« 4L1FP 10/PSK31 | トップページ | 配線材による音の変化 »

2008年11月 8日 (土曜日)

FT-817用INRAD 2.9Khzフィルター

暫くぶりにINRADのページを見ていたらコリンズのメカニカルフィルターの2.9Khz版がラインアップされていました。
Inrad_726
FT-817ND入手時にはINRAD #706E 2.6Khzフィルターが一番幅広だったので、現在はオプションフィルターに#706Eを入れて使っています。
2.6Khz幅とはいえ、内蔵のセラミックフィルターよりもパスパンドがフラットですし、幅も広いしで実際の運用時には不満はありませんが、モニター用としてはチト帯域が足りませんでした。

実はメカニカルフィルターを使うのは今回が初めてでした。使ってみてわかったのですが、omの方々がおっしゃる通り、メカニカルフィルターはクリスタルフィルターよりも受信音も自然です。
恐らくパスバンドのリップルが殆ど無いことや群遅延特性などが異なるからなのでしょうけど、なかなか味わいのある音でDSPとは一味ちがって、なかなか味わいがある音なんです。

今回の2.9Khzの#726は#706と同じ8ポールですから、シェープファクターも1.8程度で、混雑しているバンドやコンテストではチト辛いですが、僕の場合、817は空いているバンドでしか使いませんから問題ありません。

やっぱりHi-FiなSSBをワッチするためには現在の2.6Khzではやや狭く感じることもあって、現在の#706Eと入れ換えるつもりで2.9Khzの#726をINRADに注文しました。
金曜日に成田に到着しているようですから早ければ、この週末に届くかもしれません。

#706Eでも結構いい音を聞かせてくれたので300hzも広い#726だとさぞかしいい音がするのではないかと、今から楽しみです。

■追記■
フィルターの群遅延特性についてちょっと調べてみましたが、やはりメカニカルフィルターはクリスタルフィルターよりも群遅延特性が優れており、かなりの差があるようです。
なるほどなぁ~。
モニター機はフィルター無し(あはは)か、DSP。もしくはメカフィルってことだなぁ・・・。

|

« 4L1FP 10/PSK31 | トップページ | 配線材による音の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/43043920

この記事へのトラックバック一覧です: FT-817用INRAD 2.9Khzフィルター:

« 4L1FP 10/PSK31 | トップページ | 配線材による音の変化 »