楽しみだなぁ~。

|

« 円錐ラジアルにヒゲ追加 | トップページ | FT-817用オートチューナー Z-817 »

コメント

160mバンドでの北米初QSOおめでとう御座います。
ローバンドは、『自然との闘い』、『環境との闘い』を実感するバンドかと思いますが、何はともあれ僅か3.6m長のアンテナから発射された電波が、8,000km超の距離を飛んでいったことは、記念すべきことかと思います。 
超短縮アンテナ、或いはQRPでのDXは、独特の醍醐味があって面白そうですね。
今後も頑張って下さい。

投稿: JA1BBP 早坂 | 2008年11月29日 (土曜日) 21時28分

早坂さん
ありがとうございます。やはり短いアンテナでQSOできると嬉しいですね。短いアンテナの場合はアンテナの輻射効率などでQSOできるのかが決まりますので、そういう意味ではQRP以上に技術的な要素が強いかもしれません。
まぁ7メガ換算だと1m程度のホイップとなりますが、やはり160mの短縮アンテナはロスが大きくなるので難しいと感じています。
直径30cm程度の化け物コイルなんかだと良さそう・・・に感じていますが・・・hi

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年11月30日 (日曜日) 17時49分

160mでの北米と初QSO、おめでとうございます。
なんと 3mのアンテナなんですね。驚きです!

自宅からの160mは国内しかQSO実績が無いので、DXは将来のチャレンジと思っていましたが、刺激されてTRYしたくなりました。

FB DX!

投稿: JI1ALP 深井 | 2008年12月 1日 (月曜日) 13時24分

深井さん
こんばんわ。
本体と合せて全長4mちょい・・・って長さですが、できるもんです。
国内なら問題ありませんけど、やはり海外は結構難しいですね。長い周期のQSBといい、グレーラインの連動といい、大変スリリングですからトライしてみてください。
今度のARRL 160m辺りが狙い目だと思いますよ。
今度はウラル山脈を超えることが次の目標です。南米とアフリカは・・・一生の目標でしょうかcat

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年12月 1日 (月曜日) 21時25分

西海岸とウラルは距離的には同じですから、十分いけるんじゃないですか。
といっても、私もzone16と一度QSOできただけですけど。
AFは昨年VQ9LAを一度だけ聞いたことがあります。距離的にも同程度で可能性は高いですよね。
SAは今回のWWCWでHC8を狙っていたんですけど、カスリもしませんでした。(泣)

投稿: JS1KQQ | 2008年12月 1日 (月曜日) 23時40分

KQQさん
南米はやはりガラパゴスですね。なんと言っても抜群の耳ですから今回も期待したのですが・・・カスリませんでした。
建物を背負った北米がQSOできたので、欧州も可能性があるのではないかと思っています。
日曜日の朝がねらい目だと思っているんですが・・・・。コンディションが良いといいですね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2008年12月 2日 (火曜日) 12時06分

160mで北米との1st QSOおめでとうございます。
3mのアンテナとは驚きですね。 
私も2年ほど前、彼のCQを誰も呼ばなかったとき、2W余りで呼んだらQRZが返って来たので、その後10分あまりかけてやっとコールサインをとってもらったことがあります。 もらったレポートは449。 もっとも私のアンテナは約40m長のSloperでしたし、彼とはそれ以前にQSOしたことがあったので…。 でも感激でした。 N7UAは非常に耳が良いと思います。 チャンスをつかめば、意外にEuのロシアとは簡単にQSO出来るかもしれませんよ。 ワンシーズンに数回、信じられないくらいCONDXが良い時がありますから。 N7UAとのQSOが懐かしくなって書き込ませていただきました。 現在DUで仕事していまして、無線とは10ヶ月ご無沙汰しています。

投稿: JO7KMB/熊倉正通 | 2008年12月13日 (土曜日) 19時33分

熊倉さん
こんにちは。
N7UAは本当に耳が良いですね。N7UA局とのQSOのあと、同じ信号レベルの局を10局以上コールしましたが、全てカスリもしませんでした。
最初にN7UAとQSOできたので、Sメーターが振れないようなDX局ともQSOできる・・・・なんて思ってしまいましたが、このベランダ短縮アンテナではS3程度振らないと通常はQSOできないようです。
UR0MC局はS3程度振っていましたし、前後のピークでは559程度でしたので、やはりN7UA局は非常に耳が良いと思います。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年12月14日 (日曜日) 21時08分

UR0MCともQSOされたのですね。 おめでとうございます。 コメント送信後にそのブログを拝見しました。 ASとOCはQSO出来るでしょうから、あとはAFとSAが問題ですね。 おっしゃるとおりAFはVQ9LAが、SAはHC8Nが最もQSO出来る可能性の高い局ですね。 30年以上のハム歴で160mのSAはHC8Nしか聞いたことがなく、やはりQSOは非常に困難だと思っています。 いつかはQSOしたい1局です…

投稿: JO7KMB/熊倉 | 2008年12月16日 (火曜日) 10時00分

熊倉さん
コメントありがとうございます。
AS/OC NA/EUとQSOできてAF/SAですが、この二つが本当に難関ですね。このアンテナではとても困難だと思いますが、だめ元で少しずつでもチャレンジしてみたいと思っています。
AF/SAともに一回も聞こえていませんので、まずは一回くらいは聞いてみたいと思っています。

投稿: JI1ANI 福井 | 2008年12月16日 (火曜日) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/43265856

この記事へのトラックバック一覧です: 160mで北米と初QSO:

« 円錐ラジアルにヒゲ追加 | トップページ | FT-817用オートチューナー Z-817 »