« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土曜日)

160mで北米と初QSO

5月に160mバンドに出れるようになってから、自分の中での目標に「160mで北米とQSO」というのがありました。
もちろん初DXというのもありますが、HLとかもありますので距離的にはどうも・・・。

北米だと「太平洋横断」的ですしね。
で、この週末のCQ WWと12月のARRL 160mでチャンスを狙っていました。今日も暗くなってからエレメントを3.6mのスペシャル版に取り替えて1.820近辺にチューニングしてワッチ。

北米を呼ぶ局は599なんですが、肝心の北米局がなかなか聞こえません。19時半ごろ1813でN7UAのCQ TESTを発見。
コールすれど応答ナシ。完全にダメそうなのでワッチしているとチットしたパイルに・・・。

15分もすると誰も呼ばなくなりました。
信号は519程度。ピークでは539だったけどコンディション落ちてきました。

ダメもとで15WPM程度でコール。するとNIでコールバック。

続きを読む "160mで北米と初QSO"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月曜日)

円錐ラジアルにヒゲ追加

ベランダに設置したV/Uのモービルホイップには円錐ラジアルが取り付けてありますが、円錐ラジアルの長さが20cm程度で144メガにはちょっと短いです。
以前の実験では、給電点から長さが1/4λ以上になるようなヒゲを取り付けると性能があがることが判っています。つまりラジアル長が50cm以上あると良い・・・という当然の結果です。
Vu_ant_setup
円錐形のラジアルからピアノ線が2本放射状に伸びているのがお分かりだと思います。
この状態で半年ほど使っていました。

先日、整理していたらピアノ線がありましたので、ラジアルを2本追加して4本にしてみました。
実はピアノ線の関係から今回は30cm程度と少し短いのですが、給電点からの長さでは50cm以上ありますので144メガでも充分な長さです。

続きを読む "円錐ラジアルにヒゲ追加"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日曜日)

円光寺の紅葉と知恩院のご回向

ちょっと京都へ紅葉を見に行ってきました。京都での滞在は何回かありますが、紅葉の季節に滞在するのは初めてで、とっても楽しみでした。
京都の紅葉は雑誌の写真などで見ていて、綺麗だなぁ・・・って思っていました。

今回は数ヶ所回っただけでしたが、わりとゆっくりと回ったので、少し早い紅葉を堪能するのことができました。
どこも紅葉が綺麗でしたが、印象に残ったのが紅葉のライトアップで有名な円光時です。

石段を登って入り口で靴を脱いで中に入り、戸を一つ開けると・・・・・目前に中庭の紅葉が広がります。素敵な演出ですね。
お座敷に座って小一時間、お庭を眺めておりました。
2008enkouji
写真は携帯のカメラなのでご勘弁を。座ったお座敷からこんな感じで見える・・・と思ってください。

お天気は雨模様だったのですが、とっても落ち着いた時間が持てて久しぶりの心の洗濯気分でした。
今回は紅葉の他に知恩院で亡父のご回向(追善供養)をすることも目的だったのですが、ご回向を済ませた安堵感もあったのかもしれません。

円光時の紅葉夜間ライトアップ、ライトアップでお庭の木々が弱ってきたため、来年から暫くお休みで再開は未定とのこと。ライトアップは今年の11月末で見納めです。

続きを読む "円光寺の紅葉と知恩院のご回向"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日曜日)

INRAD #726 2.9Khzフィルターの使用感

INRADの#726が届いてFT817のオプションフィルターに装着してあったINRADの#706と交換しました。
さっそく自分の変調をモニターしてみると、自然で非常に伸びやかに変調が聞こえてきます。

やはりメカニカルフィルターの音はいいですねぇ。
ただ、残念ながら僕のFT-817はヘッドホンして聞くとS9以上の信号のピークで音が少し歪むように聞こえます。

この歪みはINRADのフィルターに交換すると顕著になります。アッテネーターなどで入力レベルを下げてS8程度だと消えます。
INRADのFT-817用コリンズフィルターの挿入損失は、標準セラミックフィルターよりも3db程度少ないことから、もしかするとIF段が少しオーバーゲインになってしまっているのかもしれません。

#726 2.9KhzSSBフィルターの周波数特性です。
725_freq
80~2900hzまでシッカリと広がっていますので、フラットな帯域は2800hz+αって感じですね。INRADは#706も2600hzの帯域と表示してありますが、フラットな帯域は2500hz程度でした。
それにいつのまにかINRADの表記も2500Hzになっていますdelicious
ただ#726は2400hz以下と比較して2400hzより上が少し落ち気味かな?

フィルターの特性とは思えませんし、ヘッドホン出力をサウンドカードに入力して計測していますので、もしかしてFT817のヘッドホン出力のAF回路にはノイズカット用として軽いローパスフィルターが入っているのかもしれません。

続きを読む "INRAD #726 2.9Khzフィルターの使用感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土曜日)

デスクスタンドのスプリング制振ダンパー

ブームスタンドはスプリング付きで可動性が高いものと、スプリングなしで半固定状態で使用するものがあります。
僕が使っているのはスプリング付きのものでK&M23850です。
Km23850
上部と下部2ヶ所にスプリングがあって、動かした位置でそのまま保持する仕組みになっています。
このK&M23850は全長1m以上と大きめなんですが、シャックの机は大きめのダイニングテーブルを流用しているので僕の場合はちょうど良いサイズです。

問題は2ヶ所のスプリングです。スプリングは2本1組で2ヶ所の計4本あります。
このスプリングが金属ブームの振動で震えてスプリングエコーよろしく「ごわぁ~~~~~~ん」と響くのです。

続きを読む "デスクスタンドのスプリング制振ダンパー"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月曜日)

SM-2B 効果あります

SM-2Bが届いたので、早速セットアップしました。
写真では「ちとヤワかなー」って思ったのですが、現物をみると、なかなかシッカリしていて頑丈そうです。
あとはショックを吸収するゴムバンド(?)の持ちだけです。まぁ、この部分は消耗品なのですが、どの程度もつのかなぁ。
Sm2b_pr40
マイクは愛用のHeil PR-40ですのでピッタリです。写真のPR-40にはウィンドスクリーン代わりに黒のストッキングを被せています。

早速使った感想を・・・。

これ良いです。実は効果はあまり期待しておらず、カッコ良いからまぁ・・・いいか・・的に注文したのがホンネ。
ところが想像以上に振動を吸収してくれるので驚きました。

マイクブームに直接取り付けていた時は、マイクブームに触れるとマイクブームのスプリングが昔のスプリングエコーよろしく「ごわぁ~~~~ん」って響く音がマイクに入ったのですが、SM-2Bを取り付けた後は「こわ~~~ん」位に音が小さくなります。

感覚的で申し訳ありませんがざっくり-20dbって感じ(?)かな?また、机の上に肘を突いたり、床の足を動かしても振動がマイクから入ることはなくなりました(音はマイクから入りますよ)。

続きを読む "SM-2B 効果あります"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日曜日)

配線材による音の変化

製作中のマイクプリアンプですが、オーディオ系の配線は最短になるようにしています。
アンバランス出力でインピーダンスも低い場合が多いため、普通のシールド線ではなく手持ちの0.5C-2Vを配線に使っています。

回路はバランス変換後にADCのアナログ入力へバランス接続しています。バランス回路はノイズに強いこともあって、手持ちの普通の配線材を縒ってバランス配線していました。
長さは15cm程度でしょうか・・・・・。
写真の下がバランス配線に使っていた実物です。
Cable_low_freq
ほぼ完成してきて、S/Nを見ているともう少しなんとかしたいなぁ・・・・と思うようになり、このバランス配線をシールド線に変えてみると、ノイズが少し減るかも・・・って思いました。
最初はベルデン8412かぁ?とか一瞬考えたのですが、長さも短いし、ベルデンは堅くて太いので取り回しで苦労しそうです。

そこで手持ちの普通の2芯シールド線(写真上段)に変更しました。交換してS/Nを計測してみましたが・・・・残念ながらS/Nは変化なし・・・。
まぁ、もともとバランス配線ですから15cm程度の配線でそんなに違いがでるわけないのです。

続きを読む "配線材による音の変化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土曜日)

FT-817用INRAD 2.9Khzフィルター

暫くぶりにINRADのページを見ていたらコリンズのメカニカルフィルターの2.9Khz版がラインアップされていました。
Inrad_726
FT-817ND入手時にはINRAD #706E 2.6Khzフィルターが一番幅広だったので、現在はオプションフィルターに#706Eを入れて使っています。
2.6Khz幅とはいえ、内蔵のセラミックフィルターよりもパスパンドがフラットですし、幅も広いしで実際の運用時には不満はありませんが、モニター用としてはチト帯域が足りませんでした。

実はメカニカルフィルターを使うのは今回が初めてでした。使ってみてわかったのですが、omの方々がおっしゃる通り、メカニカルフィルターはクリスタルフィルターよりも受信音も自然です。
恐らくパスバンドのリップルが殆ど無いことや群遅延特性などが異なるからなのでしょうけど、なかなか味わいのある音でDSPとは一味ちがって、なかなか味わいがある音なんです。

続きを読む "FT-817用INRAD 2.9Khzフィルター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木曜日)

4L1FP 10/PSK31

今日は10メガのコンディションが良いみたいです。珍しく4局とか、複数の局が同時に見えています。
そうは言っても信号はそれ程強くなく、DUを除いてSメーターは振れません。そのような状態でワッチしていたら4L1FP AlexがCQ出してきました。

一度7メガでQSOしていますが、10メガではモードニューです。QSLはLZ1OTとのことでした。
やはりコンディションが良いのでしょうか?
10メガの前は1.8メガをワッチして北米の日の出を狙っていたのですが、やはりベランダ短縮アンテナはキツイですね~。

ということで10メガのPSK31に絞ってワッチしたのが良かったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月曜日)

UK8OAR 7/PSK31

5年ぶりにRavilさんとQSOできました。
以前はハイバンドでのQSOでしたが、今回はコンディションに合せて7メガです。
7メガのウズベキスタンはバンドニュー。

JI2MEDさんが帰国された後、PSK31ではRavilさんが頑張っています。信号は強かったですね。
深夜の7メガはRavilさんの他にも、XU7MDYもEUからのパイルアップを浴びており、その上の方ではVU7SJがUP指定でQRVしており、今朝は大変な賑わいを見せていました。

VU7SJはUP指定の幅が狭くて、もう少しスプレッドアウトした方が効率が上がるように感じましたが、JAのビックガンが何局かQSOしていました。
その様子から、僕ではとても太刀打ちできないので、ワッチしていましたがそこそこみえていました。
EUもSVやDL辺りまで見えていて、夜間の7メガPSK31、少し気合を入れて運用しよう・・・と思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日曜日)

XLRのL型コネクター

マイクケーブルのマイク側のXLRメスコネクターをL型に交換しました。L型コネクターとあんまり見かけないけど、今回ノイトリック製を入手できたのでL型は何か問題がるようなキワモノではなく、普通のコネクターのようです。
Xlr_lf
早速ハンダ付けしましたが、このノイトリックのL型XLRコネクターは構造的に良く考えられていて、コネクターの方向とL型の配線の方向をちゃんと自由に変えられるようになっているんです。

つまり、写真のようなコネクターの位置のまま、配線を右出しにしたり上向きにしたりすることも可能です。もちろん、クルクル回るような構造ではなく半固定式ですが、用途的には半固定式で充分です。

で、なんのためにL型にしたのか・・・なんですが、PR-40はわりと長めのマイクです。
後ろのXLRコネクターに固いベルデンケーブルを使うと、かなり全長がかなり長くなるんです。
XLRコネクターとベルデンケーブルの曲げ半径だけでマイクと同じか、それ以上の長さになります。
全長はマイク本体の2倍程度になる感じ。

続きを読む "XLRのL型コネクター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土曜日)

Heil SM-2B

僕はHeilのPR-40を愛用しています。PR-40は購入当初からマイクブームに取り付けていましたが、マイクブームの振動を拾ってしまうので困っていました。
マイクブームはシャックの机に固定しているのですが、机に肘を付くとマイクブームで振動が増幅され、マイクに「ごわぁ~~~~ん」と振動音入ってしまいます。

究極はマイクの天井吊りなんでしょうが、そこまでは・・・・と思い手頃なショックマウントを探していました。
すると、先月から突然の円高。1$100円を切っています。これはお買い物のチャンスsign03
以前から欲しいなぁ・・・・って思っていたHeilのSM-2(黒)を購入することにしました。
Sm2b
もっと安価なショックマウントもありますが、SM-2はゴムの部分などをみても振動の吸収性が良さそうです。
でも、もしかすると耐久性は・・・・期待できないかもしれませんが・・・。

続きを読む "Heil SM-2B"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »